・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの清水です(2013年2月14日撮影)
理科系工務店を目指して日々研鑽中です!
300988
<< 2014年 10月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
 
2014.09.27 Sat:「何事も継続は力なり」
 一昨日の夕方は第147回全体会議の日。

32人の全社員が入る会議室の用意はないため、本社のある事務所スペースで業務机を囲んでの会議になります。

もともと長い会議に意味を見いだせないし、ただの報告会だとそれこそ御前会議になってしまいます。

毎月月末に事務所が分かれている住建グループ、ekreaキッチン、ekreaパーツのスタッフが一同に会する場でもあるため、情報共有の機会としてとても重要です。

 147回÷12ヶ月≒12年余。社歴が17年のうち、社員が増え始めてか12年間以上も続けているのですね。

 これからも継続して参ります。

さて、継続と言えばこのブログも8年余り続けていますが、あと少しで30万アクセスを突破します。

 僕の出身地の旭川市の人口が30万人程度ですから、スタートした時から30万まで頑張ろうと思って続けていましたが、もう少しで実現できます。

 今後の事は、今のところハーフハーフということにしておきます。(笑)

 
posted 09:15|No.1839|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2014.09.26 Fri:「BVLGARIの時計とホスピタリティ」
 9月初めに息子の結婚式のためハワイに行ったついでにBVLGARIの最も安い腕時計を購入しました。

自分には革製ベルトのサイズが少し短かく、購入したお店で長めのベルトに換えてもらうよう頼んだところ、在庫がないので帰国してから銀座のお店へ行けば無償で交換してくれると親切に応対してくれ、レターを託されてきました。

 後日、初めてブルガリ銀座タワーを訪れたところ、さすがに高級ブランド店、ただでさえ入りにくそうなタワーのファサード、エントランスには二人男性スタッフが立っていて、さらに小市民の敷居を高くしています。

「いやいや大したことをやりに来たわけではありません。時計のベルト交換に来ただけです。」

 「では4階へ!」と男性スタッフに促され、自分には決して手が出ない高級時計や宝石のショーケースを横目に見ながらエレベーターへ。

 すぐに4階へたどりつき、エレベーターの両開きドアが開くなり、さらに緊張感が高まってしまう。

 4階は正面に大きめのカウンターがあり、窓口に女性がお二方着座しています。

「本日はどのような・・・」と一人の女性。

「海外で購入した時計のベルトの交換で・・・」(ハワイと言うには少し悔しい気がして、あえて海外でと見栄をはる小心者の自分)

 恐る恐る買ってきたままの大きなケースごと手渡ししたところ、

「時計の方は工房でお預かりしますが、ケースはお預かり出来かねます!」

と、バッサリ言われてしまう。(それにしても語調が結構厳しい。少しだけ田舎者扱いされたような気分を味わう)

 僕にしてみれば、ベルトの交換程度でわざわざ工房かよ!と内心思いつつも、2週間程度で修理が完了したら電話しますという応対に従いました。

2週間後ベルト交換が済んだという通知を受けて、一昨日の夕方ブルガリ銀座タワーへ。

 2度目ともなれば、多少緊張感もほぐれすぐに4階へフロアへ向かう。

手空きだった受付の女性に引換証を見せて、待つこと5分。

 バックヤードから持ってきたのが、預かってもらった時計と写真の時計ケース(それもロゴ入り)でした。

 すっげぇ!ベルトを無料で交換してもらい、さらにこんなケースももらえるのだと、内心ほくそ笑む僕。

 応対してくれている女性があまり手際が良いとは言えない手つきで、時計をケースにいれようとするのですが、なかなかケースに上手く納まらずいると、次の瞬間、

「ベルトを長めのものに交換したので、このケースには入りませんね。ではこのケースは止めてビニール袋に入れましょう」

 「えっ????」と、うろたえる僕。(でもこのケースは絶対欲しい!と心の中で既に葛藤が始まっている。)

 「あのう、折角ですからこのケース、欲しいのですが・・・!」(そんな恥ずかしいことを言わせるじゃねぇ!とおもいつつも)と勇気を振り絞って言ってみたところ、

 「入りませんよね!」とおまえさんなぁ、今、目の前で見ていただろうといわんばかりにピシャリ。

 ここまでくると絶対後には引けない状況。

 「金具(写真の丸印)をたためば、入るのではないですか!」

 多分、その女性にしても腹の底ではこの貧乏人がと思いつつも、あっけなくケースに納まり、事なきを得ました。

 こんな出来事があった数10分後に、以前から会食の約束をしていた建築家の長谷川順持さんにお会いして話したところ、

「清水さん、その気持ちわかるよ!僕だって欲しいよ!」

でもよくよく考えてみると、この細くてなが~い腕時計ケース、一体何に使えるのか素朴な疑問が湧いてきました。(恥!)

 長谷川さん曰く、「お札を縦折りにして、財布かわりに使えばいいんじゃない!」

 一小市民の戯言でした・・・。

posted 15:10|No.1838|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2014.09.24 Wed:「書状受け箱」
 奈良井宿で見かけた「書状受け箱」、こう書かれていると趣きを感じます。

郵便受けやレターボックスよりも、重々しい雰囲気がありますね。

 さて長野の話題はこのあたりにして、今日は久しぶりに新建新聞社の三浦社長さんにお会いしました。

 昨年社長に就任されてから、じっくりお話したのは久しぶりです。

同氏は今や住宅業界のオピニオンリーダー的存在で、特に工務店からは絶対的な存在です。

特に業界を分析して、将来の工務店像を探るうえでは、皆さん三浦氏が発する情報に敏感になっているほどです。

 今日は今後のekreaパーツの展開についていろいろ相談させていただきました。
posted 17:17|No.1837|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2014.09.22 Mon:「宿場町」
 先週はお世話になっている住宅設備流通の会社のゴルフコンペがあり、長野県の小諸まで行ってきました。

 36組の大コンペに参加したのも初めてで、スタートもショットガンスタートと言いまして、18ホールから同時にスタートする珍しいコンペでした。

 さて、せっかく長野に行ったのですから、帰りには小諸からした道を1時間15分かけて八ケ岳 山荘へ寄りましたが、もうすでに紅葉が始まっていました。

 今年は少し早いような気がします。

土曜日には今まで行きたかった「奈良井宿」に足を伸ばしましたが、約1時間の行程で意外にも近いことに気がついた次第です。

 「奈良井宿(ならいじゅく)」は中山道沿いに約1キロメートルにわたって家並みが続き、鳥居峠という難所をひかえ、中山道木曽十一宿中最も賑わった宿場町でした。

 その繁栄のさまは「奈良井千軒」とも呼ばれるほどです。戦国時代に武田信玄がつくったとされ、江戸時代には宿場町として栄えたそうです。

現在でも江戸時代や明治時代の建築物が立ち並び、往時の面影を色濃く残していて、昭和53年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

 建築的にもとても面白い場所でした。
posted 11:48|No.1836|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2014.09.16 Tue:「結構揺れました」
所用で広島へ向かう新幹線の車中のことです。

発車直前に、グラグラと大きな揺れが。

はじめは車両にトラブルがあったのかと思いましたが、すぐに地震だとわかりました。

車中の電源が落ちて、15分程出発が遅れましたが現在は順調に走行しています。

ゲリラ豪雨が終息したと思ったら今度は地震ですか?忙しいですね。本当に!

電車などの交通機関を利用中に地震に遭遇するのは初めてですが、先程の長い揺れは少しだけ3.11を思いだしました。

posted 13:49|No.1834|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2014.09.12 Fri:「久しぶりのハワイ」
 もう先週のことになりますが、愚息の結婚式のためハワイに行ってきました。

僕自身は3度目です。

 海が大好きな方々はいろいろな楽しみ方があるのでしょうが、どちらかと言いますと僕は山の方が好みなので、ハワイの楽しみ方半減です。

 それでも何度行っても気候が温暖ですばらしく、永住したい気持ちがわかりますね。

友人にもハワイに別荘持っている御仁がいますが、気持ちがわかります。

 ホノルルは物価が高く、特に不動産価格は一桁ゼロが多い感じですね。

考えたところで夢のまた夢ですね。

 オワフではワイキキのモアナサーフライダーに宿泊しましたが、短時間でしたが愚息とも初めて杯を交わしました。(杯と言ってもカクテルですが・・・)

 初めてまともにお互いの仕事のことについて話をしました。

知らないうちにずいぶんしっかりした考え方をもつようになったものだと、少し感心しました。

 さて1日だけ遠出するチャンスがあり、ノースショアに行ってきました。

ウミガメをまじかで見ることもできましたが、何と言っても写真にあるMackysで食べたガーリックシュリンプライスです。

 最近はハワイで流行っている食のお店が東京にも出店していますが、ハワイの食はここ10年ほどでずいぶん進化したようですね。

 ノースショアにお出かけの方は、是非Mackysへ。
posted 17:03|No.1832|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)