日記「忙中 閑あり」 admin 検索

新曲のCDを、持ってこなかった
番組を始めてまもなく3年になるが、新曲のCDを持ってこなかった初めての歌手の登場だ。

西山ひとにさん。

新曲「恋しいよ」が好調だ。

レコード会社・フォリデージャパンの万代宏さんに「3曲掛けるので」とお願いはしてあった。

持ってきていないことに気が付いた西山さんの慌てぶりは気の毒だった。

「頭が真っ白。持っていかなきゃ、とテーブルに載せて準備していたのに」と。

祭日でレコード会社は休み。

事務所にも誰もいない。

電話を掛け捲る西山さん。

彼女のよき応援者の叔母が捕まった。

東京・駒込だという。

本番15分前。

叔母夫婦にタクシーで届けてもらうことにした。

深川ギャザリア内のイトーヨーカドーにCDショップはあるが、演歌のCDは置いていない。

ラジオは生放送だから番組は始まってしまう。

「もし届かなかったら、アカペラで歌わせてもらいます」と、覚悟を決めた西山さんだが、こんな発想になるのも、本来天然で明るい性格の西山さんだからだ。

小・中・高・短大と進み幼稚園の先生に。

小学校の音楽授業で「“変な声の子がいる”と名指しされ“あなたは口パクだけしていなさい”と言われた。女の子でもない男の子でもない声だったのかもしれないですけど、それが“トラウマ”になって、短大入り、仲間とカラオケに行くまで好きだった歌を歌ったことがなかったです」と。

みんなから上手と言われ、歌手を目指す。

それから26年。

「楽しいことばかり。歌手になってよかった。チューも我が家で飼ってるワンちゃんとだけ」だって。

本番が始まって15分。

CDが届いて事なきを得たが、祭日で、道路が空いていただけだから。

これからは気をつけてよ。

「わたし、スーツケースを持って現場に着いて、衣装がなかったこともあったんですよ。病気かしら」と、笑っていたが、根っからの明るさが楽しい人だ。

オレも、最近携帯忘れるから気をつけよう。
[1568]

みんな、風邪を、引かなかったかな
久しぶりにラジオの後の飲み会を東京の門前仲町、錦糸町、菊川じゃない場所を選んだ。

友人の稲田洋ちゃんが開いたJR西日暮里駅前の「酔ってや」(いつも正式な店の名は分からない。酔っよ、か、酔ってけか)出演者の同意を得られたので向かうことにした。

西日暮里には知人の会社がる。

この日は、この会社の社長の誕生会を昼からやっていたそうで、その3次会の流れの人たちがいた。

声帯ポリープを手術したばかりの歌手・紀藤ひろしさんが、舘野さんの親戚や歌手の関口マサト君らと盛り上がっていた。

「上野・浅草・隅田川」を歌いたかっただろうに。

3月には新曲のレコーディングが待っている紀藤さん。

まだ、筆談だ。

いまが大切なんだから、徹底すればいいのに、ついつい声を出そうとしてしまう。

で、その一行、6人が帰ることになり、紀藤さんは、こちらのグループに。

総勢7人。

板前がふたりで、代わりながら調理をするから大忙し。

こんなことが続いたら、後二人は必要かもね。

こんなに飲んで、ラーメンと言いだした。

オレだったのかな。

近くの餃子の王将。

大阪王将と餃子の大庄の違いを始めて脚本家の横沢丈二に知らされた。

もともと一緒だったらしいが、京都発祥が餃子、大阪発祥が大阪と言う店名になったそうだ。

だから看板の色も、文字の形も似ている。

超満員の餃子の王将。

「何人ですか?」と、聞いてきた。

横沢は帰ったから当然6人。

すいません。閉店時間を過ぎてます」だって。

じゃ、人数は聞くな。

解散になった。

茨城・日立駅前のホテルで営業をしていた漫才の「にゃん子
・金魚」のニャン子ちゃんが、帰り道だから寄ると思っていたんだけどね。

それにしても寒い夜だったね。

みんな風邪を引かなかったかな。
[1569]

女優の小泉麻耶さんに、会った
女優の小泉麻耶さんに会った。

顔が小さい可愛い子だ。

友人の病院であったが、元NHKで大河ドラマを演出していた名物プロデューサーの教えを請うという。

いいことだ。

テレビの歴史も人間関係も知っていて損はない。

知っていた方が、これから先、芸能界で生きていくうえで役に立ちことが一杯あるだろう。

で、小泉さんが主演した映画「暗闇から手をのばせ」(監督・戸田幸宏)が完成したらしい。

「「3月23日から、渋谷のユーロスーエスで公開されます。その前に、試写もあるんですよ。2月28日です。観て欲しいです。いい映画になっています」と。

ストーリーは「楽そうだし、体が動かないから怖くなさそう」という軽い動機で障害者専門のデリヘル業界に飛び込んだ少女が、全身タトゥの入った進行性筋ジストロフィー患者や自らの障害をネタに本番行為を要求する常連客、バイク事故で自由を奪われ殻に閉じこもる青年らと出会い、衝撃を受ける少女。

若者の間で話題になってる映画だけに、観に行かなきゃ。
[1570]

 次へ

過去ログ
2017年2月〜[32]
2016年11月〜[31]
2016年8月〜[30]
2016年6月〜[29]
2016年3月〜[28]
2015年12月〜[27]
2015年8月〜[26]
2015年5月〜[25]
2015年2月〜[24]
2014年11月〜[23]
2014年8月〜[22]
2014年6月〜[21]
2014年4月〜[20]
2014年2月〜[19]
2013年12月〜[18]
2013年9月〜[17]
2013年7月〜[16]
2013年4月〜[15]
2013年2月〜[14]
2012年11月〜[13]
2012年8月〜[12]
2012年5月〜[11]
2012年2月〜[10]
2011年10月〜[9]
2011年6月〜[8]
2011年2月〜[7]
2010年11月〜[6]
2010年8月〜[5]
2010年4月〜[4]
2009年12月〜[3]
2009年7月〜[2]
2009年1月〜[1]


2009(c) copyright binchan.com all right reserved