・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

402462
<< 2017年 8月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
2017.06.26 Mon:「ARPEGGIO−アルペジオ−公開しました」
 軽井沢建築社のホームページに続き、参創ハウテック本社のHPにも「ARPEGGIO」を掲載しました。

 全国の工務店さんからも熱い視線で注目されています。

 デザイン×温熱環境×IOTの技術が詰まった建築です。

 軽井沢へお越しの節は、お立ち寄りください。
posted 18:48|No.2171|日々のできごとcomments(0)
2017.06.21 Wed:「大規模木造」
 森林保護・林業再生などの目的から大規模木造建築が増えてきています。

 たとえば高齢者施設、学校、特定行政庁の庁舎、さらに大規模施設など木造建築になるケースが増えてきています。

 大規模な木造建築では、鉄やコンクリートと同様に正確な構造計算・強度計算が必要となりますが、天然の木材は材料として均一でないため、計算が難しいのです。

 そのような問題を工学的な手法によって強度性能を保証する工程を経た木質建材「エンジニアリングウッド」を用いて解消し、適切な構造計算・強度計算を可能にしたのです。

 写真は旧軽井沢にあるSAWAMURAというベーカリーレストランです。
 この建物は、僕が愛するSE構法でできています。
 大きな吹き抜けが気持ち良いですね。

 何とNCNの田鎖社長も始めて訪れたようです(笑)。

posted 12:49|No.2170|日々のできごとcomments(0)
2017.06.20 Tue:「レイモンド夏の家」
 仕事の都合で毎週のように軽井沢へ出かけます。

 昨日はSE構法のメーカーNCNさんの田鎖社長が当社のコンセプトモデルに来場されました。
 着工時にも来ていただきましたので、およそ9ヶ月ぶりです。

 建築大好きな社長と軽井沢タリアセンにあるレイモンドの夏の家を見て来ました。

posted 23:58|No.2169|日々のできごとcomments(0)
2017.06.13 Tue:「建具もデザイン次第」
 写真は軽井沢コンセプトモデルの引き込み建具ですが、色々なガラスをケイムで組み合わせることで、オブジェのようにデザインアクセントになるものですね。

遊び心が満たされます。

 さて軽井沢コンセプトモデルはとても好評です。

デザインもそうですが、こだわりの温熱環境とスマホによる制御も新しいようです。

 地元の不動産会社はもちろのこと、別荘を求めるお客様からも賛同いただいております。
posted 19:02|No.2168|家づくりcomments(0)
2017.06.09 Fri:「富士見高原」
 この一年は八ヶ岳集いの山荘を訪れることがめっきり減りました。

 軽井沢建築社の立ち上げで、どうしてもそちらよりに行動が集中します。

それでも野池さんとの年に二度の合宿が先週ありました。

写真は富士見高原の天空のカートに乗り、頂上付近からの眺望です。
posted 08:02|No.2167|日々のできごとcomments(0)
2017.05.29 Mon:「デザインキッチンの新しい選び方」
 本間美紀著「デザインキッチンの新しい選び方」(学芸出版社)が上梓されました。

ekreaキッチンの取材記事も数多く書かれています。

 そう言えば執筆者の本間さんとも、彼女が雑誌社にいた時からですからかなり長い付き合いになります。

 ここのところお互いに忙しくてお会いしていませんでした。

 いつも最新情報を持っていて、間違いなくこの業界のカリスマ的存在です。

 この度の書籍の中では、ekreaキッチンの塩田店長の言葉を引用してくださり、ありがたいことだと思います。
posted 15:22|No.2166|日々のできごとcomments(0)