・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2014年 7月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
2013.12.25 Wed:「今年最後の全体会議」
 昨日は今年最後の全体会議。

年末年始にかけての仕事の段取りや注意点などを皆で共有しました。

 事務所が点在していますので、どうしても社員間のコミュニケーションのためにも大切な時間です。

 社長である私にしても、社員が当然わかっているようなことでも少しのズレがどんどん膨らんでくることもあります。

 細かいことでも、徹底して潰していくことで会社のベクトルが合ってくるものです。

社員からしてみると、社長がそんなに細かいことまで・・・、と思うかもしれませんが、共有化とはそんなことから始めないと上手くいきません。

 来年もさらに良い会社を目指すためにも全体会議は続けなければなりませんね。
posted 17:43|No.1740|日々のできごとcomments(0)
2013.12.28 Sat:「今年もお世話になりました」
 28日・・・、仕事納めの日がやってきました。

年末にかけてバタバタした状態が続きましたが、一部の現場を残してひとまず仕事納めとなります。

 今年も皆様には一方ならぬご厚情を戴き誠にありがとうございました。

来年も何卒よろしくお願いしします。

 
posted 12:48|No.1741|日々のできごとcomments(0)
2013.12.29 Sun:「原村にいます」
 年末も色々ありましたが、昨夜から八ヶ岳山麓の原村に来ています。

写真のように銀世界が広がって気持ちよいです。

寒さが苦手な方はムリでしょうか?

気温は僕の出身旭川と似たようなものですが…。

年末には東京へ帰ります。

少しだけ心の洗濯をします。
2014.01.01 Wed:「2014年明けましておめでとうございます」
明けましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

 プライベートでは、4月で57歳になりますので、体力・知力共に鍛え直す必要があるようです。

還暦まで残り3年、もう一度自分自身を再生です。

会社は9月で設立丸17年を迎えます。

多くのクライアント様と出会い、心より感謝申し上げます。

参創ハウテック全社を挙げて更なる飛躍を期す所存でおりますので、倍旧のご支援を御願い申し上げます。
posted 17:44|No.1743|日々のできごとcomments(0)
2014.01.07 Tue:「あけましておめでとうございます」
 皆様明けましておめでとうございます。

旧年中は一方ならぬお世話になりました。本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます。

 弊社も本日が2014年の仕事始めです。

早速恒例の神社巡り、まずは氏神を祀る地元の吹上神社へ、その後商売の神様を祀る神田明神に参拝とお札を納め、新しい神体を授かりに行って参りました。

 昨日は人でごった返していた神田明神も今日は一般的に仕事始め二日目ということで比較的空いていました。

 さて今年はいよいよ消費税の増税が始まるなど、課題山積の年になりそうです。

今年の弊社のテーマは1.情報のデザイン化と2.選択と集中の2つを挙げ、年頭の挨拶とさせていただきました。

 住宅産業は国策に左右されるとよく言われますが、新築需要が先細る中、出会いのあったお客様にさらに良い家を供給できるように頑張っていきたいと思います。

 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
posted 14:45|No.1744|日々のできごとcomments(0)
2014.01.09 Thu:「日刊木材新聞に記事が掲載されました」
 日刊木材新聞に高度化する設計手法という内容で弊社の取組みが記事紹介されました。

つまりスマートハウスVSパッシブデザインハウスの話になるわけですが、スマートハウスは設備てんこ盛り、家電量販店に行って好きな設備を丸ごと揃えるような家づくり。

 その対局にあるのが我々が目指すパッシブデザインの設計手法を駆使した家づくりです。

 スマートハウスは設備を失えばすべて台無し、最近の情報ではITを駆使したスマートハウスは、ネット環境や人材育成の面から、ユーザーの期待に応え切れず、相当紛糾している様子です。

 パッシブデザインの方は、設計手法もどんどん高度化して来ていて様々なシミュレーションソフトを使って、もともとバーチャル情報だった家づくりの可視化を図っていけるようになってきています。

 弊社はその最先端にいるというわけです。

持論ですが、家は住んでナンボ!ですから結果がすべて・・・。

そのために必要なことが書かれている記事に仕上がっています。
posted 13:58|No.1745|日々のできごとcomments(0)