HomeSearchPastLogMaster



2017年9月8日 

観光地 モンサンミッシェル


30年前に来た時には、車ですぐ近くまでいって島のふもとでキャンプしたのに、
今は駐車場があって、そこからシャトルバスで通うようになっていた。あふれる観光客も以前はいなかった。

モンサンミッシェルが、アイルランドのスケリグマイケルと、イギリスのセントマイケルズマウントを結ぶ一直線上にあるのを知っている人は少ない。しかしここはイスラエルのカルメル山に通じるレイライン上にあるのだ。イスラエルに向かって眼をこらす。
2017/9/11(Mon) ...No.1088

2017年8月30日 フランス

 フランスの田舎を車で走っている。

観光地でもない田舎の村に、
いきなりこんなお城がある。
道路はどこまで行っても舗装されているし、キューバとのこの違いは。いったい何なのだろう。

2017/8/31(Thu) ...No.1087

キューバ 急場


  キューバ、グアンタナモ
    (写真は村の出口)


グアンタナモの町の出入り口に、巨大な  G のマークがある。
それは町の名前の頭文字に違いないものの、アメリカ軍の基地のイメージが重なると <愚> に見えてくる。
人権無視のやりたい放題、世界はおれのモノだ、と言わんばかりの。
2017/8/24(Thu) ...No.1086

2017年8月23日 キューバ

キューバ

2週間ほどのキューバの旅行。
レンタカーを借りて、ハバナで車を取りたいと言っていたのに、バスで9時間半のカマグエイまで行かなければならなかった。
カマグエィから、バラコア、サンチアゴデクーバ、カスツナスなどなど。キューバの国中に革命戦士の肖像と標語が掲げられていた。 

今回のキューバの中で一番良かったのは?と聞かれたら、それはマンザニージョの町だろう。海岸に沿って数キロの碁盤の目の町が、まるまる廃墟で、その中に人が住んでいるのだ。TAXI と書かれた馬車が何十台も、朝の通勤の人たちを乗せて普通に走っているのだ。きれいに改修された銀行のギリシャ様式の建物のすぐ隣が、ゴミだらけの廃墟なのだ。イタリアのマテラにも似た印象があるものの、もっと観光客離れしたタイムスリップがここにある。こんな町がフランスにあったら、ダントツの観光地になるだろう。
2017/8/24(Thu) ...No.1085

2017年8月2日 

  サンフランシスコにて

日本の武道の大会の会場で、参加者に漢字で書いた短冊をあげている日本人がいた。
脚下照顧、自己確立、精神修養、生涯修行、協力一致 ーーー

いかにも外人の喜びそうな4字熟語が並ぶなか、
<他の言葉でもいいんですか?>
と聞くと、<どうぞどうぞ、お好きな言葉を> とのこと。
そこでボクが書いてもらった言葉は、

  <酒池肉林>
2017/8/3(Thu) ...No.1084

2017年7月16日
 
 知り合いに会いに、バルセロナに行く。

 サグラダファミリアはクレーンが何本も立って建造真っ最中だった。
 それにしても建築だけで150年もかかっていたら、完成する前から始めのほうの補修が必要になってくる。ここにボクが初めて来たのは35年も前だったが、塔の上のほうはすでに石が風化してぼろぼろになっていた。今ではその部分に色とりどりの球状ウィルスの模様が作られている。
西側の抽象的な建築や彫刻よりも、ボクはやっぱり風化しかかった東側のほうが好きだ。
2017/7/16(Sun) ...No.1083

戻る  次へ

Rental:大宇宙 お知らせ(6/20) Base:ACE
BoardDesign:大宇宙