日記「忙中 閑あり」 admin 検索

東京・浅草の高級ふぐ割烹「辻むら」で、豪華な、夕食
東京・新橋演舞場で上演されている「舟木一夫特別公演」。

恒例になったトークショーも今回の12月公演の2回目。

地下の食堂に抽選で選ばれたファンの方たちが約250〜300人の前で、舟木さんとのトークが始まる。

時間にして約30分。

オレにとって一番困るのは、お客さんの約60%は、同じ人だという事。

舞台の話、歌謡ショーの話、新曲「春はまた君を彩る」の話。

この3つを聞きながらプライベートな話も聞かなくてはならない。

限度はある。

いま舟木さんが一番は待っていることも、楽しいと思っていることも歌を歌っていることだという。

プライベートでは、2日に引いた風邪が、いまだに抜けないことだという。

で、トークショーの帰りは、お客さんと一緒になる。

「ありがとうございました」

「素敵でした」と、声が掛かる。

舟木さんのファンの方は、トークショーの相手に、舟木さんがオレを選んでいることで、オレのファンにもなってくれている。

「前回と違う話を聞かせていただいて。石川さんは、舟木さんの話を上手に聞いていただけるから、私達も楽しい。他の劇場での他の方とのトークショーは新鮮さがない」なんて言われてしまうと、次回のプレッシャーが掛かってくる。

「大阪から来ていて、前回のトークショーを聞いて、一回帰って、昨日来ました。次は、4泊5日出来て、20日のトークショーも聞かせていただきます」と言うファンも「今回は抽選にもれてしまって、20日には来ます。7日は出席できたんですよ」

「舟木さんにプライベートな話を自然に聞いていただけるのは
石川さんだけ」なんてファンに囲まれると、次回は逃げ出したくなるよ。

で、この日は、「週刊女性」の荒木田範文記者をスポンサーに東京・浅草の高級ふぐ割烹「辻むら」で、豪華な夕食。

何かが合って、荒木田記者がスポンサーになったわけじゃない。

オレが勝手に「荒木田スポンサー」と決めただけ。

久しぶりに美味しいふぐコースに舌鼓を打ち芋焼酎で喉を潤した。

やっぱり年の瀬、お店も繁盛していたね。

荒木田記者は「最初“はすっぽん鍋”と行ってませんでした。すっぽんが良かった」と、すっぽんが食べたかったようだが、オレが変更しちゃった。

でも、帰りに、すっぽんのスープを頂いてたんだからいいじゃん。

このスープで、雑炊を作ると、ホントに肌がつやつやになるぜ。

次回も荒木田記者のスポンサーで、すっぽん鍋だ。

決めた。
[3131]

浅草・演芸ホールで、漫才を、聞くことにした
浅草・演芸ホールで漫才を聞くことにした。

待ち合わせまで約2時間。

演舞場の後、銀座の友人の会社を覗いたら、彼が出かける寸前だった。

仕方なく、新橋へ。

目的があったわけじゃない。

そこで、6時半の約束がある浅草に向かう。

時間の潰し方を知らない。

喫茶店でパソコンというてもあるが、パソコンは、自宅でしか扱えない体質になっている。

新幹線で原稿を書いたこともあるが、新幹線は寝る処と電話投票で競馬をするところと決めている。

で、亜鉛芸ホールの前で、今夜の出演者の看板を見ていたら友人の漫才師「にゃん子・金魚」が出演していた。

彼女たちの漫才を聞いて約束の場所に行くには丁度いい時間だ。

と、思ったとき、「ご無沙汰してます。東洋館ですか?演芸ホール?」と、従業員から声が掛かった。

「こっち」と、演芸ホールを指差したら「どうぞ」と、入れてくれた。林家正蔵さんの6番目の弟子・林家つる子さんの落語を聞き、林家木久蔵さん、マジックの二世さん、川柳の川柳さん、そしてにゃん子・金魚さん。

ここ前聞いて6時20分。

ゴロゴロ会館の裏までの時間が丁度いい。

漫才のホンキートンクさん、林家三平さん、林家ペーさん、林家正蔵さんらが控えていたが、残念。聞くことは出来なかった。

でも、年末で、それも夕方の忙しない時間に良く客が入っていた。

世に中には、暇な人が一杯いるんだね。

暇じゃないのかな。

仕事がない人?

家に帰れない人。

トリの正蔵さんまで聞くと9時近くになってしまう。

やっぱり行くところがない人たちなんだろうな。

そのうちに、オレも皆さんの仲間入り。
[3132]

千葉テレビの収録が、17日に、迫った
今月末の26日から新しく放送が始まる千葉テレビの収録が17日に迫った。

番組の担当者とは会ったが、内容を知らされないまま、この日を迎えた。

収録は明日。

収録の場所も知らない。

「企画と放送内容と収録場所をファックスします」と言われて2週間。

数日前も「お願いします」と言う連絡があったまま。

来年3月までは月に一度の放送で、4月からは週に一度の放送になるという。

トーク番組という事だけど、どんな内容になるのか下調べをしなくてもいいのだろうか。

「やれ!」と言われれば、ギャラも発生しているからやりますが、ごんな番組なんだろうか。

きつめにつままれたような話で、明日の朝になったら「中止です」という事はないよね。

ホントのことを言うと、中止でもいいけどね。

だって、番組のタイトルも聴いていない。

でも、約束した以上は、オレ時からは中止をいえないよな。
[3133]

 次へ

過去ログ
2017年2月〜[32]
2016年11月〜[31]
2016年8月〜[30]
2016年6月〜[29]
2016年3月〜[28]
2015年12月〜[27]
2015年8月〜[26]
2015年5月〜[25]
2015年2月〜[24]
2014年11月〜[23]
2014年8月〜[22]
2014年6月〜[21]
2014年4月〜[20]
2014年2月〜[19]
2013年12月〜[18]
2013年9月〜[17]
2013年7月〜[16]
2013年4月〜[15]
2013年2月〜[14]
2012年11月〜[13]
2012年8月〜[12]
2012年5月〜[11]
2012年2月〜[10]
2011年10月〜[9]
2011年6月〜[8]
2011年2月〜[7]
2010年11月〜[6]
2010年8月〜[5]
2010年4月〜[4]
2009年12月〜[3]
2009年7月〜[2]
2009年1月〜[1]


2009(c) copyright binchan.com all right reserved