・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

457209
<< 2010年 11月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
 
2010.08.05 Thu:「いよいよ日本もアメリカ並みに!」
 新聞に「偽装表示に課徴金、政府が12年目途に法制化」という記事が掲載されていました。

現行の景品表示法をもっと厳格にして、偽装表示をおこなった企業から利益を没収する内容のようです。

 悪徳業者を取締る法律のはずが、米国のように乱訴社会にならないか少々不安を抱く話です。

昔の日本人は今よりも懐の広さがあり、自己責任の世の中でしたが、最近は権利ばかりが注目されて、バランスの崩れた世の中になってきました。

 法律は秩序や道徳を守る道具ですから、まずはこの道具を使う前に間違いを正し、話し合いやお互いに理解することで、解決できることはするべきだと考えています。

 消費者保護は大変良いことですが、社会形成の意味から自己責任も忘れてはいけません。
posted 10:12|No.890|日々のできごとcomments(0)
2010.08.06 Fri:「関西出張」
 昨日は朝から三上プロジェクト。
 三上さんとお会いするのも二週間振りです。
 三上さんも引く手数多で、最近コンサルを請負う工務店やハウスメーカーが激増し、スケジュール調整が難しいようです。。

 私の周囲にいる方々がブレイクするのは、大変ありがたいことですね。

 久し振りに関西に出張していますが、色々と気付かされることがあります。

 忙しさにかまけて見て見ぬ振りをしていただけで、特にekrea事業においては、思わぬライバルが出現しているようです。
 唯我独尊ではダメですね。
 やはり常に初心忘るべからずです。

 また、JPコーポレーションが運営するKobe Styleの藤田社長とお会いしてきましたが、いろいろな話を聞く事が出来ました。

 彼自身が元気でやっているのは勿論のことですが、外からどの様に感じ、思っているのか、さらに見ているのか?とても参考になりました。
 弊社も、先駆者としてのプライオリティに甘んじていては駄目だということが良くわかりました。

 夜の部ですが、広島出張から戻ってきました野池さんと新大阪で合流し、深夜まで語り合っていました。

 いつも思うのは、野池さんは本当に引出しが多い御仁だという事です。
 また、社会的な使命と言いますと少し大袈裟ですが、野池さんと話をしていますと、それに近いモノを感じます。

 久々の関西でパワーを貰っています。

 余計なことですが、大阪は東京よりも暑いですし、公共施設のエスカレーターが東京よりも少ないようです。

 関西は暑い!関西人はさらに熱いですね。


posted 09:24|No.891|家づくりcomments(0)
2010.08.07 Sat:「大阪の野池学校」
 昨日は18時20分新大阪発の新幹線に乗りましたので、東京に着いたのはちょうど21時頃になりました。

 大阪で受講した野池学校は、少し東京とは雰囲気が違っていて、一言で表現すると東京はアカデミック、大阪はアットホームという印象でした。

 会場の違いもあるようですが、何となく違っていました。

 つくり手の会ではデザオ建設の上林さん、さらに福田工務店さんは社長を含め3人で参加されていました。

 他にも自立研のメンバーなど、知り合いが多数参加されていてあっという間の4時間でした。

 講義の内容は東京とほぼ同じでしたが、それでも楽しい余談が結構ありましたので、また違った聞き方をできたと思います。


8月28日(土)には一家塾

9月4日(土)にはTO-IZのセミナー

9月12日(日)には完成見学会があります。




posted 09:44|No.892|日々のできごとcomments(0)
2010.08.09 Mon:「夏の上棟式」
 先週の土曜は渋谷区のお客様の上棟式。

地下室もありますので、ここまで来るのに2カ月ほどかかりました。

これからしばらくの間、お盆休みを挟み大工工事が続きます。

さて、先日取材がありました東洋経済の記事ですが、メインの話題は、TOTO、大建工業、YKKAPの3社連合がメインで、オーダーキッチンの扱いはごくわずかでした。

 当たり前ですが、住宅雑誌ではありませんので同誌の読者のことを考えると、オーダーキッチンネタでは記事にならないですよね。

でもTOTOの方に聞いて、弊社へ取材に来られましたので、業界では名が売れているのでしょう。

トーヨーキッチンとオーダーキッチンがハイエンド、TOTO・・クリナップ・タカラなどがミドルエンド、ニトリ・IKEAなどがローエンドと紹介されていました。

パナソニック電工は、ハイエンドとローエンドの2正面作戦のようです。

どの業界でも売上低迷が続いていますので、建材・住設メーカーも売上シェア確保に大変なようです。
posted 16:42|No.893|日々のできごとcomments(0)
2010.08.10 Tue:「暑中見舞い」
 OBの建て主様から戴きました暑中見舞いのお葉書やメールなどを、会社の掲示板に貼っています。

 このように皆さまから戴く文章の行間から、何となくお暮らしぶりが伝わってきますし、とても仕事の励みになります。

 私は参創ハウテックの経営者として、時々ですが、会社は誰のためにあるのかということについて自問自答することがあります。

 その答えは、会社の経営理念にも掲げていますように、社会から必要とされる価値貫徹企業を目指して日々努力していますので、一番目は会社はお客様のためのものであり、二番目は社員のためのものだと考えています。

 モノ作りをする会社を経営していると、お客様との絆の大切さに改めて気付かされますね。

さて、先月発刊されましたWebマガジン A house of Collaj 8月号がアップしました。

今回の特集は能登と創建舎の中里さんの特集です。


 
posted 14:56|No.894|日々のできごとcomments(0)
2010.08.11 Wed:「緊急ミーティング」
 数ケ月前に取得した温熱環境等級4(次世代省基準レベル)を、さらに使いやすくするために、再度8月末の申請を目指し、作業を進めることにしました。

 噂によりますと、認定機関の申請料金が9月から値上げするとのこと。

それを聞いて、緊急ミーティングになりました。

昨年新省エネ法が施行され、新しく住宅の省エネルギー基準の解説本が発刊されました。

その基準を再度検討し、使える型式にするためのミーティングです。

 申請のための適用要件を鑑みながら、約2時間真剣ミーティングとなりました。

用語の解釈を間違えますと、後で大変なことになりますので、その辺はさらに慎重になります。

いろいろな角度から考えなくてはなりませんので、設計、施工面からもいろいろな解釈が提出され、方向性が見えてきたところです。

 そこで工務店・住宅会社・設計事務所選びのポイントです。

住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書、建築環境省エネルギー機構(IBEC)の住宅の省エネルギー基準解説書・自立循環型住宅テクスト・CASBEE住まい戸建て版を所有していない会社は、基本的に住宅の設計はできないと言っても過言ではありません。

posted 18:23|No.895|日々のできごとcomments(0)