・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

436672
<< 2011年 4月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2011.03.05 Sat:「SOWE design 会議」
 写真を見ると幾人かが頭を抱えていますが、特に困っているわけでも紛糾している訳でもありません。

 考えているのです!これはSOWE プロジェクト会議の写真です。

現段階では、年間暖冷房負荷の落とし所も決まり、大型トップライトと断熱遮蔽システムの開発段階に入っています。

 現段階で考えられる様々な問題点をクリアすべく、皆で意見を出し合うと必死に考えているところなのです。

 7月に上市できますように、後は時間との戦いです。

左奥が本プロジェクトの指南役の野池さん、その手前が弊社からNCNさんへ出向中の阿式君、そしてこれでもダイエット中の私。

右手前からNCNさん広報の松延さん、そして田鎖社長です。

そう言えば、田鎖社長が家づくりに役立つ本を執筆しました。

タイトルは「そうかこうやって木の家を建てるのか」(小学館)です。

皆さん是非読んで下さいね。


  
posted 23:35|No.1047|家づくりcomments(0)
2011.03.06 Sun:「THE EAGLES」
 先週に続き東京ドームで行われたThe Eagres来日公演に行ってきました。

 一週間前武道館で行われたホール&オーツは1時間20分くらいであっけなく終わってしまいましたが、イーグルスは何と一部と二部があり、約2時間半も歌ってくれました。

さすがイーグルスですね!

 観客の方は私よりさらに年配の方は大勢来場されていました。

それもそのはず、1971年結成されたバンドですから・・・。

今から40年前ですよね(恐)

 日本でこの年代と言えば、フォークソング全盛期の吉田拓郎とかかぐや姫とかアリスと言ったところですね。

洋楽に興味の無い方でも多分知っている曲があるはずです。


まず 「Take it easy」この曲は昔流行りましたし、今でも日本のテレビ番組にも流れることがあるようです。


そして夜は歌につれ「Hotel California」。滅茶苦茶ヒットしましたね。

 そして何と言ってもあの名曲「DEPERADO」


アンコール最後の曲で演奏してくれました。

それにしてもドラム&ボーカルのドン・ヘンリーは物凄く肥えていて、以前の2倍くらいの体型になってました。

ダイエット必須ですね。

 そういえばDEPERADOはスペインで無法物という意味もあるようで、リビアの不法者は一体何を考えているのでしょうか?

 国民を銃撃するとは信じられないことです。

ニュースを見ていたら、リビアから脱出のために、韓国はチャーター機を中国はチャーター客船をすぐに送ったとのことですが、日本政府は全く何もせず!

政局優先で国民を顧みない鈍感さは本当に困った政党です。(野党も同じ程度ですが)


何はともあれ日本は平和すぎるのでしょうかね。
posted 20:08|No.1048|趣味についてcomments(2)
2011.03.07 Mon:「BonChicという雑誌に掲載」
 主婦の友社の「PLUS1リビング」の別冊として出版されている標題の雑誌にekreaキッチン&リフォームの設計・製作・施工事例が掲載されました。

 料理研究家でもあるお客様まで登場していただき、ありがたい事です。

これでまた問い合わせが増えると良いのですが・・・。

 さて、半年前にリフォームのホームページをつくりましたが、最近は問い合わせも増えて参りました。

 今日は冬に逆戻りした天気ですが、これから春本番ですね!

さて、先日行った飲み屋で、隣席にて大声で話していた学生と社会人と思しき4人連れの会話を紹介します。

 多分一人が先輩で社会人1年生くらい、残り3人は就活中若しくは内定をもらっていて、そこそこの大学へ通っているようです。

Aさん:「総合商社よりも専門商社の方が仕事は楽しいらしい。」

Bさん:「総合商社の場合、要はお金設けだけじゃん!」

Aさん:「それに、総合商社はモノを作っていないしなぁ。」

Cさん:「金儲けも上手いけど、合コンが多いらしいぜ!」

Bさん:「そうそう、三菱商事に行っている先輩に聞いたら、女性にモテてるって言ってました。」

先輩:「結局、いい会社に入っても上司に恵まれなければだめだよ!」

 どうやらその先輩は上司に恵まれていないらしい。

それにしても他の客のことを考えず、大声でこのような話をしているのですから、結局人材選びは学歴ではなく、本人の人間力や仕事力ですね。

「もてるもてないは会社ではなく、おめぇら本人の問題だろう!(あくまで心の叫び)」

 がんばれ!日本を支えてきた中小企業。

  


posted 12:14|No.1049|日々のできごとcomments(0)
2011.03.09 Wed:「なばやの女将と大喜の行列」
 今日は御徒町の銀行に所要で出掛け、そのまま昼食の時間。

東京家づくり工務店の会の懇親会でおなじみの湯島の「なばや」で昼食と決め込みました。

 すると2か月ほど怪我で店に出ていなかった女将さん(年齢70数歳)が、私を見つけるなり、元気そうな表情で店の中から手を振って下さいました。

「もう、良くなりましたか?」

「今日はリハビリで店に出ているのだけど、完治までは半年くらいかかるそうよ。」

「早く良くなると良いですね!」

歳を重ねてもやはりお店の看板女将、昼に満員の店内に絶えず気を配りながらほほ笑んでいました。

 さてさて写真は会社へ帰るために乗ろうとしたバスのバス停から撮影。

春日通りをはさんだ向こう側に長蛇の列が・・・。

有名ラーメン店の「大喜」に並ぶ行列です。

あの感じですと、40分は店内にはいれませんね。

話は全くかわりますが、昨日は夜の銀座へ・・・。

部品販売でお世話になる大阪の会社の山下さん。

70歳を目前にバリバリの営業マンです。

結構盛り上がったせいか別れたのは深夜で、飛び乗った個人タクシーの運転手さんとの会話です。

「お客さん、景気はどうですか?」

「うちは景気が良くても悪くてもいつも同じですが。」

「それは良いですね。ところで私ことですが、今横浜で家を建て替えているのです。」

「あっそうですか。どこに依頼しているのですか?」

「それがお恥ずかしい話、タマホームなんですよ。あれだけ派手なコマーシャルをしていますから、逃げはしないだろうと思ってね。」

「失礼ですが、ご予算はいかほどですか?」

「解体費と32坪の家で1350万円です。家などというものは20年くらい住めればそれで十分だという理由で、とにかく安いところを探して決めました。」

「そうでしたか。良い家になると良いですね。」

それはそれ!決してきれずに紳士的にまとまった会話でした(笑)


posted 22:51|No.1050|日々のできごとcomments(0)
2011.03.12 Sat:「巨大地震発生」
 昨日の午後、観測史上、明治以降最大の巨大地震が発生しました。

行方不明の方々の安否が気になるところです。

 私は地震発生時に八潮にある共和商事に打ち合わせで行っていまして、打ち合わせの最中に
最初は横揺れ、そしてどんどん激しく揺れてきました。

随分長い時間揺れていた気がしました。

 とうとう来たという感じでしたが・・・。

結局、埼玉県八潮から車で戻ろうとしましたが、大渋滞で断念。

足立区加平辺りから三ノ輪まで歩き、都電で大塚まで、そして茗荷谷からまた歩きましたので、会社へ戻ったのは夜中の12時過ぎ、6時間掛けて辿りつきました。

 現在、お客様へメールや電話で被害状況の確認をしていますが、今のところ皆さん無事で、大きな被害はないようです。



posted 10:24|No.1051|日々のできごとcomments(0)
2011.03.14 Mon:「何とか出社しました・・・」
 カタチがねじれている雲がありました。

地震雲ってやつでしょうか?気にしない!気にしない!

今日は東電の計画停電が予定されていて、朝から大混乱の通勤でした。

結果的には11時頃までに70%の社員は出社できましたが、30%は電車を利用できず出社できませんでした。

 弊社のお客様の家には問題がなかったようで、ほっとしていますが、家を造るための建材関係は殆ど出荷停止になってしまいました。

合板関係は工場が被害を受けて、石膏ボードは運搬用車両の軽油の手配がつかない理由からのようです。

その他にも茨城県や福島県沿岸部の工場が甚大な被害を受けていることから、当分見通しが立たないようです。

 都内でもガソリンスタンドは長蛇の車列、スーパーは食料品の売り切れ。

このような時こそ、強い気持ちを持って逆境を乗り切りましょう。




posted 16:29|No.1052|日々のできごとcomments(2)