・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、17年半にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

373618
<< 2016年 6月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
2016.06.28 Tue:「雨の羽田空港」
 羽田空港に向かうモノレールに乗っていると、ズボンのポケットに入れてあるガラケーのバイブが振動する。

誰かからの電話である。

まだ7時半、見覚えのある電話番号が液晶画面に表示されている。

白土先生だ。

今朝から出張の旨を知らせていたので、昨日の血液検査の結果をわざわざ知らせてくれたのだ。

有難い限りだ。白血球も減り、快方に向かっていること、無理は禁物なこと、しっかり言い付けを守らないと罰が当たる。
posted 08:04|No.2049|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2016.06.27 Mon:「現場ライブ始まりました」
 現場ライブがまたまた始まりました。
 これからますます忙しくなります。

 新宿区K様邸の現場ライブ

 さて、風邪はほとんど大丈夫なのですが、気管支の調子が今一つで、急に咳が止まらなくなってしまう時があります。
 それでも、鼻水、熱などは改善しましたので体は相当楽です。

 今日も白土先生の診察をうけましたが、大丈夫だろうということです。

 さて、先週はイギリスのEU離脱報道で持ち切りでしたね。今日の日本市場は冷静に状況をみつめているようで、穏やかでしたね。

 いろいろな考え方があると思いますが、グローバル化とナショナリズムの間で、世界の世論が揺れているような気がしてなりません。

 その時々の立場や状況で、思考も変わってしまいますから、そこが難しいところですね。

 国民投票で離脱を決めたイギリスの方々が、今後最も辛いのではないでしょうか?


posted 17:38|No.2048|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2016.06.25 Sat:「鬼の霍乱(かくらん)と主治医」
 普段は頑強な人が珍しく病気にかかることを鬼の霍乱と言いますが、どうしたことか今週は最悪の体調でした。

 月曜日から喉の痛み、その直後から微熱・鼻水・関節痛、さらに水曜日頃から悪寒と高熱に見舞われてしまい、絶不調の一週間でした。

 最初はただの夏風邪だと甘くみていましたが、ひどいことになってしまいました。

 おかげ様で高熱は一晩だけで、今は平熱に戻っていますが、昨日心配で主治医の白土先生を訪ねたところ、念のために血液検査をして、結果次第で電話をするとのこと。

 今朝早速、先生からお電話をいただき、白血球が増えているので薬を変えようということになり、処方箋を受け取りに行ってきました。

 このように僕の健康状態まで気にかけてくれる、お医者様がご近所にいてくれるだけでとても心強い気持ちになります。

 今週の体調は最悪でしたが、週末から復活の兆しです。

 来週以降は、絶好調でいきます。
posted 13:26|No.2047|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2016.06.11 Sat:「経営者の品格と公私混同」
 最近、毎日のニュースに登場するこの方を見ていると、経営者の品格やら公私混同の回避など、さまざまなことを考えさせられます。

 もし中小企業の経営者が違法ではないものの公金を私的用途にも流用している場合、社員のモチベーションは全く上がらないだろうし、日ごろから公私の分別をしっかりつける癖が必要なはずです。

 そんなさもしい経営者のもとでは働けないとばかりに、サラリーマンなら会社を辞めることもできるでしょうが、都民を辞めるわけにもいかないのが今回の事の難しさですね。
posted 13:21|No.2043|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2016.05.21 Sat:「フリーマーケットと茗荷谷界隈」
 本日は教育の森公園でフリーマーケットが開催されていました。

ekreaショールームでは、茗荷谷界隈さん主催で美味しいお店の出展。

 たくさんのお客様が来店され、大賑わいでした。

 午後4時過ぎに再来店してみると、そろそろお店は撤収ということで、少し売れ残ったシュークリームを買ってきました。


posted 18:01|No.2038|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2016.05.02 Mon:「高鼻の家のビンテージ家具」
 本日、大宮の「高鼻の家」にビンテージ家具が入りました。

 最近お付き合いが始まった目黒のインテリアショップ「Karf」さんに頼みました。

 ダイニングの椅子がデンマーク製、ソファ、エクステンションテーブル、コーヒーテーブルはイギリス製で、50年前に製作されたものばかりです。

 高鼻の家にとてもよく合います。
posted 14:58|No.2034|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)