・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2010年 11月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
 
2010.07.20 Tue:「むくげの花」
 昨日、高鼻の家に行った時に撮影したムクゲの写真です。

夏から秋にかけて白、紫、赤などの美しい花をつけ、 薬用のほか、鑑賞用に多くの品種があるようです。

根が横に広がらないため、比較的狭い場所に植えることができ、 刈り込みにもよく耐え、新しい枝が次々と分岐しますので、庭の垣根に利用されることもあります。

花期は7-10月で、花の大きさは5-10cmほど。

朝花が開き、夕方にはしぼんで、また翌朝開き、一重のもので2-3日。八重の長く咲くもので2週間くらい、一輪の花を楽しめます。

ただ、虫が付きやすい樹種ですので、手入れはまめにしなくてはなりませんね。

さて、今日は先導事業に関係で、ウッディーコイケさんへ出かけます。

posted 10:05|No.878|日々のできごとcomments(0)
2010.07.22 Thu:「SUMAI no SEKKEIに掲載されました」
 SUMAI no SEKKEIに弊社の事例が紹介されました。
 記事内容は地域で評判の工務店を探せ!です。

 昨年お引き渡ししました三郷の家で、設計は関連会社のカサボン住環境設計田村が担当しました。

 お住まいになって1年以上経過しましたが、まるでショールームのように綺麗にお住まいになっておられます。

 さて、連日サウナ状態が続いています。
 雨が降れば現場の工程が狂い、暑過ぎれば職人さんの作業効率が下がります。
 空の下の工場は、常に過酷な条件がついて回ります。

 良い家を造るためには、日々いろいろな気象条件と闘うところからスタートですね。
posted 16:41|No.879|家づくりcomments(0)
2010.07.23 Fri:「全国安心工務店」
 全国安心工務店関東版が発刊されました。

思えば、駆け出しの頃、書店でこの書籍を見つけ、どうすればこの本に掲載される工務店になれるのだろうか?と考え抜いた揚句に、発行元のハウジングエージェンシーへ直談判に行ったことがあります。

「弊社も掲載してください!」

 とても懐かしく思いますが、当時は(今も)必至だったのですね。

その頃から、同社の三島俊介氏とは時々お会いすることがあります。

見た感じは少し派手な御仁ですが、いろいろ御商売のことを考えていらっしゃって、実はとてもシャイな方です。

お酒を一緒に飲むと、とても楽しい方ですよ!

 そんな訳で、私が12年前の駆け出しの頃から、この書籍は思い入れがありますので、この書籍に掲載されると、ほっとします。

 安心工務店から、信頼される工務店へ・・・。まだまだ道半ばです。
posted 18:28|No.880|家づくりcomments(0)
2010.07.24 Sat:「アットホームな一家塾」
 猛暑の中にもかかわらず、第二回の一家塾に2組の建て主さんに参加して戴きました。

今日の講師は設計の田村で、テーマは住宅の間取りについてです。

アットホームな雰囲気で約1時間半の講義を終えました。

 来月の一家塾は、間違いだらけの素材選びで、講師はビーナスコート・天然スタイル土壁でお馴染みの日本エムテクスの三浦社長です。

実演もありますので、乞うご期待ですね。

さて、東京でも6日連続猛暑日で、10数年ぶりのことのようです。

 東京の夏を克服できる家づくりも大切ですね。

木陰で少し冷やした空気や、家の周りのせせらぎから冷気を送れると良いのですが、東京では土地の問題でそう簡単にはいきません。

 これだけ暑いと、やはりエアコンに頼らざる負えないですね。


posted 23:33|No.881|家づくりcomments(2)
2010.07.27 Tue:「二人のシロアリ博士?」
 昨日の夕方はシロアリとホウ酸処理の権威がある、荒川博士と日本ボレイトの浅葉さんが来社されました。

 TO-IZとしての取組みもありますので、代表理事の中里さんにも参加していただきました。

それにしても、二人の博士は、シロアリの生態や撃退方法を良く理解していて、お話にのめり込んでしまいました。

さて、今日は野池学校があり、時間が押せ押せです。

また報告させていただきます。
posted 12:27|No.882|家づくりcomments(2)
2010.07.28 Wed:「第4回野池学校」
 昨日は第4回野池学校。

家づくりの理科というテーマで、じっくり良い講義をきくことができました。

今回は若干人数も減り、約90名の参加者でしたが、急遽弊社の現場担当者も参加し、家づくりに関係のある理科の話をじっくり聞き入っていました。

 しかしながら野池さんの話は、テキストで読むとすぐに嫌気がさすような理科的な話を、とてもわかりやすく説明してくださいます。

 工務店や建築家が理科的なことも、しっかり身につけて消費者へ伝えていけば、全く根拠がない住宅にまつわる都市伝説ももっと減り、世の中にしっかりした家づくりが定着するのではないかと思います。

 頭からハウスメーカーの家や建築家の家を否定するのではなく、定量的に説明がつく家づくりが、普及してゆくことが野池さんと私のミッションでもあるわけですね。

さて、野池学校の後は、懇親会、そして二次会、さらに建築家の長谷川さんと和歌山の山長商店さんの榎本社長さんに三次会まで引っ張られてしまいました。

 とても有意義な一日でしたが・・・。
posted 16:54|No.883|家づくりcomments(2)