過去ログ

■過去ログ記事に対して削除や返信は出来ません

ときたま日記 HomeSearchPastLogMaster


6月25日
柴田錬三郎氏の『貧乏同心御用帳』(集英社文庫)に、解説を書かせていただいております。

深町幸男氏が亡くなった。「みちくさ道中」にも書いたけど、私は子供の頃、深町演出のドラマばっかり見ていた。「夢千代〜」とか「あ・うん」とか、まぁまぁ大人になってから「今朝の秋」とか。「間」というのはただの空白ではなく、多くの名状しがたいものが詰まっているのだ、ということを教わった。向田ドラマといえば久世光彦みたいなイメージがあるが、コメディ的なものは別として、深町演出には遠く及ばなかったように思う(すみません。あくまで私の感想です)。ことに「機微」という点で。今やTVドラマは全部台詞で言ってしまうか、「間」を空白とはき違えたものがほとんどになった。テレビをつければ深町演出のドラマが見られた、というのはとても贅沢な時代だったんじゃなかろうか。

2014/6/25(Wed) ...No.973

7月7日
先週土曜の日経新聞「ヒロインは強し」は、池田蕉園を取り上げました。ここでもちょっと触れた野次の都議。なんだかジュリアナの跡地から掘り起こしてきたような、そして未だに酒場で「ギムレット」とか言ってそうな人で、思わず目を見張った。しかし、さらに瞠目すべき人が、この記事を渡したあとに兵庫県議から登場したのだった……。ごまかし方といい開き直り方といい、今年の頭仕事した某所の人を彷彿とさせて、見ててちょっと憂鬱になった。
2014/7/7(Mon) ...No.974

7月10日
野性時代に「光炎の人」載ってます。
異動の時期のようで、担当さんからいろいろご連絡をいただく。みなさん昇進などなどよい知らせばかりで、うれしく聞く。そして先々の連載などの話を詰めていく。それ、すごい先ですよね…という話も。
今年は出番がない扇風機。明日あたり、回すことになるのでしょうか。
2014/7/10(Thu) ...No.975

7月22日
「小説新潮」8月号に『球道恋々』第4回、載ってます。

今月はやってもやっても仕事が終わらない〜。そんな中、某誌編集長と暑気払い……ではなく打ち合わせで一献。8月は楽しくなりそうです。
2014/7/22(Tue) ...No.976

7月31日
先週26日の日経新聞「ヒロイン〜」は与謝野晶子を取り上げました。
しかし、暑い。台風が発生しているのでだるい。庭も酸鼻を極めてますが出る気がしない。そんなときには冷たいものより、温かいお茶がいいようです。うちでは長年、この柳櫻園の茶筒をそのまま使用。中身の茶葉がときに変わっても(すいません)、なぜか愛着がわいてこれ一筋。
2014/7/31(Thu) ...No.977

8月17日
昨日の日経新聞「ヒロイン〜」は岡本かの子を取り上げました。
野性時代に『光炎の人』載っています。これはようやく次で最終回になるか、と。長かった。

出張続きの日々、放置プレイでちょっとしたジャングルになった庭を刈っていた本日、剪定ばさみが真っ逆さまに足の甲に落ち、刃先が足に突き刺さるという悲劇にみまわれる。先週の風邪といい、御難続きである。
2014/8/17(Sun) ...No.978

 次へ

Rental:大宇宙 お知らせ(6/20) Base:ACE
BoardDesign:大宇宙