・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、19年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

399899
<< 2008年 11月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
 
2008.07.17 Thu:「盛和塾全国大会2日目」
全国大会2日目。

今日も勉強になる体験発表がありました。

京都のつけもので有名な西利の社長さんも、塾生でした。

千枚漬けはおいしくて、土産物に良く買ってきます。

日本で初めて木桶から脱却。エコパックを開発すなど、とてもつけもの屋さんともは思えないハイテク企業です。

 体験発表の最優秀賞は昨日発表したすし好の成田さんでした。

どんな苦境にも真正面から向き合う姿勢には圧倒されました。

最後に稲盛塾長の講話があり、心に響きました。

タイトルは「六つの精進」です。

@誰にも負けない努力をする。

A謙虚にして驕らず。

B反省ある毎日を送る。

C生きていることに感謝する。

D善行・利他業を積む。

E感性的な悩みはしない。

私はすべてにおいて、最初からやり直しですね。

写真は敦賀の濱田建設さんの浜田専務と2ショットです。

つい最近塾生になったようです。まだ若いのになんでもひとりでこなしてたいしたものです。
posted 22:12|No.244|日々のできごとcomments(2)
2008.07.19 Sat:「ウッディコイケさん訪問」
 連日、あちらこちらへ飛びまわっています。

今朝は先月訪問した韓国のクラテック社のキム社長がekreaへ訪ねて来られました。

とても誠実で熱心な社長さんです。

 40分程度の面談の後は、弊社の深見・田村を連れだって秩父のウッディコイケさんを訪問しました。浦和で三上先生もピックアップし、4名での訪問です。

小池社長とは埼玉盛和塾の仲間です。とても温厚で人格がすばらしい経営者です。

私はいつも無理難題ばかり投げかけています。

ウッディコイケさんは林業から手がけ、製材、プレカット、造作加工をこなす歴史ある工場です。

弊社の在来工法もお世話になっています。

深見と田村は初めての工場見学でしたので、大変勉強になったようです。

写真は丸太の土場の様子です。

 
posted 0:10|No.245|家づくりcomments(0)
2008.07.20 Sun:「キリガヤさんの子ぶたセミナー」
 本日は営業企画の武田とともに東逗子のキリガヤ住宅事業部主催の「資産価値のある家づくりセミナー」へ行って参りました。

 講師はもちろん「家、三匹の子ぶたが間違っていたこと」がベストセラーにもなったNCNの田鎖社長です。

8月23日には東京でも大きなセミナーがあるため、勉強も兼ねての訪問です。

お客様も多く来られていて、キリガヤファンが多いことに改めて気付きました。

「キリガヤ恐るべし!」

田鎖氏の講演もところどころ受けましたし、内容の濃いセミナーでした。





posted 0:23|No.246|家づくりcomments(0)
2008.07.20 Sun:「今日は一人で事務仕事」
 今は一人で会社にいます。

先週はあちらこちらへ飛び回っていたせいで、事務処理がたまってしまいました。

11時から1時の予定で開催されたOZONE「自分スタイルの家づくり」のコラボセミナーはekreaの近藤部長と設計の田村へ任せました。

先ほど営業企画武田からその勇姿???が届きましたので、早速写真を掲載させていただきました。

 話は変わりますが、最近の原油高に始まった素材高騰。

どこまで続くのでしょうか?

私の携帯へはTOB倒産情報が送られてきますが、二日前もゼファーという東証一部のマンションデベが倒産し、民事再生をするそうです。

 最近は、中堅マンションデベ、木造建売分譲業者の倒産が目につきます。

ご購入を検討の方は気をつけましょう。

 土地を扱う不動産系のデベや分譲業者は土地価格が上昇し続ける限り成り立つ業種です。

それほど、ノウハウがなくてもお金を借りるのが上手く、土地を買い続けてその利ざやがあがれば、必然的に儲かる仕組みです。

 風が吹けば業績は好調。風が止めば下降という構図です。

お金作りが本位ですから、家づくりには全く興味がないのですね。

その点、われわれのような中小工務店は、風を受ける帆もありませんが、社員全員オールをもっていますので、いつも漕ぎ続けているのです。

そろそろ入れ替わりに、私がOZONEに向かいます。
posted 14:28|No.247|家づくりcomments(0)
2008.07.21 Mon:「風の杜」
 写真は鎌倉の鶴岡八幡宮境内にあるレストラン「風の杜」です。

実はこの建物は鎌倉在住のアーク設計堀内先生の設計で、弊社の早川くんが前職の時に施工を担当しました。

一度見に行きたいと思ってましたが、なかなか行けず、先日キリガヤさん主催セミナー帰りに一瞬立ち寄ることができました。

夕方でしたので、レストランは生憎閉店しており、残念ながら内部に入ることができませんでした。

場所を確認するため、現在白金RCの現場に常駐している早川君の携帯に電話をしたところ、びっくりしている様子でした。

 池に浮かぶ「風の杜」。

なかなかの出来栄えでした。ただし、池には何故かデカイすっぽんがたくさんいて、ちょっと驚きましたが・・・。

 さて、3年前に建築家ご用達のミニゼネコン、バウ建設の経営が立ち行かなくなりました。

弊社には4人のメンバーに移籍していただきました。

一度に3人。しばらくして早川君が来て4名です。

2年半ほど経過して、弊社の社風にも溶け込み皆がんばっているようです。

冗談ですが、参創ハウテックの社名が参創・バウ・テックになったようです。

 この4名含め、他の現場監督も建築が大好きで、ものづくりにこだわり、皆で力を合わせる姿勢には心を打たれたことがあります。

今日は3週間ぶりに全休です。今は自宅でブログを打ってます。

これから、埼スタへ出かけます。



 
posted 16:09|No.248|家づくりcomments(0)
2008.07.22 Tue:「地方が滅びていきそうです」
 あの有名な旭山動物園を施工した旭川市の名門地方ゼネコンの北野建設が倒産しました。

1921年(大正10年)創業ですから、いかに地元経済を支えてきたのかと思うと残念です。

会社の経営ですから、よそものの私がとやかく言えませんが、旭山動物園のような夢を創る仕事に携わっていただけに、がっかりですね。


このようなことがあると、思い出すのはバブル崩壊時の金融破綻。

特に北海道拓殖銀行の破綻です。

今でも北海道に帰ると、この案件を引きづった経営者が多いように思います。

高校の同級生で勉強ができた友人は北大〜拓銀。

勉強ができなかった(私も同様)同級生は地元私大から北洋銀行へ。

現在社内では役職が逆転しているようです。

「勉強できなくてよかった!!!」(笑い)

人生何がおこるか予測不能です。


 私たちは家づくりの夢を壊さないように、しっかりした会社経営もしなければなりません。

責任重大ですが、当然のことですね。
posted 18:15|No.249|日々のできごとcomments(0)