・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2012年 10月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
2012.05.14 Mon:「高鼻の草刈り」
昨日の午前に所用で高鼻の家を訪問。

丁度、義理の父が外へ出て、庭の手入れをしていたため、見て見ぬ振りはできずに私も少しだけお手伝いをしてきました。

 5年前に植えた黒竹は、高く育つと上部は枯れてしまい、どうも横に広がっていく傾向があるようで、見つけられる限り剪定してきました。

 それにしても竹の勢いは凄いですね。

今年は庭に植えているヤマボウシも1週間遅れで、緑の葉が元気になっていました。

異常気象の合間をぬって、新緑がまぶしい季節になりました。
posted 15:55|No.1350|日々のできごとcomments(0)
2012.05.18 Fri:「最近ブログをさぼり気味ですが」
 昨日は練馬のお客さんの地鎮祭に参列してきました。

今の季節は一年中で最も清々しい時期ですが、夜中に雷が鳴ったり、突風が吹いたりと少しおかしな天候が続いています。

ブログ更新が等閑になっていますが、連休明け1週間を過ぎてから大変忙しくしております。

期待する部品販売事業の件で、東奔西走の毎日です。

一昨日は鎌倉、本日も長野へこれから出張です。
posted 09:12|No.1351|日々のできごとcomments(0)
2012.05.19 Sat:「仕事で長野へ」
 昨日は、弊社のパーツ販売事業の仕事で長野方面へ出張してきました。

キッチンの面材に使用するパネルやその他の部品関係の提案と、弊社の外注工場として依頼が主な仕事です。

 最近では建築不況が相俟って名の通ったキッチンメーカーが廃業や統合するなど、全く業界に元気がありません。

 INAXとTOSTEMが合併しリクシルとなり、さらにサンウェーブも統合されるなど、量も求めるキッチンメーカーがどんどん衰退してきているようです。

 日本からどんどんモノづくりが失われるようで淋しい気持ちになりますね。

さて、写真はついでに立ち寄った原村の別荘地ですが、300坪の敷地にあった赤松やカラマツを伐採して、見晴らしが良くなっていました。

海抜1300メートルの地域ですので、外は肌寒く感じました。
posted 11:11|No.1352|日々のできごとcomments(0)
2012.05.21 Mon:「金環日食」
 金環日食で日本の太平洋岸地域が湧きましたね。

最も綺麗なリングになる午前7時半頃は、少し暗くなり、肌寒くなった感じがしました。

 世紀の天体ショーはいろいろ報道されていますが、金環日食にまつわる話はいろいろあったようです。

寿永2年(1183年)11月17日、備中国水島で、足利義清・海野幸広率いる木曽義仲軍と平重衡・通盛軍との源平合戦がありました。

「源平盛衰記」によると、

「天俄かに曇りて日の光も見えず、闇の夜の如くになりたれば、源氏の軍兵共、日蝕とは知らず、いとど東西を失ひて、舟を退けて、いづちともなく風に随つて逃れ行く。平氏の兵共は、かねて知りにければ、いよいよ鬨を造り、重ねて攻め戦ふ。」

合戦の最中に金環日食が起き、源氏側は太陽が欠けていくとパニックになりましたが、平家はそのことを予め知っており、大勝したといいます。

また、もうひとつ話題になっていたのは、1990年にリリースされたドリカムの「時間旅行」という曲の歌詞に、

・・・指輪をくれる?ひとつだけ 2012年の金環食まで待ってるから・・・

22年前にこの詩を創造して書いた吉田美和さん、恐るべしですね!


posted 10:14|No.1353|日々のできごとcomments(0)
2012.05.22 Tue:「BB研究会、ゼロエネ補助金セミナー、そして東京の家づくり」
 昨夜は南雄三さん主宰のBB研究会のセミナーに出席。

ゲストは建築家の方の省エネセミナーでしたが、原発反対の持論の展開から始まり、ちょっと自論が目立ち、少し引き気味で聴いてきました。

 南さんの話は最高に面白いのですが・・・(残念)

今日は工務店向けのゼロエネ住宅助成金のセミナーがあり、そちらに参加。

上限165万円、1400枠が見込まれていますが、温熱等級地域区分が8つありますので
1地域の割振りが160棟。

 何でも応募が多い場合は、エネルギー削減率の高い順番に採択していくとのこと。

そうなると、太陽光発電をたくさん載せた方が勝ちという構図になってしまい、ゼロエネというより、太陽光発電普及活動のような事業ではないかと、落胆してしまいました。

 特に東京は準防火地域が多く、サッシの防火性能への対応から省エネ性がないがしろにされ、さらに法的条件をクリアするために、屋根の向きが北側になる可能性が大。

 折角、省エネのスキルを磨いてきたのに、それを活かすチャンスとなかなか遭遇しません。

 それでも我慢、我慢、必ず活かすチャンスを見つけます。


posted 16:12|No.1354|家づくりcomments(0)
2012.05.24 Thu:「建て主様からの感謝状」
 建て主さんから請負いの仕事を戴き感謝する、実際にお金を支払って戴く建て主さんは、真面目にしっかりした良い家を建てた工務店に「ありがとう」とお礼を言う。

 理想の家づくりですね。

 弊社を設立して15年が経過しますが、結局家というのは「住んでナンボ」だと思います。

 住んでナンボ?というのは、「暖かい、涼しい、心地よい、安心できる」などや、ちょっとしたことがあった時にしっかりメンテナンスすることができる、ではないでしょうか。

 戴いた感謝状は、弊社の現場監督の早川の属人力による賜物ですが、参創ハウテックが一企業として、しっかり家守りを続けられるように、さらに努力しなくてはなりません。

 手作りの感謝状を戴き、本当に励みになりました。

建て主さん、ありがとうございます。


posted 15:17|No.1355|家づくりcomments(0)