日記「忙中 閑あり」 admin 検索

この日のゲストは、鏡五郎さん
この日のゲストは、新曲「鏡川」を歌う鏡五郎さん。

デビュー49年目を迎えている。

デビューして20年間はまったく売れない時代が続いた。

「歌う場所があったから、まったく生活には困らなかった。歌が歌える事だけでよかった」かれが、デビュー20年目にして「おしどり人生」が大ヒット、歌手として認められるが、この頃から歌う場所がどんどん減ってきてしまった。

演歌衰退の時期が来てしまう。

しかし、鏡さんの新曲は、超ハイペースで作られていく。

2年で5曲、6曲。アルバムもある。

レコード会社は、鏡さんの新曲を発売すれば、利益につながる事は間違いないと、数が増える。

「ホントは、裁定でも年は新曲を歌わせて欲しい。ファンの方もおぼえられないうちに新曲になってしまう」と、悲鳴を上げるが、新曲が出て4ヵ月後の6月には、また新曲が出る。

もず昌平さん作詞、船村徹さん作曲の「花火師かたぎ」。

50年を越えて、再び船村さんが、鏡さんのために曲を書いた。

「先生からご指名を頂き、感激しています」と。

レコード会社は、花火師の歌だから、6月、7月、8月の短期間で勝負しようと言う思いなのだろうけど、どこか無理がある。

来年50周年を迎える鏡さんの「50周年記念曲」に残しておいて、来年4月に発売すればよかったんじゃないのかな。

いま、「鏡川」がジワジワ売れているんだから。で、鏡さんは、佐々木新一さん、池田輝郎さんと3人で「佐田鏡五一郎」として、デなーショーも開いている。

今年は12月6日。

埼玉・志木駅前の「ベルセゾン」。

三門忠司さん、鳥羽一郎さんと3人で「ごんたの会」も続けている。

こちらは6月9日午後1時。

鏡さんのふるさと大阪・高槻の「高槻現代劇場大ホール」、6月10日午後1時30分がJR奈良駅の「なら100年会館大ホール」で行われる。

弾けた鳥羽さんのシモネタトークが満載だそうだ。

おじさんたちのシモネタトークに興味のある人とはどうぞ。

鏡さんは「私は話に乗らないですけどね。イメージが違う」だって。
[2891]

見ることは、ないんだろうな
昨年10月に、静岡伊東「サザンクロスカントリークラブ」で開かれた水前寺清子さんの50周年記念ゴルフ大会。

なんとそこで準優勝してしまったオレは、藤倉ゴム工業ノ「リシャフト」券を2本頂くことになった。

藤倉が「インパクトの強烈な弾き感を厳戒まで追及した」というシャフト。

オレは、いただいたときからずっと5月一杯有効だと思っていたが、残念ながら3月一杯で切れていた。

もう使えない。

無駄にした、と言う思いで、藤倉に電話を掛けてみた。

何処で、どうなったのかは分からないが「5月中は特別にOKです」と言う返事をいただいた。

オレのゴルフは、クラブやボールや道具はどうだって良い。

ただ、青空の下で一日遊べるだけで良いというゴルフ。

だから釣だって良いし、サイクリングだって良い。

みんな中途半端だけどね。

そのオレが、藤倉のジムに行って、試打してシャフトを選ぶ。

こんな緊張した瞬間はないね。

ゴルフ暦40年以上。

練習場に通った事は数回。

人にスイングをチェツクしてもらった事などない。

次々に渡されるドライバー。

硬さやひねりの位置が違うクラブを持たされチックしてくれる。

体中から汗が吹き出る。

シングルに人なら良いクラブ、身体にあったヒネリ、硬さなどが分かるだろうけど、オレの場合は振るたびに違う。

インストラクターの人が選んでくれたシャフトにしたが、オレには、どれが良かったかは分からなかった。

帰りに、スイングのチェツクをしていたときに収録された数箇所からのブルーレイをいただいたけど、見ることはないんだろうな。

過去にも友人が取ってくれた事があったが観たことないものな。

でも、このクラブで、コンスタントに230ヤード飛んだら、周囲の仲間がビックリするだろうけど、まずないね。
[2892]

やたら、気になる、視聴率
日テレで「ザ・ワイド」を担当していたときは、近くに視聴率表表が置いてあって、常に見ることが出来ていたが、その後はチャンスがなかった。

4月からテレビ視聴率に目を通せるようになって、やたら気になる視聴率。

4冠王というのは全日(6〜24時)、ゴールデン(19〜22時)、プライム(19〜23時プライム2(23〜25時)の全ての時間帯で1位になること。

局にとってはゴールデンと全日の1位が欲しいところ。

日テレが、ここ数年高視聴率を誇ってきた事は有名。

そんな日テレでも、数字が低い日がある。

ここ最近では5月8日、定期番組で10%を越えたのは、朝の情報番組「ZIP!」だけ。

かろうじて11%。

次が金曜ロードショー「トータル・リコール」の9.2%。

テレビ朝日は「クレヨンしんちゃん」が9.6%で最高。

金曜日はTBSが信じられないぐらい強く、「爆報!THEフライデー」の14.9%を皮切りに、ゴールデンは全て10%越え。

テレ東は、「そこん所ちょい足し」が9,5%。フジは「めざましテレビ」の10.5%と「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」が11.4%と。

視聴率グラフを見ながら、ほんとに見られていないと感じる。

あの、50%や60%を越えたお化け番組は、もう見ることは出来ないのだろうね。

これじゃ、スポンサーも人気タレントのブログにCMを出しているほうが効果があるんじゃないかな。

ちなみに、オレの元にある、一番新しい視聴率表の5月14日は、TBSには10%越えが一つもなく、一番高かったのは「人間観察バラエティ・ミニタリング」の8.5%。

テレ朝は14.5%のドラマ「アイ・ホーム」と「報道ステーション」11.6%と「アメトーク」10.7%。

フジも「めざまし・・」の10.9%と「みなさんのおかげでした」10.3%だけ。

日テレは「あのニュースで得する人・損する人」14.8%からのゴールデンが、10%越え。

ただ、演歌ファンとして嬉しいのは、テレ東の「木曜8時のコンサート」が6.7%あった事。

ドラマやバラエティが、惨憺たる視聴率の中で、歌謡曲番組が6%越え。

演歌・歌謡曲の新曲だって、良い曲が一杯ある。

テレビ局には、日本人の心に残る歌謡曲や演歌をもっともっと流して欲しいな。

そうなれば、オレの「石川敏男の勝手に演歌応援団長」という1時間番組もノーギャラで続けている甲斐があるというもの。

いまのリズムの音楽は、20年後には、歌ってもらえなくなっちゃうよ。
[2893]

 次へ

過去ログ
2017年2月〜[32]
2016年11月〜[31]
2016年8月〜[30]
2016年6月〜[29]
2016年3月〜[28]
2015年12月〜[27]
2015年8月〜[26]
2015年5月〜[25]
2015年2月〜[24]
2014年11月〜[23]
2014年8月〜[22]
2014年6月〜[21]
2014年4月〜[20]
2014年2月〜[19]
2013年12月〜[18]
2013年9月〜[17]
2013年7月〜[16]
2013年4月〜[15]
2013年2月〜[14]
2012年11月〜[13]
2012年8月〜[12]
2012年5月〜[11]
2012年2月〜[10]
2011年10月〜[9]
2011年6月〜[8]
2011年2月〜[7]
2010年11月〜[6]
2010年8月〜[5]
2010年4月〜[4]
2009年12月〜[3]
2009年7月〜[2]
2009年1月〜[1]


2009(c) copyright binchan.com all right reserved