・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

438100
<< 2011年 4月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2010.11.13 Sat:「日経リフォームフェア」
 昨日の夕方からはビッグサイトで行われている日経リフォームフェアへ。

主催者ブースの出展スペースで展示されている全国のオーダーキッチン屋の集まりオーダーキッチン.JPの状況を確認です。

その後は、ekreaの近藤部長と共に、協賛メーカーや主催に絡んだデザイン会社などの人たちとの懇親会に参加しました。

関西人の方が多く、とにかく盛り上がりはある感じです。

オーダーキッチン.JPの集まりは、もともとスタディオン(大阪)の古川社長と鈴木さんのアイディアで始まり、会の主旨は、オーダーキッチンをもっとユーザーに知って戴こうというもの。

 「集まれば何とかなるやろ〜!」的な集まりです。

私としては総論大賛成!でも各論も徐々に詰めましょうね、と言ったところでしょうか?

それにしても、今まで工務店としてやってきた「つくり手の会」「東京家づくり工務店の会」とは大違いの集まりでした。
posted 10:08|No.969|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2010.11.15 Mon:「国家のアイデンティティ」
 昨日閉幕したAPEC、日本のリーダーシップは残念ながら、発揮できず仕舞↓。

20年以上前にベストセラーになった故盛田昭夫さん(ソニー創業者)と石原慎太郎さんの共著「NOと言える日本人」を思い出しました。

当時のアメリカ合衆国のビジネスの方法に批判的な目を向け、ビジネスから国際問題までに関して他国に依存しない態度を取ることを主張していることで有名になった本です。

 沖縄の普天間問題から、尖閣諸島、北方領土問題と、弱腰で曖昧な日本の政治に対し、どんどん自己主張を強める諸外国。

この調子で行きますと、国家の威信にかかわります。

その上、国内の経済についても一向に明るさが見えず、八方塞がりの状態が続いています。

今の政権で本当に大丈夫なのでしょうか?期待していたのに・・・。

この際、学歴は問いませんが、国会議員に成るためには学力試験と適正試験をした方が良いのではないでしょうか?

特に外交に関わる首相や外務大臣はTOEIC750点以上とか、国土交通大臣は一級建築士が施工管理技士の資格者にするなどです。

民間企業と異なり、政治家になるためには学力や資格が必要ないのはいかがなものでしょうか?

最近つくづくそう思います。

少なくても酔ってベランダから転落する議員や交渉国の代表への挨拶を棒読みする首相はいなくなるような気がします。

何党の誰でも構いません。

「YesもNoもちゃんと言える日本人」を国の代表にしたいものです。
posted 18:33|No.970|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2010.11.19 Fri:「SOWE design 会議」
今日は朝からエヌ・シー・エヌさんで、標記のプロジェクト会議がありました。

丸ノ内線が混雑で10分程遅れ、私も地下鉄の遅れた時間だけ遅刻してしまいました。

しかし、それよりもっと遅刻した人が…。

それは、田鎖社長でした。(笑)

40分程遅れて、すまなさそうに入室してきて、これまた笑い。

しかし、田鎖さんが会議に加わってからは急に緊張感が生まれるところは、やはり実力者たる所以ですね。

話を纏めて方針を明確に決定するところは、ロジックと豊かなビジネス感性のなせる技です。

これで本開発も大詰めに差し掛かり、ハード部分を固めるだけです。

だんだん楽しみになってきました。
posted 13:02|No.972|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2010.11.23 Tue:「難しい日本の表現」
この年齢になって日本語の難しさを痛感する今日この頃、数ヶ月前も次のようなことがありました。

ご高齢の男性との会話です。

「地盤調査をしないと詳細な事はわかりませんが、RCで建てるとなると付近の地盤はあまり良くありませんので、杭が必要になると思います。」

「良くないという言い方を訂正しろ!地盤は良いが、杭は必要になると言えばいい。」

よくよく聞いて見ると、杭が必要になること自体がその御仁には屈辱だったので、どうやら私の一言が琴線に触れてしまったようです。

プロとしてはリスクに対する説明義務がありますので、面を食らってしまいましたが、相手の立場によって言葉を選ばなければなりませんね。(ちょっぴり反省)

さて、普段から聞きなれている言葉の中にも意味を深く掘り下げて行きますと、違う表現を使った方が良いのではないかと思うことがあります。

まずは「地球温暖化」、脚本家で北海道に住んでいる倉本 總さんは「温暖化」ではなく「高温化」が適切と言っています。

温暖の意味や直面している問題の緊急性を思うと倉本さんに分がありますね。

そしてもうひとつは「孤独死」という言葉については落合恵子さんは「孤独」ではなく「孤立」が適正と一刀両断しています。

倉本さんの「地球高温化」、落合さんの「孤立死」。

お二方共、テレビやラジオに縁の深い方々ですから、言葉が社会に与える影響力をしっかり予見しているのですね。

posted 09:48|No.975|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2010.11.28 Sun:「入選することはよいことで・・・」
東京家づくり工務店の会のロゴマークが日本のロゴ&マーク集に続き、 ニホンゴ ロゴ(EBOOKS発行)に入選しました。

どうやら広告の世界では貴重な賞のようです。

とにかくあちらこちらで目立つのは良いことですね。

さて今日は自宅にてゆっくりすることができました。

今週は野池学校の打ち上げをはじめ、とにかく飲む機会が多かったせいか、さすがに少々バテてしまったようです。

週半ばには自立循環型住宅研究会のフォーラムが大阪でありますので、一泊二日で出かけます。

こちらのゲストに南雄三さんがお見えになりますので、野池政宏氏vs南雄三氏を楽しみにしています。


12月は毎週末現場見学会があります。ド真剣の家づくりをお考えであれば、
詳細をご覧下さい。



posted 19:51|No.979|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2010.12.01 Wed:「師走」
 本日から師走です。光陰矢のごとしと申しますが、年をとる度に加速していきます。
 年末まであとわずか、がんばって乗り切りたいですね。

 さて、ここにきまして雑誌に記事掲載が増えて参りました。
 ご紹介します。

 「relife+(リライフプラス)」vol.5
 発行:扶桑社
 発売日:11月29日

 コダイラリノベ(小平市T邸)が4ページにわたって紹介されました。
 設計をカサボン住環境設計、施工を参創ハウテックが担当したリノベーション実例です。
 「リライフプラス」誌には、創刊号から毎号、取材協力させて頂いております。


 「最高の家具をデザインする方法」(エクスナレッジムック)
 発行:エクスナレッジ
 発売日:11月29日

 第3章「キッチンのディテール」の項で、弊社ekreaオーダーキッチンの近藤が取材協力させて頂きました。
 「キッチン廻りの法規」「移り変わるキッチンの形と特徴」について、プロの視線で解説しています。


 さて、昨夕はINAX・サンウェーブマーケティングの東京支社長の和田さんと吉村課長と会食でした。
 和田さん、吉村さんともざっくばらんに話が弾み、楽しいひと時をすごさせていただきました。

 INAXは住生活グループの傘下に入り、リクシルという社名に変わりますが、INAXブランドは残るようです。
 INAXのものづくりの精神をいつまでも忘れずにいて欲しいですね。

 私は本日から大阪出張です。自立循環型研究会のフォーラムに参加して参ります。

 さて、12月の週末は構造と完成現場見学会があります。
 ド真剣の家づくりをお考えであれば、見学会のページをご覧下さい。

posted 09:47|No.981|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)