・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2012年 7月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
 
2012.07.02 Mon:「壊れかけのルントオム」
 先週、会社のそばの喫茶店(老夫婦経営)で昼食をとっていたところ、店の中にカンディハウスのルントオムという椅子が一脚だけありました。

 店のお母さんに聞いたところ、何年か前に、近所の知人から、使わなくなって戴いたものだとわかりました。

 かなり古いもので、脚の部分のホゾが抜けそうになっていましたが、

「これ、有名な椅子なので修理できますよ!」

と教えたところ、

「あらっ、そうなの。修理する時は清水さんにお願いするね。」

という返事。

長く付き合いたいものと、そうでないもの・・・。

やはり、価値あるものをつくり続けたいと改めて思いました。
posted 08:50|No.1380|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.07.05 Thu:「廃材利用のタイル」
 廃材利用したタイルの一部の見本が届きました。

これまでにない、良い雰囲気を醸しだしたモザイクタイルです。

今秋に販売開始する予定で話を進めています。

それにしてもまだまだ埋もれた建築資材はたくさんあるものですね。

 今回のタイルの件も、本当に素晴らしい方々に出会い、お話が進んでいます。

現況に甘えず、絶えず変えていこうと強い意志のもとに良い人が集まるのでしょう。

人の話をしっかり聞く耳を有し、素直な心で不景気やパラダイムシフトに対峙する人の姿は本当に恰好いいですね。

posted 10:18|No.1381|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.07.06 Fri:「結露水が溜まらないコースター」
 アイディアは無限です。

写真は特殊な製法で作ったコースターです。

多孔質な構造の珪藻土が素材に使われていますので、グラスの水滴をコースターが吸水し、水滴が垂れることがありません。

 色と言い、素材と言い、MUJIっぽいですね。

直感でそう思いました。

 これはあるタイルメーカーさんが作ったものですが、日々の仕事の中から思わぬ産物が生まれるものだと感心しました。

さて、明日はいよいよ日本初SOWE designの完成見学会です。

ここまでくるのに随分時間がかかりましたが、コチラも自然エネルギーと向合うために開発された、斬新な住宅です。

SOWE open roofの見学会はコチラをクリック
posted 15:10|No.1382|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.07.07 Sat:「梅雨の見学会」
 今日はSOWE design日本初の見学会がありました。

家中が大変明るく、とても良い家に仕上がりました。

 SE構法供給元のNCNさんに協力して約2年、実施物件としては日本初になります。

ただし大々的なプロモーションは、NCNさんと上手くかみ合わず断念。

弊社単独の見学会となりましたが、SE構法のまた新たな可能性を見出だしたと思います。

 明日まで見学会をさせて戴き、13日NCNさんのスタッフの方々へ内覧し、残るはお引き渡しです。

 
posted 14:22|No.1383|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.07.09 Mon:「●●もおだてりゃ屋根に登る!」
 お引き渡しが間近に迫った住宅の屋根に取り付けた大型トップライトの表面温度データを取るために、阿式君が登っています。

 そもそもこの天窓は、太陽光のダイレクトゲイン(日射取得)を有効活用し、冬場の暖房エネルギーを軽減する目的で開発されました。

 従いまして夏場の昼間は、部屋の天井に取り付けた自動開閉の断熱ドアを閉じた状態にします。

開発者自ら屋根に上り、表面温度を調査しているところの写真です。

さて彼も数年前は、痩せていましたが、随分お尻が育ったものです。

先日、そのことを指摘したところ、「社長も随分太りましたね!」と軽くいなされました。

 屋根に登るには、お互いメタボ解消から始めたいものです。

やるぞ!ロングブレス。


posted 19:08|No.1384|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2012.07.10 Tue:「ショールーム改装緊急ミーティング」
 9月に予定されている1階ekreaショールームの改装前に、地下のショールーム化、さらにカサボン住環境設計とパーツ販売部の移転など、緊急議題についてのミーティングがありました。

 勿論大局的な考え方は皆に指示しましたが、あとは部門ごとの話し合いに委ねます。

今までだと社長である私が前面に出て行って、取り仕切るというのがパターン化していましたが、社員の成長と共に会社も大きく変わろうとしています。

決めることは決める、任せることは任せる、ようやくそのような会社になってきました。

 時間がタイトな中、9月末〜10月初めにかけてのお披露目に照準を合わせ、バタバタしますが、お見守り下さい。
posted 08:57|No.1385|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)