・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

416617
<< 2018年 6月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2017.05.20 Sat:「旭川」
今日の旭川です。

昨日から晴れて気温も高めになっています。6月位の陽気ですかね?

昨日は祖父母と父のお墓のメンテナンスの件で霊園を訪ね、その足で石材店に行ってきました。

お墓のコーキング一式15,000円でした。管理責任者としてはやむを得ない出費です。

今日はこれから札幌へ行き、叔父の見舞いです。
posted 07:55|No.2161|日々のできごとcomments(0)
2017.05.19 Fri:「軽井沢コンセプトモデル」
 昨年から進めて参りました軽井沢コンセプトモデルはあと少しで完成です。

 空間デザインと温熱環境の両立、さらにランドスケープにIOT技術。

 さらに新たな素材開発など、参創ハウテック総決算とも言える取組です。

 すでに話題を呼んでいます。
posted 10:31|No.2160|住宅技術comments(0)
2017.05.19 Fri:「ほしいか欲しくないかと言われると」
16周年を迎える「すしざんまい」、会計時にこんなステッカーを思わずもらってしまいました。

まさに社長PR戦略ですね。

どこに貼ろうか考えてみます。
posted 0:38|No.2159|日々のできごとcomments(0)
2017.05.13 Sat:「最近、耳にする言葉」
 最近「限界マンション」という言葉をよく聞きます。

 マンションは二つの老い、つまり建物と居住者の高齢化という大問題を抱えています。

 25〜30年前のバブル期に建設された、新潟県の湯沢などにあるリゾートマンション。
 中古物件が10万円ほどで売られていますが、それでも買い手が付かないと言います。

 持ち主が管理費も払わなくなり、建物の修繕がままならない物件もあるといいます。

 管理組合が機能麻痺に陥り、管理不全からスラム化していくマンションを総じて限界マンションというのだそうです。

 東京でも空前のマンションブームが下火になったようですが、それでも賃貸マンションは増えています。 
posted 11:22|No.2158|日々のできごとcomments(0)
2017.05.13 Sat:「軽井沢モデル」
 軽井沢プロジェクトの一環でつくっているコンセプト住宅が来週末でほぼ完成を迎えます。

 現在は急ピッチで内部工事の仕上げが進んでいるところです。

 四季折々を愉しむことができる造園工事も着々と進んでいて、完成が楽しみですね。

 再来週からは内覧会などもあり、週の半分くらいは軽井沢へ行くことになります。

 軽井沢プロジェクト/現場ライブ
posted 09:32|No.2157|家づくりcomments(0)
2017.04.29 Sat:「見学会」
巷は大型連休の初日ですが、当社は現場完成見学会です。

お客様のご好意で午前、午後通して多くの方々に見学いただいております。

 この出会いを大切にしたいですね。
posted 13:46|No.2156|家づくりcomments(0)