・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2014年 7月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
 
2014.05.01 Thu:「住んでる家の見学会(居心地のつくり方)」
 表記のイベントを開催します。

詳細はコチラをクリックすると見ることができます。

 今回は住んで1年以上経過する住み心地の追及です。

僕自身完成してお引き渡しをした時がピークの家より、住んで居心地を感じることができる家の方が数十倍意味があると思っていますので、本当の意味で良い家づくりを目指す方にとっては必見のイベントです。

 ご参加お待ち申し上げます。
posted 17:16|No.1791|家づくりcomments(0)
2014.05.07 Wed:「家守り通信」
 家守り通信5月号が発送されました。

僕の原稿「デュアルライフ」も掲載されています。

ようやくゴールデンウィークが終わり、仕事モード全開です。

やらなければならないことが多々ありますが、ここは焦らずステップバイステップですね。

 新事務所の方にもようやく慣れ始めましたが、床に張ったHDFフロアの上に散らばる埃が気になり、いつも床と睨めっこが続いています。

 別に綺麗好きな訳ではありませんが、社会人になった時点で社有のものも自分の持ち物と同じくらい綺麗にするようにと、結構叩き込まれましたので・・・、気になってしまいます。

 今考えると自分としては、いいことだと思うのですが・・・。

さて僕は明日から神戸・京都・大阪に出張ですが、週末には請負い契約があり事務所へ戻ります。

 なんだかんだと忙しくしている方が、自分のためのようです。
posted 18:17|No.1792|家づくりcomments(0)
2014.05.09 Fri:「関西出張」
 昨日から関西方面に出張に来ています。

先ずは神戸の六甲アイランド、ここは9年前から
ekreaで協力して頂いているフジコウさんと打合せ。

色々大変な時期もありましたが、現在は持ち前のアイディア力と行動力で立派にやっています。

今後について充分話し合うことができました。

夕方は京都に戻り、デザオ建設の廣田副社長と会食、とても美味なおばんざいを頂きながら工務店の未来や将来の事業継承などについて話をしました。

廣田さんは僕よりもできる方ですが、何故かウマが合い、兄弟のようにお付き合いさせて頂いています。

離れた場所でも色々共有できることが良いですね。

結局京都に宿泊し、今朝は早くから大阪市内を訪ね歩いています。

写真は京都八条口で目撃した火災現場です。

消防車がたくさん来て大騒ぎになっていました。

京都の駅のホームからも煙がモクモク上がっていて、焦げた臭いが漂っていました。

無事鎮火を祈りつつ、予定をこなしています。
posted 13:45|No.1793|家づくりcomments(0)
2014.05.14 Wed:「子供から慕われることだってあります」
 先週土曜に行われた工事請負契約。

僕の斜め後ろでニコニコしていらっしゃるのは僕が抱っこしているお子様のお爺さんとお婆さん。

 普段なら人見知りがちで、知らないおじさんには全くなつかないらしいのですが、何故か抱っこをせがまれました。

 本当は子供好きなのですけどね。

この貴重な写真を撮ったのは弊社の神坂部長ですが、彼も珍しいと思ったのでしょうか?

 さて私ごとですが、最近は出張が多く疲れ気味なのかこの写真を撮った翌日から腰痛に苦しみましたが、今日はだいぶ回復しました。

 頭の中は以前のようにまだまだ元気ですが、体がついて来ないのは加齢のせいでしょうか?

 先日テレビを観ていたら、インナーマッスルを鍛えると腰痛に効果があると・・・・。

早速、始めていますがこれが結構ハードです。
posted 10:52|No.1794|家づくりcomments(2)
2014.05.20 Tue:「男の料理?」
 先日の土日は、温熱環境分野のカリスマ講師・パッシブデザイン協議会の代表の野池さんが、超多忙なスケジュールを縫って、八ケ岳の山荘にいらっしゃいました。

 野池さん以外では暮らしエネルギー研究所を運営する細谷さん、パッシブデザイン協議会の辻さん、そして紅一点で1985事務局を勤める服部さんたちが、大阪と名古屋から来られました。

 今は大阪に拠点がある服部さんの浦和の実家は、僕の自宅から至近にありますのでとても不思議な感じがしますね。

 4人へのおもてなしとして、料理は僕が、洗いものは服部さんが担当してくれたのでとても助かりました。

 写真は僕が作ったサラダやミネストローネです。

一晩冷蔵庫で寝かしましたので、味がしみ込んで好評でした。

 野池さん的に言うと「料理は理科の応用!」ですね。

カレーなども寝かすとおいしくなるのは、浸透圧の原理によるものです。

鍋の中で沸騰させると野菜から水分と一緒にうまみ成分が外へ流されますが、冷やすと浸透圧で逆流現象がおきます。

 それが旨さの素に成るようですね。(皆さん知っている話ですが)

料理も少しづつわかってきましたが、いろいろ大変さもわかってきてしまい、やはり家庭をを守る主婦ってすごいなぁと思うこの頃です。

2014.05.23 Fri:「日経23+」
日経23plus 6月号に弊社の広告が掲載されます。

5月25日(日)の日本経済新聞朝刊に折込配布され、東京都23区内に44万部です。

日経というだけありまして、同社のタブロイド版に広告掲載するにしても審査が厳しいようです。

 会社の経営内容はもちろんのこと、広告の内容まで厳しく審査されます。

もちろん、事実に反したり誇大宣伝は篩にかけられます。

 日経から広告枠のお話をいただくだけでも会社が認められたということでしょうか?

3月末の決算数字も纏まり、月末の申告を待つのみとなりました。

まずまずの数字でしたが、決算書は経営者である私の成績表みたいなものですので、そう考えるとまだまだです。

 今まで信じて弊社で家を建てたり、リフォームしてくださった多くのクライアントの方々のためにも、もっと良い会社になり、存続繁栄しなければなりません。

 会社経営というのはそういうものです。
posted 12:33|No.1796|日々のできごとcomments(0)