日記「忙中 閑あり」 admin 検索

紀藤ヒロシさんディナーショーが、今日、開かれる
歌手生活35年を迎えている「死ぬまでだまして」を歌う紀藤ヒロシさんディナーショーが、今日、東京・大塚のホテル「ベルクラシック」で開かれる。

いまは亡きボイストレーナーの上野直樹さんに紹介されてからの付き合いだが、紀藤さんを見ている とホントにファンはありがたい存在なんだという事が分かる。

芸能界では、けっして目立たない存在の紀藤さんだが、周りには、彼を支えてくれるファンがいっぱいいるんだから。

ボイストレーナーとしてカラオケファンに歌を教えている紀藤さん。

TVタレント養成施設「東京宝映」を経て昭和47年に映画「ふれあい」で、地味にデビュー。

その映画の監督だった市村泰一さんに可愛がられ、市村さんが東京・銀座8丁目で開いていた日本蕎麦屋でアルバイト。

日の目を見ぬまま、テレビ、舞台に出演する中で「死ぬまでだまして」で歌手にもなった。

その後は、歌を中心に頑張ってきた。

「夕焼けだんだん」「上野・浅草・隅田川」「浅草ごころ」を発売し、昨年8月、歌手になった原点に戻りたいと「死ぬまでだまして」を、再カヴァーした。

人が良い紀藤さんだから、ここまでやってこられたんだろうな。

先日、東京・銀座で手広く不動産やクラブを経営しているオレの友人と紀藤さんの話になった。

「最近、紀藤ちゃん、どうしてるの?」と。

「ディナーショーがあるんですよ」と、答えたオレに「紀藤ちゃんにも会いたいから行こうかな。2枚買いますよ。カミさんと行くから」と言ってくれた。

すぐに紀藤さんに連絡。

返って来た言葉は「全くダメです。席がいっぱい。もう入れないんですよ」だった。

「2席ぐらい何とかなら無いのか」と思ったけど、ダメならしょうがない。

彼も「なんだよ」と言っていた。

そこが紀藤さんのいいところかも知れない。

利益よりも現状を守る主義なんだよね。

先のことを考えた ら「チケットを買ってもらってCDも買ってもらえばいいのに」と思ったけど、融通が利かない紀藤さんらしい。

俳優の風間杜夫さんとは特に親しく、紀藤さんのイベントには、必ず参加してくれる、というよりも、風間さんのスケジュールに合わせてイベントを組んでいるからな。

どんなデビュー35周年のディナーショーになるんだろうか。

ちょっと楽しみ。
[3611]

嗣永桃子さんが、来年6月30日で、芸能界を、事実上、引退
先日、「乃木坂46」の橋本奈々未さん(23)が「目的を達した」と、芸能界を引退。23歳の女の子が、キッチリとした自分を持っているということで感動したと書いたが、またまた自分を持っているアイドルが現れた。

アイドルグループ「カントリー・ガールズ」の“ももち”こと嗣永桃子さん(24)が来年6月30日でグループおよ びハロー!プロジェクトを卒業し、芸能界を事実上引退するという。

結成2周年記念日のライブでサプライズ発表したももちは、これからは興味があった幼児教育勉強をして、いつかお仕事に出来たら」と、告白した。

卒業することを決めた6月30日は、ハロプロキッズオーディションに合格した日だ。

カントリー・ガールズのプレイングマネージャーを務めていたももち。

「当初から『2〜3年掛けてメンバーを一人前にしたい』という目標を掲げていました。みんなたくましく成長していて、次は自分の番だと思いましたと、引退理由を。

「アイドルと同じぐらい子供が好き」と公言してきたももちは、4年前に大学で教育学部を専攻し、14年3月には小学校教諭一種、幼稚園教諭一種を取得している。

目的を持って生きることを知ってる人は、やはり美しい。

「何も考えないで」運だけで生きてきたオレには、ももちに見習うところがいっぱいありそうだ。
[3612]

紀藤ヒロシさんの「歌手生活35周年ディナーショー」
紀藤ヒロシさんの「歌手生活35周年ディナーショー」の会場についたのは午後4時前。6時から始まる宴会なのに早く着きすぎた。

新宿の友人の病院に「インフルエンザ」の予防注射を請けに行くことに決めたが「早く来てよ」と、注文。

日にちを変えようかと思ったが、大塚の「ベルクラシックホテル」に向かうのに新宿は都合がいい。

それに、病院の側には中央競馬会の場外馬券売り場もある。

いつも電話投票だが、たまには馬券も見たくなった。

と言う事で、12時過ぎに自宅を出た。

新宿の病院到着は1時半。予防注射を打ってもらい、病院を出たのは1字45分ごろ。

歩いて2分の場外馬券売り場へ。

8レース、9レース、10レースと買ったが、うまく行かない。

で、紀藤さんの会場に行 くことにした。

ちょうどリハーサルをしていて、そこに演歌雑誌「歌の手帳」の記者が来ていた。

「いいところに来てくれました。一緒に写真を撮らせてもらっていいですか。その写真を掲載します」と。

記者の都合で、最後までいられないという。

記者は慌しく帰っていったが、始まるまでには2時間もある。

仕方なく、1階のレストランに行くことにした。

シーザーサラダを注文して、まずは生ビール。

続いて赤ワイン。

それでもひとりじゃ時間が持たないが、待つより仕方がない。

ゲストの俳優・風間杜夫さん、歌手・江藤潤さん、司会を担当する芸人・パーラー吉松さんらの控え室に行くことにした。

始めからそこに行けば良かった。

吉松さんとは久しぶりだ。

昔話に花が咲いた。

そして、約30人の打ち上げにも参加。

紀藤さんが6月頃からひとりで準備していたパーティーは無事に終了。

多くのファンが駆けつけてくれて、多くのご祝儀も頂いたようだ。

紀藤さんにとって、最高の一日だったに違いない。

あ、そうだ。

東京ドームのBIGBANGのツアーに行かないで、紀藤さんの会場にやってきて最初に挨拶した人もいた。

「長い付き合いで、紀藤さんの依頼を断れなかった」と。

やはり、みんなに愛されてる人だな。
[3613]

 次へ

過去ログ
2017年2月〜[32]
2016年11月〜[31]
2016年8月〜[30]
2016年6月〜[29]
2016年3月〜[28]
2015年12月〜[27]
2015年8月〜[26]
2015年5月〜[25]
2015年2月〜[24]
2014年11月〜[23]
2014年8月〜[22]
2014年6月〜[21]
2014年4月〜[20]
2014年2月〜[19]
2013年12月〜[18]
2013年9月〜[17]
2013年7月〜[16]
2013年4月〜[15]
2013年2月〜[14]
2012年11月〜[13]
2012年8月〜[12]
2012年5月〜[11]
2012年2月〜[10]
2011年10月〜[9]
2011年6月〜[8]
2011年2月〜[7]
2010年11月〜[6]
2010年8月〜[5]
2010年4月〜[4]
2009年12月〜[3]
2009年7月〜[2]
2009年1月〜[1]


2009(c) copyright binchan.com all right reserved