・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの清水です(2013年2月14日撮影)
理科系工務店を目指して日々研鑽中です!
297895
<< 2010年 11月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
 
2010.10.29 Fri:「Ogawa Keikoさんのコンサート」
 昨夜は若手建築家の奥野公章さんと共におがわ恵子さんのコンサートへ行ってきました。

 奥野さんは現在芸大の教授をしている元倉真琴さんのお弟子さん。

 歌手おがわ恵子さんはロスインディオスの2代目ボーカル「フローレス」のメンバーとしてデビューし、結婚を契機に活動を休止、御主人は最近「播磨屋」を襲名しました歌舞伎役者中村歌六さんです。

 子育てがひと段落したことで、歌手としてソロ活動を始めたようです。

 私との接点は、元倉さんが設計した住宅を弊社で施工させて戴いたことがご縁で、ご夫婦と食事をさせて戴いたり、歌舞伎も何度か観賞させていただきました。

 家づくりにかかわってからも、このようにお付合いさせて戴けるのは大変喜ばしいことですね。
posted 11:34|No.956|趣味についてcomments(0)
2010.10.30 Sat:「憧れのキッチン」
 ネコパブリッシングさんが発行している「憧れのキッチン」にekreaキッチンの施工事例が掲載されました。

 最近キッチンの取材がまた増えてきたようです。ありがたいことです。

さて、昨日は女性建築家の伊藤道代さんと女性カメラマンの工藤朋子さんと会食でした。

いろいろ情報交換をさせていただきました。

伊藤さんの女性ならではの設計目線、工藤さんが被写体をどう表現するかなどなど、大変タメになる話を聞かせて戴きました。

 良く仕事をする女性は、お酒の方も良く飲みますね。(笑い)

今日はこれから銀座INAXショールームで行われますザ・ハウスさん主催のセミナーへ行って参ります。

 TO-IZの濃いメンバーと一緒です。

posted 10:43|No.957|家づくりcomments(0)
2010.10.31 Sun:「台風一過と家づくりセミナー」
 昨日土曜はザ・ハウスさん主催のまじめな家づくりセミナー。

例によりまして東京家づくり工務店の会の代表者4人が集うセミナーでした。

台風14号が関東沿岸を通過しているなか、12人ほどの建て主さんが熱心に受講されていました。

まずはザ・ハウスの矢野さんから工務店のタイプについて15分ほど説明があり、続いて中里さんが「地域主義で造る」というテーマで、続いて田中さんが「一品ものを手手作りで」、私は「エコと快適性を考えてつくる」、トリは池田さんで「コミュニケーションで建てる」というテーマでそれぞれ20分ほどのセミナーをさせていただき、その後個別面談でした。

台風が接近する中、わざわざ来られる方だけあって本当に熱心な方が多かったように感じました。

自社の会社説明ではなく、工務店独自の視点からそれぞれ家づくりを語る機会はなかなかありませんので、ご来場いただいた方々にとっても勉強になったと、口々におっしゃってました。
posted 23:24|No.958|家づくりcomments(4)
2010.11.01 Mon:「理科系工務店のススメ」
 新建ハウジングプラスワン11月号に私が寄稿した「理科系工務店のススメ」が4ページに渡り掲載されました。

サブタイトルは「野池学校を通じてわかったこと」です。

隔月で開催されている「野池学校を一受講者として勉強して見えてきたこと」、続いて「Behaviorだけでは住宅は売れなくなったきた」、「理科系工務店のススメ」、「理科系工務店になるために」、
「家づくりの目指す方向は工学」、そして最後に「工務店は必要なくなるという議論に立ち向かうために」で締めくくっています。

これからの時代の工務店は[理科的知識×個別対応力×設計施工力=工務店力]というビジョンを持つことが必要などなどです。

弊社は理科的知識を再度勉強して、日本一の理科系工務店を目指していきたいという思いで執筆しました。
寄稿文の内容は弊社ホームページ内でもご覧頂けます。
posted 17:57|No.959|家づくりcomments(4)
2010.11.03 Wed:「つくばのLCCM住宅」
 昨日は、つくば市の建築研究所の敷地内に建てられているLCCMモデル住宅実験棟の見学に行って参りました。

 私と設計の田村、井田の3名で環境委員会のルートで申し込み、参加しましたが、その他いろいろなルートで150人程の方が参加、大手ハウスメーカーやインフラ関係企業の参加者が多かった様です。

 一工務店がこの場へ行けただけでも希少価値がありますね。

さてLCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)とは、住宅の長い寿命の中で建設時、運用時、廃棄時において、できる限り省CO2に取り組み、かつさらに太陽光発電などの再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時などのCO2排出を含め、生涯でCO2の収支をマイナスにする住宅のことです。

 弊社が取組んでいる自立循環型住宅の基準レベルは、2000年前後に建てられた普通の家と比較してCO2を50%削減することですから、簡単に言ってしまえば、LCCM住宅は自立循環型住宅の親分のようなものです。

自立を深めていって、最後は足りない部分を太陽光発電に頼るというロジックですから、結局は屋根に太陽光発電装置を8KWも載せなくてはなりません。

東京の狭小敷地で建てる家に8KWを載せるのはまず無理ですから、向こう3軒両隣の屋根も借りなくてはなりませんね(笑い)

また現在のところ、コストアップが大きすぎ、国民住宅になるまでにはさらなるイノベーションが必要だと感じました。
posted 11:14|No.960|省エネ技術comments(0)
2010.11.04 Thu:「エコポイントとヤマダポイント」
 先ほど、所用でヤマダ電機池袋総本店へ行って参りました。

エコポイントが今月で事実上縮小ということで平日にもかかわらず休日のような混雑。

エコポイントの対象商品の大型画面TV売場は、レジの前に長蛇の列ができていました。

そこで見つけたのが添付のチラシです。

つい最近、オール電化リフォームに参入を発表したばかりのヤマダ電機。

いつのまにかタマちゃんともすっかり仲良しになっていたなんて・・・、驚きです。

このリーフレットをよく読むと、既にタマホームの展示場へ訪問、電話、ハガキ、e-mail等で資料請求をしている方は対象にならないようです。

 はじめて展示場へ行く方は、ヤマダ電機へ先に行き、このチラシをもらわない、且つタマホームで家を建てないと9万ポイントはもらえないようなのでご用心です。


posted 17:30|No.961|日々のできごとcomments(0)