・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456887
<< 2014年 7月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
2014.01.22 Wed:「薪ストーブとギターとコラム」
 季刊でOB建て主様へ発行している家守り通信。

そろそろネタが無くなってきたのか、とうとう原稿依頼が僕に廻ってきました。

 デュアルライフのことについて書かせて戴きましたが、書き始めると伝えたいことが色々ありすぎて、結局幾度かに分けて連載することにしました。

 ご期待下さい。

 さて、写真の薪ストーブはベルギー製のネスターマーチン、ギターはマーチンと言いたいところですが、カナダ製のシーガル社のものです。

 結構、音がボーンと前に出て来ます。

 


posted 17:20|No.1752|日々のできごとcomments(0)
2014.01.24 Fri:「26日の日曜日に」
 26日の日曜日に日経23+に「小石川家づくりカフェ」の広告が掲載されます。

小石川にある和菓子の有名店、「一幸庵」さんが3月末に小さなカフェをOpenすることになり、その現場の見学会と併せてカフェ形式のセミナーを開催することになりました。

 その予告を含めたイベントですので、楽しみにしていて下さい。

名店・一幸庵さんのおいしい和菓子を食べながらのわかりやすい家づくりセミナーです。

 さて、先日パッシブデザインの第一人者・野池さんと飲みました。

昨年は180回以上のセミナー講師をこなすなど、超多忙にも関わらず時間をつくって下さり、いろいろお話することができました。

 仕事のこと、ギターのこと、今後のことなど楽しい時間を過ごせました。

今年は「一緒に何かやりたいね!」ということで一致しましたのでご期待下さい。


posted 13:55|No.1753|日々のできごとcomments(0)
2014.01.27 Mon:「またまた雑誌掲載」
 別冊「住まいの設計」、「地元の工務店で建てた家」2014年・東日本版に掲載されました。

明日1月28日(火)発売です。

ここのところいろいろな雑誌に掲載される機会が増えてきました。

 また「小石川家づくりカフェ」の予約状況ですが、そこそこ埋まってきました。

ここにきてお客様がだいぶ戻ってきているような気がしますので一安心ですね。

小石川家づくりカフェ


posted 15:51|No.1755|家づくりcomments(0)
2014.01.28 Tue:「1月度全体会議」
今日は広島のエヌテックさんが来社。

昨年から最も交流しているパッシブデザイン系工務店です。

今までの温熱デザインを共有して、一緒にラボのようなHPを立ち上げる事になりました。

夕方からは月に一度の全体会議。

皆で仕事を共有する大切な日です。

皆真剣に取り組んでくれています。

小石川家づくりカフェ


posted 19:08|No.1756|日々のできごとcomments(0)
2014.01.30 Thu:「絆友会」
 ある日突然会社へかかってきた一本の電話。

僕が社会へ出た時の直属の支店長だったM氏からでした。

体はでかいし、顔の方も強面で、僕は新人時代はビビりまくっていました。

そのM氏は僕よりも2年ほど前(今から18年前)に会社をつくり、数々の苦難を乗り越えて今では立派な会社に成長させています。

 僕から声をかけるなど、とても僭越極まりないことですので、第三者の諸先輩を通じ何年もの間、遠くから見ているだけの関係でしたが、その一本の電話でまたつながったのです。

M氏は現在69歳、会長職に退き、現在は息子さんが社長に就任しています。

昨年から名古屋で共に仕事をした同僚や部下を集め、絆友会(ばんゆうかい)という集まりを定期的に開いているようでした。

 そのこと自体は僕も知ってはいましたが、まさか僕に声がかかると思ってもいませんでした。

昨夜まだ現役で活躍している方々や引退した方々が19名ほど集まり、お互いに近況報告をさせていただきました。

僕はペイペイですので、なるべく目立たないようにしていましたが・・・・。


posted 13:08|No.1757|日々のできごとcomments(0)
2014.01.31 Fri:「明日館」
 自由学園明日館(みょうにちかん)は、1921年(大正10)、自由学園の校舎として、アメリカが生んだ巨匠フランク・ロイド・ライトの設計により建設されました。

自由学園が南沢(東久留米市)に移転してからは、明日館は主として卒業生の事業活動に利用されてきましたが、その後、歴史的、芸術的価値が評価され、1997年(平成9)5月、国の重要文化財指定を受けたそうです。

 関東大震災や第二次世界大戦の空襲からも免れ、老朽化が顕著になり、1999年(平成11)3月から2001年(平成13)9月まで保存修理工事が行われ、同年11月に再開業いたしました。

 最近は住宅系のセミナーなど、さまざまなイベントに使われていて、昨年私もパッシブデザイン協議会の未来会議の中で少しだけ講演させていただきました。

 このように由緒ある場所で、同業者を前にお話する機会をいただいたのは大変光栄なことですね。

 以前から建物内部の見学や結婚式場としても利用されているようですねので、みなさんも一度ぶらっと行ってみてはいかがでしょうか?

「凛として」の言葉が似合う建物ですよ。

posted 17:06|No.1758|家づくりcomments(0)