・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

419066
<< 2018年 8月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
 
2017.12.16 Sat:「SE構法のFフレームと断熱カバー」
 今週建て方が完了した耐震構法SE構法の現場写真です。

 ちょうど駐車場部分を支えるラーメンフレーム(強度が壁と耐力壁同等)Fフレームを写しました。
 基礎の精度といい、美しい出来ですね。

 さらに大型の柱脚金物の中に白く写っているのは、参創ハウテックオリジナル断熱カバーです。

 正直言いまして、ここまで考えて施工する登録店は他にありません。

 これは大型金物を使うSE構法の唯一の欠点であるヒートブリッジを防ぐためです。
 金物が冷気に触れると結露するので、構造劣化につながらなくするための措置です。

 ここまで考えて行動にうつすことで、良い家ができるのです。

posted 10:15|No.2204|家づくりcomments(0)
2017.12.04 Mon:「建築知識ビルダーズに掲載されました」
 先月初めにお引き渡しが完了した「目黒の家」(設計:堀部安嗣さん)が、建築知識ビルダーズという住宅誌に掲載されました。

 巨匠堀部さんの意匠デザイン、温熱環境(パッシブ冷暖)、公園の借景といい、どれをとっても珠玉の家です。

 新建築住宅特集にも掲載が予定されていますが、温熱環境という目に見えない別の切り口からの取材で掲載されていました。

 参創ハウテックのパブリシティ情報

posted 13:44|No.2203|家づくりcomments(0)
2017.12.02 Sat:「東京家づくり工務店の会の定期会合」
 昨日(12/1)は東京家づくり工務店の会(TO-IZ)の定期会合。

 空家対策の一環として取り組む「街ごとリノベ」の代表理事荒川さんを囲んでの会でした。

 まずは、ここまでの進捗状況、さらに今後の取り組みについてTO-IZメンバーからもいろいろな意見が・・・・。

 空家≒放置住宅に陥る前の対策が極めて大切だという意見が出ていました。

 会合の後は、TO-IZ忘年会。
 お酒の力も借りながら無礼講トーク、本音トーク。

 それにしても皆さんはいろいろな情報を持っていますね。

 ひとまずTO-IZはこれで年越し出来そうです。

posted 13:49|No.2202|家づくりcomments(0)
2017.11.20 Mon:「税と経営」
 11月13日(月)発行の「税と経営−Tax & Management」に取材記事が掲載されました。
 昭和36年発刊の税務・労務・経営の総合情報専門誌です。

 「経営アドバイスに役立つ企業の高付加価値化事例」ということで、弊社の取組みが事例として紹介されています。

 2ページのスペースながら、弊社の事業について簡潔にまとめて頂きました。

posted 17:34|No.2201|日々のできごとcomments(0)
2017.11.14 Tue:「満足度120%の家づくり」
 弊社が所属する工務店ネットワーク「つくり手の会」特別編集号の第2弾が11/9(木)に発売されました。

 「あなたの地域の実力派工務店が建てる!満足度120%の家づくり」というタイトルです。
 住宅誌「住まいの設計」の特別編集号として扶桑社より発行され、全国の書店で販売されております。

 地域の実力派工務店が設計施工して建てた住宅実例を19件掲載、幸せな家づくりに成功した建て主さんの暮らしが紹介されています。
 また、温熱環境の第一人者である「住まいと環境社」の野池政宏氏に、パッシブデザインの解説記事を監修して頂きました。

 これから家づくりの計画を進めるかたにおすすめの一冊です。
 ぜひご覧くださいね。

 Amazonでもご購入いただけます。

posted 14:34|No.2200|家づくりcomments(0)
2017.11.08 Wed:「八ヶ岳とんぼ返り」
 一昨日の夜出発で昨日の昼間まで八ヶ岳の現場へ。

今年は悪天候ばかりでしたが、ようやく晴天続き。

黄金色の針葉樹林は見事でした。
posted 16:52|No.2199|家づくりcomments(0)