日記「忙中 閑あり」 admin 検索

東京を、離れて、長い旅を、続けてきました
東京を離れて長い旅を続けてきました。

水曜日に福岡に行き、翌日大阪。

そして、再び福岡に戻って日曜日に福岡・飯塚の麻生飯塚カントリークラブでゴルフ。

オレにとって、数年ぶりの雨ゴルフになってしまった。

ほとんど前日にゴルフ行きを決めるから、雨に降られるわけは無いんですがね。

ただ、コンペや数ヶ月前の約束は破るわけには行かないから行くことになるが、それでも雨は無かった。

健康食品「野草の匠」を販売している「ちゅら花」のオーナーに招待されたゴルフだったが「誰か雨男がいる」と言ったら、オーナーは「ウチのコンペも始めての雨ですよ。初参加は石川さんと沢柳社長です」だって。

じゃ、福岡のイベントプロダクション「沢柳企画」の沢ちゃんだ。

「ビンさん失礼だね。オレは晴れ男だよ。知ってるしょうに。雨に降られたことは無いよ」だって。

それにしても、午前中は振らないと言う予報だったのに雨が上がったのは2ホールぐらい。

それも、雨雲予報では、飯塚が雨雲の長い帯の中にいた。

博多や天神では、もっと降らなかった時間が長かったかもね。

先週は90前半で廻ったのに、またまた100以上を叩いてしまった。

やっぱり、くやしいね。
[3371]

大分湯布院
6月からオンエアーされる「ちゅら花」のCMに出演することになっているオレをオーナーが、大分湯布院に案内してくれた。

「美味しい地鶏の店があって、それを食べて100坪ぐらいの日帰り露天風呂に入って、飯塚に行きましょう」と、声を掛けてくれていた。

オーナーの友人の太一くんも付き合ってくれて男3人の旅だ。

約1ヶ月前にも声を掛けれていた場所だったが、そのときは行くことが出来なかった。

由布院で震度5強の地震があり、由布院駅のガラスが割れたというニュースがあった日だった。

行っているのを知っていたオレは、すぐにオーナーらに連絡を入れた。

「ガラス戸がバリバリ行って凄かったけど、恐怖感は無い」と。

しかし、その帰りの高速は通行止めになった場所があったらしい。

金燐湖から山道を車で20分以上登った山の中の一軒家。

「会長が予約を入れてくると、いつもお客さんでいっぱいになる。嬉しいんですけど、会長が料理を“早く出せ、早く出せ”と言うもんですから、こんなに混まなくてもいいのに」だって。

確かにお店は満員。県道から5分ぐらい入った場所で、紹介者やリポーターじゃないと来られない場所だ。

もも肉とレバーだけ。クレソンとキャベツ、しいたけ。

それにご飯と味噌汁。

オレは一人前でも多いと思ったのに、太一くんは、4人前以上食べていたかも。

鶏肉を焼いて、その上に多めにクレソンを載せる。

人生で、あんなにクレソンを食べたのは初めてだ。

せいぜいステーキに付いてくるクレソンを食べたぐらい。

焼いたクレソンが、上手いと言うのを初めて知った。

そして、楽しみにしていた100坪の露天風呂。

スカイブルーの温泉だという。

焼き鳥屋から車で走ること10分。

旅館は休業になっていた。

オーナーたちが行ったときの地震で「露天風呂に穴でも開いてしまったのかも」なんて、噂しながら、次の日帰り風呂に。

従業員が「男性3人ではいるんですか。それでもいいですか」なんて言う。

日帰り家族風呂しかないところだった。

そして、次に。開店休業状態の割烹旅館へ。

「予約が無くて休業していますが、どうぞ」と、宿直していた料理長に誘われて入ることに決めた。

「いまお湯を入れますから」と、温泉を入れだしたが、男3人で入るには小さすぎたね。

掛け流しといってもすぐに溢れる広さ。

家庭の風呂の4倍ぐらい。

入ったことが大失敗だったが、露天風呂の柱が、地震の影響で10センチは浮いていた。

やっぱり地震の爪あとは凄いと思ったね。

時間が掛かってしまい、飯塚に向かうことになって、金燐湖を見ることは出来なかったが、宿の料理長が「またいらしてくださいよ。自慢の料理をお出しします。作っている風呂も完成しますから」と、露天風呂の隣の扉を開けたら、そこには制作中の風呂があった。

「地震で工事も止まってしまって」と見た風呂は、オレたちが浸かった風呂よりも大きかったかも。
[3372]

飯塚のビジネスホテル
福岡のホテルが取れなかったから飯塚のビジネスホテルに泊まる事にしたが、いまどき部屋のトイレがウォシュレットじゃないのは珍しいとおもったね。

すっかり慣れてしまったオレは、このトイレでは出来ないと感じてしまったもの。

でも、ここはあの麻生太郎さんの地元。

オレたちがコンペをするゴルフ場もい飯塚で一番いいゴルフ場だそうで、麻生家のもの。

それ以外にもスーパーやビルが麻生家のもの。飯塚は麻生財閥でもっているようだったね。

考えてみたら、博多駅の周辺にも「ASO」とかかれた学校やビルがいっぱいあった。

福岡そのものが、西鉄とソフトバンクと麻生家のものかもね。

大昔、渡辺さんという大地主がいたそうで、その渡辺さんが、土地を寄付して道路が出来て「渡辺通り」として名前が残っているのは凄いよね。

その息子さんの「柳橋」という花柳界の廓通いも有名だったらしいけどね。
[3373]

 次へ

過去ログ
2017年2月〜[32]
2016年11月〜[31]
2016年8月〜[30]
2016年6月〜[29]
2016年3月〜[28]
2015年12月〜[27]
2015年8月〜[26]
2015年5月〜[25]
2015年2月〜[24]
2014年11月〜[23]
2014年8月〜[22]
2014年6月〜[21]
2014年4月〜[20]
2014年2月〜[19]
2013年12月〜[18]
2013年9月〜[17]
2013年7月〜[16]
2013年4月〜[15]
2013年2月〜[14]
2012年11月〜[13]
2012年8月〜[12]
2012年5月〜[11]
2012年2月〜[10]
2011年10月〜[9]
2011年6月〜[8]
2011年2月〜[7]
2010年11月〜[6]
2010年8月〜[5]
2010年4月〜[4]
2009年12月〜[3]
2009年7月〜[2]
2009年1月〜[1]


2009(c) copyright binchan.com all right reserved