・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2012年 10月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
2012.05.25 Fri:「安全大会」
 昨日は会社の安全大会があり、70社以上の協力業者が集まりました。

現場作業における無事故、無災害を願い、皆さん真剣に話を聴いていました。

 冒頭は私から、会社の経営概況や市場環境についての話、次に弊社の永井部長から安全スローガンの発表。

 次に労働安全コンサルタントの榎本氏の1時間の講義がありました。

講習後は、楽しみな懇親会があり、職人さん同志の交流。

このような交流が良い家を創るためのエネルギー源になります。

 今年度も現場の無事故を願い、リスクアセスメントを徹底しましょう。
posted 15:38|No.1356|家づくりcomments(0)
2012.05.26 Sat:「辰巳 渚さんとの暮らす技術セミナー」
 「捨てる技術」が大ベストセラーになった家事セラピストの辰巳渚さんを特別ゲストとしてお招きしたセミナーが本日リクシルショールームでありました。

 利便性だけに囚われず、普段着で、自然体で、70%程度の完成を目指してリフォームや家を建てるのが適切と辰巳さんの弁。

 最後はトークディスカッションのカタチで、来場者の方々からも質問を受けて、それぞれの観点から、大変盛り上がりました。

 特に本日は女性の参加者が多く、私なりにも大変勉強になりました。


posted 17:35|No.1357|家づくりcomments(0)
2012.05.28 Mon:「大阪と名古屋方面へ出張」
今朝は6時過ぎに会社に着き、6時40分には東京駅にいました。

部品販売の営業活動と商品開発の仕事で出張のためです。

今月から来月に掛けて出張が多くなりそうです。

では、行って参ります。
posted 07:40|No.1358|日々のできごとcomments(0)
2012.05.30 Wed:「内容が濃い、実りある出張でした」
 一昨日から昨日にかけて、大阪・岐阜方面へ出張してきましたが、内容の濃い、有意義な仕事ができました。

 一日目の大阪は照明器具メーカーと弊社と親交が深くオーダーキッチンを手掛けるJPコーポレーションの藤田社長。

 照明器具メーカ−のご担当者のご意見は大変参考になりました。また藤田社長も元気一杯で頼もしく思えました。

 昨日の岐阜はタイル工場やキッチンメーカーさんを廻りましたが、とても前向きな良い話になりました。

 特にタイルの方は、共に市場開拓しようと強い意志で繋がった気がします。

 政治不信、欧州経済不安、極端な円高、国内市場の縮小など何かにつけて閉塞感が漂う中で、「やるぞ~!」という明るい話は、勇気づけられます。

また、キッチンメーカーさんの工場の試作品キッチンは、北欧テイストでなかなか良い出来栄えでした。

弊社はスクエアシンクを納入予定です。

打ち合わせには工場長を始め、多くの方々に出席戴き感謝です。

写真は途中で少しだけ立ち寄ったセラミックパーク美濃で撮影した展示物です。

posted 15:18|No.1359|日々のできごとcomments(0)
2012.05.31 Thu:「東電の値上げ」
 皆さんのご自宅にも同じような書面が届いていると思いますが、私の自宅にも届きました。

徹底した経営合理化

 税金を注入しているのですから、見える化して欲しいですね。

火力発電の燃料費が増加

 一時的には仕方ありませんが、将来のビジョンを持って欲しいですね。

やむを得ず料金値上げ

 競争が無い世界は羨ましい限りですね。

インフラやエネルギーに関わる問題は、すべての会社の経営や消費者の経営に関わりますので、やはり将来のビジョンが必要です。
posted 13:59|No.1360|日々のできごとcomments(0)
2012.06.02 Sat:「地域住宅ブランド化事業提案と拙著の話題」
 拙著「住まう人がわかる家づくり」の書評がリビングアメニティ協会発行のALIAと言う機関誌に掲載されました。

 ベターリビングの方々ありがとうございます。

さて、このところは標題の地域住宅ブランド化事業提案書作成に絡んで忙しくしています。

ひとつは弊社が代表提案者になる首都圏版(SE構法)と山長商店さんの紀州材ブランド提案の2提案です。

 TO−IZの先導事業提案も3年連続採択され、何度もチャレンジしてきましたので、打合せをしている間にどんどん頭が回転してきます。

 結構良い提案書になりそうです。

SE構法の首都圏版は、NCNの中川部長が孤軍奮闘して頑張っていますので、彼のやる気に背中を押され、私なりにサポートしています。

 また、山長商店さんの紀州材ブランドの提案は、対称的に社長、副社長、モックの専務というように会社を挙げて、要は榎本一族と滝口さんと私で激論をしながら纏めています。

 締切は6月8日ですので、残り僅かな時間を惜しまずに頑張ります。
posted 13:55|No.1361|家づくりcomments(0)