ニュース「芸能界・裏の裏」 admin 検索

釈由美子が、GACKTの愛人生活を10年も、続けていた
女優・釈由美子(34)が、ミュージシャン・GACKT(39)の愛人生活を10年も続けていたと「週刊文春」が報じている。

記事の骨子は、GACKTの側近が、告白しているもので、もともとGACKTのふぁんだった釈が、食事のセッティングしてもらった。

00年ごろだったそうだ。

ふたりはすぐに意気投合、GACKTの家に転がり込むようになり通い妻生活が始まったという。

釈といえば、芸能事務所社長、実業家と浮名を流してきたが、その間もGACKTがいたことになる。

今年1月には動物病院の先生との熱愛が発覚し、交際宣言まで行ったが破局。

釈の交際を知ったGACKTは、釈を呼び出し「その男が良いのか」と、詰めより、釈の恋が終了したと、GACKTの側近が証言している。

「家政婦は見た」じゃないが、ふたりの愛人関係(お互いに独身だけど)を見続けた側近の証言だけで、記事が成り立っている。

GACKTには、複数の女性が出入りしていたようだが、釈の存在だけは、周囲には全く気付かれず、会うのは決まってふたりだけ。

クリスマスパーティーが開かれても特別な存在の釈だけは招かれなかったという。

で、この証言だけで、記事になるという背景が気になる。

名誉毀損で訴えれば、記事が負けてしまう可能性が大の記事だ。

こんなリスクを背負って「週刊文春」が記事にするわけがない。

ということは、面白おかしく書かれた記事の背景には、記事になってはならない大きな出来事が隠されているような気がする。

スター同士の熱愛。

それのセックス。

これを越える大きな出来事。

こちらの方が気になるね。

この記事だけだって、女優・釈の仕事は細くなるだろうに、これに反論できない状況。

後は、家威圧が介入する事件だけのような気がするね。

釈のファンだっただけに残念だ。
[842]

こんな、偶然が、あるのだろうか
縁は奇のまま、というけど、石田純一(58)の妻・東尾理子(36)の出産予定日が、11月7日。

そして、石田と同棲生活を続け、破局、実業家の楠本修二郎さん(48)と出来ちゃった結婚をした長谷川理恵(38)の、出産予定日も11月7日。

こんな偶然があるのだろうか。

そして、ふたりのお子さんは、ともに男児だという。

これで、出産の時間が、同じ時間帯だったら、石田が「不思議な縁を感じますね」と、言っていたように、奇跡。

まさか、子供の名前もってことはないでしょうね。
[843]

東京の超有名校でのいじめ事件
東京の超有名校でのいじめ事件。

大物女優の娘さんが首謀者だったという話は、徐々に広がりを見せているが、この話、これだけでは終わらない状況になってきている。

いじめた娘の親から学校側に約3000万円の寄付金が渡っているというのだ。

学校側は、いじめの実態を把握し、双方の親に連絡し、いじめられた娘を学校が積極的に転向させる行為に出たという。

その背景が3000万円の寄付金。

被害者側にいくら渡っているのかは分からないが、これで、一件落着だったはずだ。

しかし、転向させられた側には、不満が残る。

首謀者にも処分が下されると思っていたのだ。

しかし、こちらはお咎めがない。

いまでも普通に通学している。

転向させられた側は、この不公平な判断を知り、ついには表に出てしまった。

この話が事実だとすると、大女優の仕事にも大きく影響してくるね。
[844]

 次へ

過去ログ
2012年9月〜[8]
2012年2月〜[7]
2011年6月〜[6]
2010年11月〜[5]
2010年4月〜[4]
2009年11月〜[3]
2009年5月〜[2]
2008年12月〜[1]


2009(c) copyright binchan.com all right reserved