・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

402458
<< 2017年 8月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
2016.12.12 Mon:「バラの花束」
 先日、文京区のOB建主様(通称:東京の姉)から、バラの花束を頂戴しました。

 なんでも、知人の方がバラ園を経営しているとのことです。
 このところ不作が続いていたようですが、見事なバラでした。

 さて、今朝は一番の冷え込みだったようです。
 車での通勤途中、久しぶりに富士山がきれいにくっきり見えました。

 もう冬なのですね。


posted 14:36|No.2117|家づくりcomments(0)
2016.12.08 Thu:「ジュンク堂にありました」
 昨日池袋のジュンク堂書店に行ってきましたが、拙著の「パッシブデザインの住まいと暮らし」が平積みならぬ平置きされていました。

 写真のような感じです。

アマゾンも在庫切れが解消されたようで、少しづつでも売れると有難いです。

何よりも良い家に近づくために、とても大切なことが書いてあります。


posted 17:04|No.2116|家づくりcomments(0)
2016.12.06 Tue:「SE構法勉強会」
 師走の繁忙期を迎え、行くか行かないか迷っていましたが、午後から始まった勉強会に出席して来ました。

 今日の勉強会の特別講演は、無印良品の特別顧問の松井忠三氏でしたので、それだけ聞こうと行きましたが、結局設計と営業のプロモーションまで含めて最後までいました。

 居たというよりは、帰ってはいけない雰囲気でした。
 登録店の中には、久しぶりにお会いできた方々もいましたので、良かったかなと・・・。

 松井さんのように成功した経営者には、共通点があることがわかりました。

 進むべき道がいくつかある時は、敢えていばらの道を選択することです。
posted 18:14|No.2115|住宅技術comments(0)
2016.12.02 Fri:「パッシブデザインの住まいと暮らし」
 「パッシブデザインの住まいと暮らし」は売り出し好調でしたが、amazonでも在庫切れ状態が2週間以上続いています。

 何度か出版元に連絡してみたものの、一言でいうと「糠に釘」。

 本の流通は、素人の僕が考えるより複雑なようです。
 こちらの投げかけもレスのないまま、時間だけが経過していきます。

 書店には流通しているようですが、アマゾン以外でもネット購入できることがわかりました。

 次のネットショッピングをクリックしてみてください。

楽天ブックス
セブンネットショッピング
posted 18:07|No.2114|家づくりcomments(0)
2016.12.02 Fri:「先日のハウスミーティングの講師陣」
 11月29日のOZONEハウスミーティングに登壇した時の他の講師の方々との記念撮影です。

 向かって左から建築家の堀部安嗣さん、YKKAPの水上修一さん、東京大学大学員准教授の前真之さん、新建新聞社社長の三浦祐成さん、右端が僕です。

 そうそうたる顔触れにまぎれながらも、何とか大役を果たすことができました。

大きな変革期にある日本の住宅業界。

 特に豊かで持続可能な社会のためにも、省エネ技術の普及啓発は、とても重要なテーマです。
posted 09:55|No.2113|日々のできごとcomments(0)
2016.12.01 Thu:「チームパッシブ冷暖 in 徳島」
 ハウスミーティングの翌日は、パッシブ冷暖の全国集会で徳島の誉建設さんへ。

 全国から野池さんをはじめ、30人ほどのメンバースタッフが集まりました。

 パッシブ冷暖の開発者は当社ですが、現在までに40を超える実例が出来ました。

 すべてはメンバー工務店の皆さまのお陰です。
posted 08:28|No.2112|省エネ技術comments(0)