・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2012年 10月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
2012.10.01 Mon:「スカイツリーのてっぺん」
 台風一過!すっきり晴れで清々しい朝の始まりです。

それにしても、昨夜猛烈な風は凄かったですね。

自宅の隣家の屋根に取り付けてあるテレビアンテナに、どこからか飛んできた自動車の大きなカバーがからまり、猛烈な風で吹き流しのように、ビュービュー音を立てていました。

 結局、1時間ほど引っ掛かった状態でどうなることかと思いましたが、また何処かに飛んで行きました。

 台風の進路の東側は、台風本体のスピードと相俟って風が強くなるとニュースでも言ってましたが、それ以上の体感でした。

 今朝出社しましたら、スカイツリーのてっぺんもちゃんとありましたので、安心です。

さて、金曜日にショールームがオープンして業界の方々が大勢いらっしゃいましたが、昨日、一昨日はekreaOBのお客様に来訪して戴きました。

 まずまずの評判です。(ほっ)
posted 09:02|No.1442|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.10.02 Tue:「新しい看板」
 ショールームのリニューアルに際し、15年使った看板も新調しました。

デザインは、ekreaの杉山君が担当しました。

さすがに美大出身だけあって、考えられています。

参創がバックにあって、ekreaが中にあるというコンセプトだと聞いて、なるほどと思いました。

 若いスタッフも頑張ってくれて頼もしい限りです。
posted 18:18|No.1443|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.10.04 Thu:「ekreaショールームのイベント」
 今週10月6日〜8日はリニューアルオープン記念イベントとして「キッチン&リフォームフェア」を開催します。

 イベント同時開催で「カラ―ワークス」「ミーレ機器体験会」などを行います。

この機会にぜひ参加お願いします。
posted 18:27|No.1444|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.10.06 Sat:「東京家づくり工務店の会の会合」
 昨日はTO−IZの代表者会議がありました。

ショールームが新しくなったため、まだ見学していなかった田中工務店の田中さんと岡庭建設の池田さんにまずご覧になって戴きました。

 その後は中古住宅のリフォームについて、今後の取組みを話し合いしました。

皆さんいろいろ考えていらっしゃって、大変参考になりました。
posted 12:44|No.1445|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.10.09 Tue:「ekrea white kitchen」
 写真は新しくなったekreaショールームに設えたホワイトキッチンです。

マンションリフォーム等を意識して、狭いスペースにどれだけのことをできるか提案したひとつの最適解です。

 写真もプロカメラマンの後藤徹雄さんに撮影して戴きましたが、本物も写真もどちらも大変良いものに仕上がりました。

 さて、世間では週末から祭日にかけて色々なことがありましたね。

ひとつはフランスの凱旋門賞で日本の競走馬オルフェーブルが、土壇場で追い越され2着になってしましました。

 後半はこのまま独走かと思いましたが、勝負のあやでしょうか?

日本競馬界の夢が散るほどの落胆ぶりでした。(残念!)

また、昨日はips細胞の研究でノーベル賞の受賞が決まりました。

 さすが日本人は凄いですね!
posted 16:27|No.1446|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.10.10 Wed:「感覚を数値化する試み」
 自立循環型住宅に取組んで約6年が経過しました。

やればやるほど奥が深く、工務店の進むべき道標だと確信するようになりましたが、やはり日本の家づくりの現状は、設備一辺倒になってしまい、住宅の快適性は設備で決まるほどの流れを立ちきることができません。

 「設備を失うと全てを失う!」

これは私たちが師事する野池政宏さんの名言ですが、参創ハウテックとしても、家づくりに最も大切なのは性能と品質だと考えています。

 東日本大震災の発生時のように、インフラが途絶し、すべての設備を失ってもそこそこは暮らしていける状況があるのは、やはり何といっても家そのものの性能の高さだからです。

 そこで、この6年余りで蓄積したノウハウを試すためには、感覚や性能を数値化するために計測することも必要です。

今まで放射温度計、デジタル温度センサー、放射線測量機器、サーモカメラなどを購入し、実際の家づくりに役立ててきましたが、この度購入したのが感覚を数値化するための計測器で、風量、照度、騒音などが測定できるものです。

 シミュレーションして測定して、ますます理科系工務店として突き進んでいきます。

 
posted 10:16|No.1447|家づくりcomments(2)
なんか凄い機器ですね!しかし、その一方で家の快適性はプランニングや使用する素材、色彩など人間の感性に働きかける要素も大きいと思います。これは計測不可能なもので、デザインセンスと経験でしか測れないものですが、それを提供出来るのはひとえに設計力です。   頑張れカサボン!
by ST-owner 10/11(11:20) 削除
そうです!がんばれ、バカボンではく、カサボンでした。
by 清水 10/11(17:11) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)