日記「忙中 閑あり」 admin 検索

松田聖子さんのディなショー
数年前まで、買おうと思っても買えなかった歌手・松田聖子さんのディなショーのチケットに、売れ残りがあるという。

にわかには信じられない話だが、昨年まで続いていた京都のホテルのクリスマスディナーショーは、スピリチュアルの江原啓之さんに代わっている。

今年歌手生活30周年を迎える聖子さんの人気に陰りが見え始め たとは思えないんだけど、5万円という高額チケット代が、不況の波に押し戻されてしまったのか。

オレが聞いた話では、横浜のホテルのチケットはてに入らないという話もあるけどね。

どっちにしても、聖子さんの年末カウントダウンよりも「紅白歌合戦」に出演する聖子さんを見たいね。

あれ、オレ、松田聖子さんのファンだったかな。

そうです、大ファンなんです。
[602]

中途半端は、トラブルの元だ
連日のように報じらているタレント・ほしのあきさん(33)とJRAの三浦皇成騎手(20)の結婚。

「交際順調」と報じられ、次は「来春挙式」と伝えられた。

ほしのさんの所属事務所は「そのような事実はありません」と、否定に躍起だ。

三浦騎手が、発言しないから憶測で書かれてしまう。

ほしのさんが、交際を認めているんだから、三浦くんも言えばいい。

一部スポーツしには騎手仲間が、彼から「結婚の報告を聞いている」と書かれていたが、それが、誰なんだろうか、と思ってしまう。

オレが騎手仲間から聞いてる話とは違いすぎる。

三浦くんの気持ちが変わって、それをほしのさんに伝えきっていないような気がする。

本当に順調にデートが続いているのか。

三浦騎手は、恋人だったほしのさんから気持ちが逃げてしまっているように思える。

騎手仲間から聞いた話では、なんとなくそんな気がするね。

まだ、交際中なら、彼女のためにも、三浦くんが、はっきりさせたほうがいい。

師匠だった河野道文調教師と別れたために、騎乗馬にも恵まれていないのが現状。

イギリスに2ヶ月間留学したとはいえ、昨年の成績と比較にならない。

まだ40勝(11月7日現在)。

河野さんとの別れも、はっきりモノを言わなかったことが原因だった。

本の出版も独立問題も秘密裏に進めようとした。

河野さんから聞かれても、ちゃんと答えようとしなかった。

というよりはぐらかしてしまった。

それに河野さんが激怒したのだ。

世間は、三浦くんの恋愛騒動が原因のように思っているが、三浦くんが河野さんを怒らせた数々の出来事があったのだ。

だから、ほしのさんとのこともはっきりとモノを言ったほうがいいよと思うな。

中途半端は、トラブルの元だ。
[603]

夏目三久アナの退社が、話題に、なっている
日本テレビの夏目三久アナウンサー(31)の退社が話題になっている。

コンドームの箱を持ってニッコリ笑顔の写真が、週刊誌に掲載されて、番組を降板、10月から復帰していたアナウンサーだ。

少し前には「ズームインスーパー」の羽鳥真一アナウンサー(39)の退社も報じられた。

遅刻常習者としてのキャラを持つ宮崎宣 子アナウンサー(31)も体調不良で早朝番組「Oha4」を降板している。

日本テレビの総合広報部は「いずれの情報も聞いていない。退社するという情報もないので、会社として対策を取ることもしていない」と、全面否定する。

局アナの退社には日本テレビが労働組合に提示した「新賃金制度」があると言われている。

それにしても日テレ局アナの給料が安いことにビックリさせられた。

「週刊実話」が、広告代理店資料として局アナ個人の持つ潜在視聴率とギャラを公表している。

フジテレビの高島彩アナの2千万円を筆頭に、中野美奈子アナ、平井理央アナ、生野陽子アナとフジテレビだ。

NHKの有働由美子アナが1400万円、神田愛花アナが1200万円。

TBSの青木裕子アナも1300万円。

テレビ朝日の武内絵美アナの1600万円、市川寛子アナも1300万円。

テレビ東京の大橋未歩アナが1300万円、大江麻里子アナも1200万円。

日本テレビは出てこない。

西尾由佳理アナの900万円、鈴木奈々アナが850万円、葉山エレーヌアナが800万円と、他局に比べてかなり安い。

そこに持ってきての「新賃金制度」。

やってられないよというのがホンネじゃないかな。
[604]

 次へ

過去ログ
2017年2月〜[32]
2016年11月〜[31]
2016年8月〜[30]
2016年6月〜[29]
2016年3月〜[28]
2015年12月〜[27]
2015年8月〜[26]
2015年5月〜[25]
2015年2月〜[24]
2014年11月〜[23]
2014年8月〜[22]
2014年6月〜[21]
2014年4月〜[20]
2014年2月〜[19]
2013年12月〜[18]
2013年9月〜[17]
2013年7月〜[16]
2013年4月〜[15]
2013年2月〜[14]
2012年11月〜[13]
2012年8月〜[12]
2012年5月〜[11]
2012年2月〜[10]
2011年10月〜[9]
2011年6月〜[8]
2011年2月〜[7]
2010年11月〜[6]
2010年8月〜[5]
2010年4月〜[4]
2009年12月〜[3]
2009年7月〜[2]
2009年1月〜[1]


2009(c) copyright binchan.com all right reserved