過去ログ

■過去ログ記事に対して削除や返信は出来ません

ときたま日記 HomeSearchPastLogMaster


11月13日
文藝春秋12月号に『ある男』の書評が載っております。評者は慶応義塾大学教授の金子勝氏です。
週刊金曜日、公明新聞の書評は、文藝評論家の伊藤氏貴氏が書いてくださいました。

出版社が送ってくださった書評を紹介するのは、実は茗荷谷のときに平凡社がとっていたスタイルを真似してます。その平凡社から今年末にエッセイ集が出ますー。年の瀬というにはまだ早いですが、早くもいろいろ追われています。嗚呼……。
2012/11/13(Tue) ...No.853

11月18日
朝日ムック「週刊司馬遼太郎9」にインタビューが載っています。
本日深夜のNHKラジオ深夜便で、『ある男』が紹介されるとのこと。12時過ぎからです。

金曜日は、取材を数本受けたあと、「本の雑誌」のとある企画に向かった。こんな楽しい時間を過ごしたのは久しぶりです〜。S氏、Yさんありがとうございます。アドレナリンが出まくったせいで、昨日はヘトヘトだった。

2012/11/18(Sun) ...No.854

11月25日
人がよく来た楽しき三連休だった。合間に仕事もした(一応言い訳。明日お渡しするものは夕方までには……)。本日の「平清盛」の松ケンの芝居は凄かった。うちには再生専用のDVDプレイヤーしかないので全部観ているわけではないし、正直ピンと来ない回もあったけれど、今年の大河は久々に人の変わり様が観られてうれしい。昔、「黄金の日日」で緒形拳が秀吉を演じたんだけど、これが若い時分の気のいい兄さんから天下人になってとち狂っていく様をほんとに恐ろしく表現していた。一年という尺で人の一生をやる面白さはこういうとこにある気がする。
……というような感想を言うと、「でも視聴率が」とすぐに返ってきてしまう時代。「お前はスポンサーか。CM打ってんのか」と心の中でつぶやかずにはおられぬ今日この頃。そういえば、面白い本の話をするや「あ、それ売れてないんですよ」と返す編集者も多い。で、そっからつまんなかった本の批難をなぜか得々としてしたりする。こういう人に限って実作業に入ると異様にミスを繰り返す。おそらく他人の過失に敏感になり過ぎて、自分の過失に疎くなっているのだと思われる。つまんないものに時間を費やすより面白いものを見つけよう。そして、それはいつでも自分の目で選ばないと面白くないのである。
そういえば、是枝さんのドラマも面白い。隙間にあんなに一杯のものが詰まってるドラマも久々。たいてい爆笑して観てるけど、もえちゃんが机を運んできた姿を見たときは号泣しました。
普段7時のニュースとクローズアップ現代くらいしか観ないのに、今期は結構観てる。
2012/11/25(Sun) ...No.855

11月30日
今年も残すところひと月……呆然。ちょっと宣伝をば。横尾香央留さんの本『お直しとか』(マガジンハウス)が出ました。「漂砂〜』の感想文(?)と受賞時に横尾さんが作ってくれたプレゼントやその経緯も載ってます。「賞をとっても木内さんは木内さんだった。とらなくても木内さんは木内さんだっただろうけれど」という一文に胸をつかれる。知れば知るほどげんなりする世界にいて、人生初の排他的性格になりつつある私だが、以前から付き合いのあるアーティストやクリエイターや友人らにこうして救われてんだなー、と。あと学生時代の友人たちも。本音で話せる人らは貴重。みな生き方も正直だし。写真はホンマさん、デザインは中村さん。
高崎卓馬さんの御本『表現の技術』にも書いていただいてます(出てずいぶん経ってしまった。すみません)。とても興味深い内容でした。
2012/11/30(Fri) ...No.856

12月2日
昨日発売の「文芸ブルータス」に長編小説「俊輔」の冒頭部分が載っております。「一度限りの雑誌なんだけど、長編連載第一回のていで。できれば未公開で」との聞くだに面白い企画。en-taxiもブルータスも好きな雑誌なのでお引き受けしたものの、新作を書くには時間が足らず、en-taxiにお渡しした原稿もまだなく……という中で、某社で進めている長編の冒頭を許可をとって掲載させていただきました。でも蓋を開けたら既出の短編が多く、ひとり見当違いだったかも……。すみません、田中編集長。
「俊輔」というタイトルでピンと来る方もいらっしゃるかもしれないですが、久しぶりの幕末、そして長州ものです。いつになるのか、というか、ほんとに書き上げられるのか、予定は未定な感じですので、この機に文芸ブルータス誌上にて是非に!
しかしまだ出たばかりなのだけど、さっきメールを開いてみたらすごい反響で驚き。編集者以外がこんなに読んだなんて! 文芸誌競作という今回の形は1回限りかもしれないけど、文芸ブルータス自体は1回では済まないのでは、と予感しております。
2012/12/2(Sun) ...No.857

12月7日
告知です。12月29日に、ホンマタカシさん、横尾香央留さんとイベントをします。お二方が主役ですが、私も刺身のツマとして登場します。
ホンマさんの「PORTRAIT」(平凡社)も出ました。市川実日子さんをデビュー当時から撮り続けた一冊。ポートレイトって不思議です。
イベントの詳細は、こちらにて。是非お越しください。
http://betweenthebooks.com/wordpress/2012/12/06/heimat-talk/
2012/12/7(Fri) ...No.858

 次へ

Rental:大宇宙 お知らせ(6/20) Base:ACE
BoardDesign:大宇宙