・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

453312
<< 2020年 7月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
 
2020.01.30 Thu:「参創ハウテック新年会」
 一昨日の夜は新年会を開催しました。
 スタッフ全員集合し、地元文京区の「後楽園飯店」で楽しい時間を過ごしました。

 通常は年末に忘年会を開催しておりますが、昨年は業務多忙のまま年を越し、新年会に切り替えた次第です。

 軽井沢のスタッフも駆け付け、ゲスト2名を含む総勢39名で英気を養いました。
 今回はビンゴゲーム大会も行ない、豪華景品(?)を用意しましたが、見事に1等を仕留めたのはスーパー現場監督の小園さんでした。
 やはりさすがですね。

 今年も全社一丸となってさらなる飛躍を目指します!


posted 09:36|No.2291|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2020.01.10 Fri:「軽井沢について思うこと」(連載 その16)
 住宅建築は製造業に近い生業だと、意匠よりも性能や品質に拘りをもって会社を運営してきたが、ここ数年間で運命的な出会いがあった。
 その方は、吉岡賞や建築学会賞の受賞歴もある建築家堀部安嗣さんだ。

 3年前に兵庫県で開催された里山博というイベントで堀部さんと再会した。
 後日、堀部さんから電話をいただき、神楽坂にある事務所を訪ねることになった。
 話の多くは住宅の温熱環境、とりわけ断熱の性能レベルをどの程度にするのが適切かという内容だった。

 実は断熱性能については、様々な流派がいて、多くの持論が展開されている。
 例えば北海道発の高気密高断熱派やヨーロッパ発の考えをベースに住宅の燃費性能を追求する流派、さらに地域の気候風土に最適な性能を説こうとするパッシブデザイン派などである。

 堀部さんが本格的に温熱環境のデザインに取り組み始めると、いろいろな流派がいて、少し戸惑った様子だった。
 私にも考え方を聞かれたので、手前味噌ながら当社の取組みについてお話させていただき、今のところ正当よりも最適解を求め続けていることをお話しさせていただいた。

posted 14:15|No.2290|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2019.12.20 Fri:「軽井沢について思うこと」(連載 その15)
 建築とは人が活動するための空間を内部に持った構造物を計画、設計、施工そして使用するに至るまでの行為の過程全体、あるいは一部のこと。

 建築の原語となったArchitectureは個々の建築物というより、建物をつくる過程や技術を指す使われ方が多く、中には作品と評価されるような芸術的な建築物だけの呼び名として使われることもある。
 Buildingは個々の建物を示す用語として使われることが多いが、大きな区別はないようだ。       

 私は建築家ではないので、今まで建築論にはあまり興味は抱かず、住宅はあくまで生身の人が暮らす器なのだから、比較的自由なイメージの形容動詞が付けられがちな建築という言葉よりも、製造業として品質や性能面をきちんと追求しようという思いが強かった。

 80年代から90年代にかけては空前の建築家ブームが起き、奇抜なデザインの建築物が多く建てられていて様々な建築論がメディアで紹介されていた。
 折しも今の会社を立ち上げた90年代後半は、そのブームが住宅にまで波及し、建築家住宅・デザイン住宅という言葉が業界を踊り、ハウスメーカーでさえ著名な建築家のデザインを取り込んだ住宅を売り出した時期だった。

 一方で建て主と建築家を繋げる住宅マッチングビジネスが一躍注目され始め、ますます建築家と呼ばれる人たちが身近になった。
 残念ながら若手や経験を伴わない建築家までが自分を売り出すために住宅雑誌掲載に照準を合わせて、奇抜なデザインの住宅を発表し始め、町中でもチラホラ見かけるようになった。
 当時は住宅メディアにも勢いがあったので、街には気軽な建築論が降りてきた時期だった。
 会社の創業期だった私は実績のある建築家の方々とはお付き合いをさせていただいたが、奇を衒った挑戦的なデザインの住宅を設計する方々とは一線を画す立場を貫いていた。

posted 14:49|No.2287|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2019.12.10 Tue:「軽井沢について思うこと」(連載 その14)
 話はずれるが、私は建築士や施工管理技士などの資格を持っていない。
 大学を卒業した瞬間から、建設資材の商社に勤め、その後私自身の仕事ぶりを面白がってくれる人脈に刺さり、誘われるままに建築関係のサブコンや住宅事業者などの仕事を渡り歩いた。
 大学で建築を学ばなかった分、独学でその知識とOJTを通して肌で習得してきた。
 このような経歴が幸いして建築にのめり込み過ぎないことが自分の個性だと思っている。

 もちろん建築物に対しての好き嫌いはあるが、自分自身がデザインビルドをしないことから、経営的視点が相俟ってクライアントにとって良い建築なのか否かを考える癖が宿ったようだ。
 このような思いが強かったので、極力自社設計・施工の仕事を中心に事業展開することを心掛けていたつもりだ。

 軽井沢に進出して数カ月後のことである。
 それまで感じなかった建築の可能性を強く意識することとなる運命的な出会いがあった。
 それは建築家堀部安嗣さんとの出会いである。
 2016年以降、目黒区と杉並区で堀部さんが設計した住宅の施工を請負い、ご本人とも接する機会が増え、その一言一言が自分の中に眠っていた建築の可能性を呼び覚ますようだ。

posted 16:04|No.2286|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2019.11.29 Fri:「軽井沢について思うこと」(連載 その13)
 八ケ岳の山荘を訪れた知人の「場所はここではない、軽井沢だよ。」という言葉に、まんまと乗ってしまい、進出した軽井沢。

 今では東京から3名の社員が軽井沢に移り住み、日々事業活動に奔走している。
 当社一番のイケメンでもある関くんが家族を伴って御代田町に引っ越してから約2年半が経過した。
 今では春まで私が乗っていたボルボクロスカントリーX60(四輪駆動車)を颯爽と乗りこなし、ナビゲーションを見ることなく運転し、毎日のように建築現場や土地情報を仕入れに積極的に飛びまわっており、まるで地元民のように抜け道を知っている。

 ここまでデザインビルドとハウジングパフォーマンスの両立をはかった5棟の別荘を無事に引き渡し、現在進行中の現場が3棟、さらに11月から新しい現場が始まる予定である。
 また、来年4月以降には4棟ほどの別荘建築の仕事が控えており、ほぼ順調に事業として機能し始めたところだ。

 これもきっかけは「場所は軽井沢だよ。」の一言に触発され、あれよあれよという間に展示場用地を購入し、別荘展示場(アルペジオ)まで建ててしまった当時の私の決断に、当社のスタッフはどれだけ驚き、不安を感じただろうか。
 申し訳ない気持ちもあるが、今となっては会社の一部として完全に溶け込んでいるどころか、建築の可能性や事業の発展性に一目置かれるまでになった。

posted 09:09|No.2285|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2019.11.21 Thu:「軽井沢について思うこと」(連載 その12)
 詳細は後述することにして、断熱と気密についての関係は比例関係にあると考えるとわかりやすい。
 断熱性能を上げれば上げるほど、それにつれて気密性能を向上させるべきだと覚えておけばよい。
 断熱と気密が悪い一般的な家では、冬に室内温度を20数℃にしても、表面温度を室内温度と同レベルに保つことは難しく、場所や部位によっては10数℃も差が出てしまうこともある。
 表面温度が室温より低いと、冷やされた空気が低い床側に潜り込み、室内の高低で温度差を生じ、不快な気流を感じてしまう。
 当初から高断熱・高気密にすることが、温度ムラの少ない快適な室内空間をつくる入口になるのは間違いない。

 さて、軽井沢の話に戻るが、ここ数年で建築された別荘の多くは温熱環境的配慮に欠けている。
 そもそも避暑地として栄えてきたため、夏のことだけに特化すれば良かったのだ。
 森に囲まれた別荘地に立つ建築物は、そもそも木立に日射は遮られ、日射により室内に太陽光が差し込み、熱がこもることもない。
 もともと断熱気密性能に乏しい建物は、当然外気温に左右され上がったり下がったりを繰り返すため、建物の外気温と室温は、時間差があるものの連動して同様の曲線を描くため、室内にいても夏の軽井沢の気候を堪能できることになり、この地で温熱環境技術が浸透しなかった。

 今時、これで良いのかと思うのだが。

posted 16:59|No.2284|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)