・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2012年 10月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
2012.09.19 Wed:「リフォームコンクール」
 第29回住まいのリフォームコンクール(公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催)で、設計がイン・ハウス建築計画・カガミ建築計画、施工が参創ハウテックの提案「光と風と家族をつなぐリフォーム」が優秀賞に選ばれました。

さて、このような受賞も知らずに通りがかりの中古住宅の販売現場に立ち寄った時のこと、不動産屋のおっさんが現地に立ち合いしていて、

「中を自由にご覧になって下さい。」

興味本位から実際に内覧させていただきました。

う〜ん、設えは建築家の設計のようで、なかなかの味わいがありましたが、とにかく築20年位とは思えないほど内装の痛みがひどく、家中がカビ臭い感じです。

 物見遊山で寄っただけですので、不動産屋のおっさんにお礼を告げて帰ろうとすると、

「少しお金をかけてリフォームすると見違えるようになりますよ。」

それに答えて私は、

「でも、この家を本格的にリフォームすると数千万円はかかりそうですよ。」

すると、

「何を言っているのですか。5百万円くらいあれば、内装は綺麗になりますって。そんなにお金かけるなら、自分で仕事を請けたいくらいだ。」
 
 自分は家に入るなり、この中古住宅の問題点を把握したこともあり、咄嗟に構造の瑕疵や設備の老朽化などへの対処をリフォーム工事価格へ織り込みましたが、不動産屋は一見新しく見えれば良い程度の算段で言っているようでした。

古くなったところを新しくするだけでは、不健康になってしまいますよね。

この感じですと、中古住宅の流通も儘ならないでしょう。 
posted 11:58|No.1433|家づくりcomments(2)
田園調布F邸のリフォームの際は、本当にお世話になりました。リフォームコンクール優秀賞を受賞できたこと、参創ハウテックの優秀な工事部隊と会社としての頑張りのお蔭と、本当に感謝しております。どうもありがとうございます。
いつか、御社のホームページの事例集に掲載して頂けること、楽しみにしております。
by 各務 謙司 10/01(18:07) 削除
各務さん
現在、写真データを戴けるよう中西さんに依頼しております。
データが届きしだい、HPをアップします。
なお、各務さん、中西さんと事務所名をクレジットします。
by 清水 10/02(17:16) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)