・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

436672
<< 2011年 4月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2010.12.24 Fri:「建築知識に・・・」
 建築知識1月新年号の木造住宅最新ディテール集に弊社が長年認めた設計と現場施工の成果でもある納まりディテール集がたくさん出てしまいました。

しかもDXFのCADデータ付きです。

いろいろ悩みましたが木造住宅の進展に繋がればという思いで、大判振る舞いです(笑)

これは弊社が木造の品質にこだわった成果物ですので、真似する方がいらっしゃる場合は、しっかりした施工もお願いします。

 それでも弊社の基本納まりが本になること自体はきっと良い事なのでしょうね。(汗)
posted 19:27|No.999|家づくりcomments(0)
2010.12.25 Sat:「OBのお客様訪問と山長商店さんの説明会」
今日は今年の春先にお引き渡しをした練馬区のお客様宅の写真撮影とご挨拶にお邪魔して来ました。

お引渡しのタイミングと私の予定が上手く折り合わなかったため、またお客様の都合もつかず、とうとう年末になってしまいました。

実はお客様は大のオーディオファンでして、今日はじっくりご趣味のお部屋で音楽を堪能させて頂きました。

まるで音楽ホールか映画館のような音響に驚きでした。

特にビル・エバンスのCDと美人JAZZボーカリストのダイアナ・クラールのDVDは最高でした。

おまけにダイアナのDVDまでプレゼントして頂き、本当にありがとうございました。

 午後は紀州材で有名な山長商店さんが採択された長期優良住宅先導事業の緊急説明会のお手伝い。

約100人近い工務店さんが集まりましたが、私からは申請や実積報告について説明させて頂きました。

こちらは山長商店の榎本社長の熱意と利他心でご協力させて頂いていましたが、本日を持って私の役目は概ねケリがつき、任務完了です。

今回の採択事業は3月末着工が条件になり、時間的にもタイトですが、今後は同社のスタッフの皆様が力を合わせ、対応して頂ければと存じます。
posted 22:48|No.1000|家づくりcomments(2)
2010.12.28 Tue:「なかなか納まらない仕事納め」
 本当なら今日で仕事納めのはずでしたが、今年に限ってなかなか仕事が終わりそうにありません。

 現場の方は明日までフル稼働のようで、例年のような年末を迎えることが出来ない状況です。

忙しいのは何よりですが・・・。

ところで昨日はINAX・サンウェーブマーケティング銀座の8階ホールで、講演をして参りました。

タイトルは「今時の工務店が考えている家づくりの方向性〜長期優良住宅・省エネ・エコハウスを紐解く」です。

セミナーに集まったのは同社の社員の皆様で、工務店のおっさんの話を聞いてみたいと70名ほどの営業最前線の方々が集まりました。

 国の政策や今後の工務店の将来像など得意な省エネの話を交えながら、約1時間半に渡り講演させて戴き、皆様とても熱心に聞いて下さいました。

そして講演終了後は、質問コーナー・・・。

 若い営業の方からベテランの方までユニークな質問ばかり。

答える私もド真剣にお答えしたつもりですが、どのように感じて戴いたのでしょうか?

気になるところですね。

それにしても同社の方々は団結力も強く、笑いあり、真剣さありのとてもアットホームなセミナーになりました。

 


posted 18:15|No.1001|家づくりcomments(2)
2010.12.29 Wed:「年末のお引き渡しやらその他諸々・・・」
 「木の家リフォームを勉強する本」。この本はMOK-MSD代表で岐阜森林アカデミーに客員教授でもある三澤文子さんがコーディネートと執筆をした本です。

多分、いろいろなリフォーム本が出版される中、木造改修の中身の深さでは最高傑作だと確信しています。

 三澤さんは住宅医ネットワークを立ちあげ、弊社の阿式がそのメンバーということもあり、巻末の情報源1にある全国の木の家リフォームの達人のリストに入りました。

この本は、世の中のリフォーム工事の趨勢になっているただ単に新しい部品や内装に交換する表面的改装ではなく、木造住宅の耐久性や寿命を最大限に引き出し、且つ耐震性能や温熱環境を定量的に捉えて暮らしを向上させるリフォームです。

 このような取組みは百鬼夜行、看板さえ掲げればリフォーム屋という存在とは全く対極の本来のあるべき姿のリフォームです。

木造のリフォームをお考えの方には是非一読して戴きたい本の一冊ですね。

さて年末も本日で現場も一段落し、明日からは現場も正月休みに入ります。

例年ですと正月ぐらいはゆっくりしたいところですが、6日からは現場が一挙に動き始める予定です。

posted 16:08|No.1002|家づくりcomments(0)
2010.12.31 Fri:「本年もお世話になりました」
 今年は東京の新名所「スカイツリー」の工事の進捗状況が話題になり、建築の力を改めて知る良い機会になりました。

 どんどん高くなるにつれ地元の方々はもちろん、昭和の東京タワーへ夢を馳せたように心が躍ったのは私だけでしょうか?

 あちらこちらからの街から見えるスカイツリーは原風景を変えて行くのでしょうね。

さて、世の中は今年もいろいろなことがありましたが、政治にこんなに失望したのも私は初めての経験でした。

 世の中を変えること、正しいことをすること、もちろん大切ですが政治は中途半端と八方美人では済みません。

 来年は非難を恐れない真のリーダー出現に期待したいものです。

そして記録を塗り替える異常気象。

 竜巻や突風、さらに記録的豪雨が多く発生しました。被害にあわれた方は本当に気の毒です。

 一日も早い復興をお祈りします。

仕事面では多くの建て主さんに出会えたこと、とてもうれしく思います。

私達の仕事は、お客様の笑顔をつくることです。素晴らしい建て主さんに出会えたおかげで本当に良い年になりました。

また、野池さんの依頼によりお手伝いした野池学校。

東京校だけで6回行い、毎回100人程の受講生が、延べにすると190人の設計事務所や工務店の方々に参加して頂きました。

工務店全体のスキルアップという野池さんのライフワークに共鳴して協力させて頂いたつもりでしたが、心ない(相変わらず考える力が芽生えない)一部の工務店からは、非難や誤解があったようで、寂しい限りです。

顔で笑って心底は「じゃあ、オメェがやってみろ!」という気持でいっぱいですが……

まぁ、いろいろありましたが、今日でリセットして来年も頑張ります。

今年お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。


posted 18:07|No.1003|日々のできごとcomments(0)
2011.01.01 Sat:「明けましておめでとうございます!」
 あけましておめでとうございます。

旧年中は誠にお世話になりました。

本年も倍旧のご愛顧のほどお願い申し上げます。

長引くデフレ不況、住宅業界も決して明るい年とは言えませんが、一意専心、流汗悟道の精神で頑張ってまいりますので、お力添えをいただけれと存じます。

住宅事業におきましては、より省エネや温熱環境を重視した家づくりに特化し、日本一高い省エネ技術の工務店を目指します。

社員一同力を合わせ努力する所存ですので、何とぞよろしくお願い申し上げます。
posted 16:54|No.1004|日々のできごとcomments(0)