ときたま日記 HomeSearchPastLogMaster


4月2日
本の旅人(KADOKAWA)にエッセイを書いております。

昔から憧れていた、とある建築家のご自邸に伺えることになった。あの空間が見られるの、というのと、ご本人といろんなお話ができるという、ふたつの喜びで今から楽しみである。気持ちのよい人、好きな人と、いかによい時間を過ごしていくか、というのは、これから大事な課題になる気がする。

2018/4/2(Mon) ...No.1130

3月26日
小説新潮4月号に、短編『深山町の双六堂』を書いております。

上とはまるで関係のない話ですが、ひとつ。歴史モノ、時代モノを書くとき、ひとつの史料だけで、それを台本のごとく使って書くことはけっしてありません。さまざまな史料から、あれこれと推察しながら物語にしていきます。誰かひとりを主人公にしても同様です。それは、私たちが、自分の思う自分と、他人からの自分評が異なるのと同じかもしれません。そして存外、他者からの見立てのほうが正確であることもままあります。ひとつの事実でもさまざまな見方ができる、ということが歴史モノの面白さです。そもそも、歴史小説の会話や心理などに関しては検証不能なもの。架空の人物も出てまいります。当然ながら安易な偉人伝や提灯原稿にできないのは、誰かを描くにしても、あくまで「時代」が主人公だからかもしれません。
2018/3/26(Mon) ...No.1129

3月24日
日経新聞夕刊にて連載していた小説「万波を翔る」、本日で最終回です。一年一ヶ月にわたる連載でしたが、太一に励まされつつなんとか完走できてホッとしてます。連載開始当初から、この太一が外務省入省前で終わる予定で書いていたのですが、いずれ明治になってからの外交も書いてみたいという気持ちがムクムクと。太一は晩年も借金作ったりして、なかなか破天荒ですが、書くとすれば他の人物の視点から書くことになると思います。ともかくも、ご愛読ありがとうございました。丁寧に伴走してくださった日経新聞K氏に感謝。
2018/3/24(Sat) ...No.1128

3月23日
このところ暮らし系の取材にお越しいただくことが続いている。四方山話のときにやっぱり改修の話になる。うちは間取りも変えなかったし、本棚作ったくらいで、あとは傷んでいた居室の床張り替えと壁塗ったくらい。本棚も、「このように」と見本の通りにお願いしたので設計らしい設計はほぼない(というか、設計案は、うーーん、という感じで活かせず)。が、未だにわんさか問題発覚。編集さんや工務店さんが見事なアドバイザーになってくれてます。ありがたし。

ホンマタカシさんの個展、開催中。富士山です。
来週見に行く所存です。
http://www.taronasugallery.com/exhibition/current/
2018/3/23(Fri) ...No.1127

3月8日
週刊朝日に先日行われた菜の花忌シンポジウムの記事が掲載されています。浅田さんも磯田さんも原田さんもほんとうに見事な話運びの中、私が足を引っ張る感じだった気が。今年は講演がいくつかあるので、話し方教室にでも行こうかと考えています。
引っ越し以来、打ち合わせなどで編集さんがうちに来てくださるのだが、そのたび改修の話になる、というか、「あれ、ここは?」というのを見つけてくださる。みなさん、建築に詳しいのは、純粋に好きな方が多いのと、出版社のビル自体が赴きある建築だったりすることも関係しているかもしれません。

2018/3/8(Thu) ...No.1126

2月25日
菜の花忌シンポジウム、たぶんうまく話せないだろう、と思っていたので、事前にお知らせもお誘いもしなかったのですが、各社の担当さんが来てくださってありがとうございました。また、当日お世話になった司馬さん担当だった編集の方々ありがとうございました。司馬さんに直接お会いできたわけではないのだけれど、なんだか感無量でした。そして浅田次郎氏の語りも近くで堪能できて幸せなシンポジウムだった。が、私は案の定、しどろもどろで話したい事の半分も話せず……。女性としての意見を聞かれているのに、男前な回答でしたよ、と某担当さんの言う通り(さすが、ナイスな指摘)。帰りは文春のH氏に中華に連れて行ってもらい、讀賣新聞U氏の熱い語りを聞きました。

朝日新聞の「文豪の朗読」が本になりました。私は有吉佐和子さんの「華岡青洲の妻」について書かせていただいてます。
毎日新聞2月20日夕刊で、津村記久子さんが『櫛挽道守』について書いてくださってます。素晴らしい内容で、本当にうれしかったです。ありがとうございます。
2018/2/25(Sun) ...No.1125

戻る  次へ

Rental:大宇宙 お知らせ(6/20) Base:ACE
BoardDesign:大宇宙