・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456890
<< 2014年 7月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
2014.01.10 Fri:「鳩も震える寒さ」
 この冬最強の寒波が北極圏から南下しているそうで、今朝はとても寒い朝を迎えました。

 教育の森公園の鳩も写真のように群れて寒さを凌いでいるように見えます。

八ヶ岳の集いの山荘の外気温は−13.7℃、やはりこの冬一番の寒さで、モニタリングしている床下の温度も8℃を少し下回りました。

 まるで北海道の旭川並みですね。

 あの周辺は40年程前に開発された別荘地が多く、その頃に建てられた家は凍害で傾いたりしている家も結構見かけます。

 寒冷地は凍結深度と言って、冬期に地面が凍ってしまうために基礎の深さを予め1m位にしなければいけないというノウハウがあります。

 地中は地熱がありますから、ある程度の深さまで掘れば、安定して5℃前後になりますから凍る心配はないのですが、表面の水分が凍結して膨張し、地面を押し上げる力は想像を超える力が働きます。

 避暑地として利用する別荘地にある多くの古家は、完全に冬を諦めたように感じます。

もったいないなぁ!
posted 09:53|No.1746|日々のできごとcomments(0)
2014.01.11 Sat:「Casa BRUTUS」
 casa BRUTUSにブラックフレームキッチンの紹介広告が掲載されました。

皆さんからの評価は高いのですが、何故か最終段階で普通のステンフレームに決定してしまいます。

 今回の広告は期待しております。

 さて仕事始めから1週間が経過し、徐々に例年通りのってきました。

お客様の動きも出てきましたので、今年も楽しみになってきました。
posted 14:18|No.1747|日々のできごとcomments(0)
2014.01.14 Tue:「韓国との取引」
 ekreaパーツの取引で韓国から収納パーツやシンク、扉面材などを輸入して数年が経過します。

 当初は品質に少し問題がありましたが、徐々に改善の方向へ向かっています。

最近は何かと両国間は政治の話を中心にぎくしゃくしていますが、韓国の中小経営者はとても真摯に日本のマーケットを見ているように思います。

問題なのは経営者と社員の関係、元請け会社と下請け会社の関係が現在の日本のそれとはあまりにも利害が一致していない点です。

 朴大統領が、先進国の首脳クラスに日本批判を繰り返しているという報道もありますが、実際の商取引には今のところ影響はありません。

 お互いの立場を再認識して、政治も経済も良好な関係を維持することに努めて欲しいものです。

 
posted 17:47|No.1748|日々のできごとcomments(0)
2014.01.16 Thu:「押尾コータロー」
 30年以上前に弾き始めたフォークギター、今ではフォークという音楽ジャンルがJポップに一括りされていますが、ギターの方もアコギ(アコスティックギターの略称)と呼ばれるのが一般的です。

 昔は吉田拓郎とか陽水とかかぐや姫とかアリスとか、ギターコードをジャカジャカ鳴らしていれば、「あいつ、やるなぁ!」と言われましたが、最近ようやく気付いたのは、ギターテクニックももの凄く進化しているということです。

 特に押尾コータローさんの戦場のメリークリスマスを初めて聴いたときは、衝撃が走ったものです。

 そもそも私は弾けると言ってもストロークかアルペジオ。

彼の演奏は、そんなレベルではありません。

 左手でコードを抑える時に音を出したり、ネックを叩いて音を出したりと、本当に信じられないテクニックです。

 私はと言うと、ボケ防止の備えとして適当にじゃかじゃかやるだけです。
posted 13:41|No.1749|趣味についてcomments(2)
2014.01.17 Fri:「長寿命住宅研究会」
 昨日はベターリビングさんや住宅保証機構さんと一緒に考えている長寿命住宅研究会の事前ミーティングに参加して参りました。

 長期優良住宅制度そのものが、助成金頼みのところが多々あり、工務店全体に根差しておらず、真の意味で住宅の長寿命化を推進するために必要な取組みだと痛感して参画しました。

 23日には発足式がありますので、そのための事前ミーティングが主題でしたが、何とかうまく纏まりそうです。

 写真は会議のあった住宅保証機構が入居しているビルの屋上から撮影したものですが、なかなか良い場所にありますね。

 東京タワーはやはりシンボリックな存在感を醸しだしていました。

打合せ後は例によりまして懇親会があり、いろいろな情報を戴きました。

 
posted 15:56|No.1750|家づくりcomments(0)
2014.01.21 Tue:「ショールームガイド」
 MyHOME+(マイホームプラス)35号の別冊付録「interior shop & showroom guide 2014」にekrea キッチンショールームが掲載されました。

 毎度のことですが取材で無料掲載されるのはとても有難い事ですね。

さて昨日は、Panasonicさんの商品開発部の方が4名もいらっしゃいました。

ビフォー・アフタ―の匠で有名なインハウス建築計画の中西さんのご紹介です。

 目的はあるシリーズの商品のマーケティングと工務店の実態などのヒアリングでした。

カサボンA/Oの田村と井田も同席しましたが、殆ど僕がしゃべっていたようで、今日になって井田から指摘を受けました。(反省!)

いつも通り忌憚なく意見を申し上げましたが、やはり商品企画を考えるのが好きな性分なのでしょうね。ついつい力が入ってしまったようです。

 Panasonicさんのような大企業が、弊社のような会社に真摯に聴く耳を傾けてくれる時代なのですね。


posted 16:19|No.1751|日々のできごとcomments(0)