・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

454442
<< 2011年 4月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2011.04.13 Wed:「オーダーキッチン.JP」
 昨日はオーダーキッチン.jpの総会が、弊社のekreaショールームで行われました。

大阪、浜松、京都、長野、広島など全国のあちらこちらから集結し、今後のオーダーキッチン普及活動について話し合いました。

 昨年は日経リフォームフェアに共同出展するなど、少しづつ活動を始めていましたが、今後はさらに取組みのスピードを上げようというものです。

 今回の会合の参加者は西日本方面の方が多かったためか、とにかく普通に日常を生きようと力強い言葉を戴きました。

懇親会は久しぶりにAOI NAPOLIで行いましたが、こちらも皆さんに気に入って戴いたようです。

 余震や原発事故の後始末が続く中、西日本の皆さんが集まってくれたことに感謝です。

 合言葉は「日常に戻ろう!」でした。
posted 09:21|No.1077|日々のできごとcomments(0)
2011.04.14 Thu:「ほんまや」
 写真は大阪市水道局が発売しているほんまやという水です。

オゾンと活性炭で高度浄水処理水を加熱殺菌した上で、ペットボトル(500ml )に詰めたものです。

私もekreaの業者さんから一本戴き飲みましたが、さすが大阪、関西人魂です。

さて、福島原発事故の影響に関する異論反論です。

事故は不可抗力か?人災か?  

とても難しい事ですが、私は人災に近いと考えています。人災と言うより組織災というべきでしょうか?

 私も大手メーカーに在籍していたことがありますが、正直言ってFeasibility Studyからすべてが始まっているからです。


Feasibility Study([F/S]フィージビリティ スタディ)=企業化可能性調査 のことで、投資する企業がそのプロジェクトに投資、財務、経済面の評価を与え、 最終決定を行なうに足りるかどうかを評価するものです。
 
工務店の場合には、原価自体は外注費が多いため、それほど複雑にはなりませんが、工場や設備を所有するメーカーには優秀なF/Sの達人が大勢います。

 マーケティングや工場建設・設備など製造原価などを徹底的に詰めて、事業化できるか否かの可能性を探る気が遠くなるような作業をするのですが、ここで実は大変な読み違いを引き起こすことがあります。

 それが想定というやつです。

事業採算を考える時に売値が決まっている場合、初期投資を圧縮するのが当然ということになります。

 例えば原子力発電を造る場合も同じで、巨大津波を想定すれば当然建物などへのコストが膨大に膨らみます。

 であれば、「津波はそうそうないだろう?それより震度7の地震に建てられるコストで良いのではないか?」

 このようなことが組織で想定を議論した場合に起り得るのではないでしょうか?

言いかえれば数字の持つ魔力ですね。


posted 11:54|No.1078|日々のできごとcomments(0)
2011.04.15 Fri:「Once upon a time」
 Once upon a timeを日本語で言いますと、昔々あるところに・・・という意味に使います。

写真はまさに湯島にある「Once upon a time」という100年以上前に建てられた蔵を利用した、barです。

 実は学生時代からの知人が、同じ湯島に蔵を所有していてその蔵の改造や補強の打合せのために昨日行って参りました。

 こちらの蔵は写真の蔵の立地とは少し違い、接道していませんので改修するとなってもいろいろ問題がありそうでした・・・。

 それでも約100年の間に、関東大震災や東京大空襲をくぐる抜けて来たわけですから大したものです。

 写真の蔵とカタチも良く似ていますが、中は木造の3階建てになっていて、今では手に入れることが難しい大きな梁が表しになっていました。

また、耐火金庫の扉のような重厚な鉄扉の取手は、昔の火災で溶けた痕跡があり、とてもレアな感じを醸し出していました。

写真と同じように瓦屋根が破損していて、とりあえず弊社でブルーシートを掛けています。

何とか保存したいものですね・・・。
posted 11:57|No.1079|日々のできごとcomments(2)
2011.04.16 Sat:「SOWE design プロジェクト会議」
昨日は赤坂NCN本社でSOWE design プロジェクト会議に出席してきました。

今日は田鎖社長は急な出張が入り、生憎不在でしたが、何とか会議は順調に進みました。

会議を重ねる度に製品開発やシュミレーションソフトの準備などが整ってきています。

5月にはプロジェクトの試金石となるチャレンジ25ロハス展に協賛が決まっており、会場となる新宿御苑に実物大のSE構法の家を展示します。

弊社が建て方など施工面のお手伝いをします。

参創ハウテックのことだけではなく、SE構法のネットワーク全体が盛り上り、さらにコアな工務店が供給する自然エネルギーと共生可能なパッシブハウスが全国に増えていけば、日本の住宅産業やエネルギーインフラだけに頼り切らない快適で省エネに向かう暮らしが実現するようにと大きな願いを持っています。

posted 14:50|No.1080|家づくりcomments(0)
2011.04.18 Mon:「お年寄りの原宿」
 写真は巣鴨地蔵通り商店街の写真です。

とげぬき地蔵尊(高岩寺)が有名で、お年寄りの原宿と言われている場所でもあります。

地蔵通り商店街には結構楽しめるお店もありますので、一度足を延ばしてみてはいかがでしょう?

Around 50の方ならあと30年楽しめます(笑)!

 若い方々は巣鴨と聞いただけでどん引きの可能性がありますが、巣鴨の駅周辺は文京区駒込(鳩山邦夫氏の自宅もあります)などの瀟洒な住宅街などもあり、ちょっとばかり山の手の雰囲気を醸し出しています。

また少し足を伸ばせば、青山霊園と並ぶ(?)染井霊園や六義苑などもあり、ちょっとした散策コースになっています。

会社とそう遠くないところにも結構楽しいスポットがあるもです。


 
posted 09:50|No.1081|日々のできごとcomments(0)
2011.04.19 Tue:「海外アーチスト来日公演」
 日本の現状を海外ではどのように捉えているのでしょうか?

ニュース番組を見てわかるのは、どうも日本全体が原発事故の影響を受けていると誤解されているようで、被災地から離れた地域から輸出される工業製品にまで、放射線量のチェックが入ったり、闇雲に規制を厳しくしたりと情報が錯綜しています。

 そのような中、震災直後にシンディー・ローパーが東京公演を予定通りこなしてくれて感謝!

そして昨日はMR.BIGが盛岡市で公演しました。

 震災地の本当の復興はこれからですが、まず少し離れた地域が通常に戻ることが大切です。

そのような状況下で海外アーチストが来日し、しかも被災地の復興を願う曲まで作り、歌ってくれるのは本当にありがたいことだと思います。


posted 11:25|No.1082|趣味についてcomments(0)