・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

415261
<< 2018年 5月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
2017.07.04 Tue:「巨匠と打ち合わせ」
 昨日は札幌のJ建築システム所長の手塚純一氏が来訪されました。

 お電話では年に何度かお話することがありましたが、直接お会いするのは久しぶりです。

 手塚氏は住宅建築技術に関する多くの特許を取得していて、国内の住宅の安全性や性能向上に大きく貢献してきた人物です。
 同時に面倒見が良く、当社の創業時には本当にお世話になった方です。

 創業時からですから何と20年のお付き合いですが、手塚さんはさらにバージョンアップしていて、年齢を感じさせないくらいパワーがありました。

 命の窓「耐震フレーム」、接合部補強アラミド繊維「JABRA」、デシカウント空調、JJJ診断など、とても有益な技術を開発し、住宅業界の発展に寄与してきましたが、そのパワーは健在どころかバージョンアップしているのが凄いですね。

posted 12:39|No.2175|家づくりcomments(0)
2017.06.30 Fri:「アルテレリーフ室内ドア」
 重厚感と高級感がある、なぐり加工の室内建具の開発がうまくいきました。

 DNP(大日本印刷)さんが製造する化粧シート+MDFボードをプレスした素材がアルテレリーフですが、このほど参創ハウテックのグループである共栄テックと共同開発で、凹凸のあるボードを2Rで曲げる加工技術を生み出しました。

 これで用途は広がり、室内装飾も楽しくなります。

 どうですか?写真の質感!!!
posted 16:53|No.2174|日々のできごとcomments(0)
2017.06.29 Thu:「陶×手ぬぐい展」
 今夏もekreaキッチンショールームで「手ぬぐい展」を開催致します。
 久利屋グラフィックさんの新柄がとても楽しみですね。

 陶のプロダクトは、京都・モーネ工房seiken工作所さんから。
 和洋どちらにも使えるシンプルなうつわやアクセサリーのご紹介です。

 開催期間は7月22日(土)〜30日(日)です。
 ぜひお気軽にショールームにお立ち寄りください。

 詳細はこちら

posted 09:33|No.2173|日々のできごとcomments(0)
2017.06.27 Tue:「究極のステンレスカウンターキッチン」
 このように使っていただけると、ステンレスカウンターキッチンも喜んでいるはずです。

 随分使い込んでいるといいましょうか?

 これだけこだわっていただけると、供給メーカーとしてはありがたい限りですね。

 僕は八ケ岳の山荘でブラックフレームを使っていますが、スケルトンなところが最高です。

posted 09:23|No.2172|家づくりcomments(0)
2017.06.26 Mon:「ARPEGGIO−アルペジオ−公開しました」
 軽井沢建築社のホームページに続き、参創ハウテック本社のHPにも「ARPEGGIO」を掲載しました。

 全国の工務店さんからも熱い視線で注目されています。

 デザイン×温熱環境×IOTの技術が詰まった建築です。

 軽井沢へお越しの節は、お立ち寄りください。
posted 18:48|No.2171|日々のできごとcomments(0)
2017.06.21 Wed:「大規模木造」
 森林保護・林業再生などの目的から大規模木造建築が増えてきています。

 たとえば高齢者施設、学校、特定行政庁の庁舎、さらに大規模施設など木造建築になるケースが増えてきています。

 大規模な木造建築では、鉄やコンクリートと同様に正確な構造計算・強度計算が必要となりますが、天然の木材は材料として均一でないため、計算が難しいのです。

 そのような問題を工学的な手法によって強度性能を保証する工程を経た木質建材「エンジニアリングウッド」を用いて解消し、適切な構造計算・強度計算を可能にしたのです。

 写真は旧軽井沢にあるSAWAMURAというベーカリーレストランです。
 この建物は、僕が愛するSE構法でできています。
 大きな吹き抜けが気持ち良いですね。

 何とNCNの田鎖社長も始めて訪れたようです(笑)。

posted 12:49|No.2170|日々のできごとcomments(0)