・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2012年 10月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
2012.06.14 Thu:「斂葬(れんそう)の儀」
今月6日に亡くなられた三笠宮寛仁さまの葬儀「斂葬(れんそう)の儀」のうち、告別式に当たる儀式が、14日文京区大塚5丁目の豊島岡墓地で行われています。

会社の周辺は朝早くから機動隊の車列ができていて物々しく警戒体制がひかれています。

午前から始まった警戒体制は、午後3時半を過ぎても続いています。

三笠宮寛仁さまは、髭の殿下としても知られ、伯父にあたる高松宮宣仁親王の影響を受けて早くから障害者福祉やスポーツ振興などの公務に積極的に取り組んでこられ、特に障害者がスポーツへの取り組みを通じて社会参加することを促すため、自らも指導にあたり、講演や著述を通じて啓発活動にエネルギッシュに取り組んでこられました。

ご冥福をお祈り申し上げます。
posted 15:45|No.1368|日々のできごとcomments(0)
2012.06.15 Fri:「辰巳さんちの素敵なリフォーム」
 今朝は茅ヶ崎にある辰巳渚さんの自邸のリフォームオープンハウスを見学して参りました。

 先月は弊社の「暮らす技術セミナー」の講師もお願いし、親交を深めて参りましたが、今回は内覧の機会を頂戴しました。

辰巳さんの暮らしの楽しみ方が、随所に溢れたとても気持ちの良い住宅でした。

 さて、今回は見学の他にもうひとつミッションがあり、多忙中の超多忙な野池さんもご一緒させて戴き、辰巳さんと接点を持つこともできました。

 超売れっ子で多忙なお二人ですが、設備機器だけに頼り切っても豊かで楽しい暮らしに繋がらないという大筋のところで接点があるようでしたので、何か生まれると良いですね。
posted 15:17|No.1369|家づくりcomments(0)
2012.06.16 Sat:「雨降って地固まる!」
 梅雨時ですから仕方ありませんが、本日の地鎮祭も雨模様。

昨日からテントを用意して雨に備えましたが、式典中は曇り空でとても良い地鎮祭になりました。

 北区の現場で、奥様は弊社の元社員の方です、有難いですね。

お母様を含め、ご家族が多く明るくにぎやかな家になるでしょう。


posted 13:04|No.1370|家づくりcomments(0)
2012.06.19 Tue:「家づくりと台風対策」
 今年もその季節がやってきました。

台風4号は四国から近畿地方に上陸しそうだと気象庁が伝えていますが、進路の予測は難しく、弊社で施工を進めている現場のチェックは、しっかりしておかなければなりません。

 まずは、足場の点検と現場シートたたみです。

今のところ今年の梅雨はしっかり雨が降っていますので、今から工程と格闘しながら、さらに台風対策です。

 施工現場は自然条件に晒された、まさに自然の工場のようなものですから、そこはしっかりコントロールしなければなりません。

posted 14:07|No.1371|家づくりcomments(2)
2012.06.20 Wed:「台風直撃前のミーティング」
 台風一過。

昨日の夕方までに台風対策を済ませた現場監督が集まり、情報の共有化の時間です。

ここでは現場の在り方や改善点などが率直に話し合われます。

それにしても一夜明けて、もの凄い暴風雨でした。

今日の午前は、NCNさんをベターリビングさんにお連れし、打ち合わせ。

現在進めているBL認定工務店制度(仮称)運営にNCNさんも参加することになりました。

住宅を買う一般のお客様には、わかりにくいことですが、住宅建設はまず仕事を戴き、ちゃんと造り、長期にわたりメンテナンスしてゆくことが大切です。

 ベターリビングさんは売ることより、そちらの方に重点を置いている工務店を評価して下さっています。
posted 10:00|No.1372|日々のできごとcomments(0)
2012.06.21 Thu:「北海道に来ました」
朝8時半のJAL便で北海道に来ました。

フライトは概ね良好でしたが、高度を下げ始めた北海道上空にさしかかったところで突然激しい揺れが発生し、乗客の中からも「お〜!」という驚きの声が起こりました。

揺れは地震に喩えるなら、震度5程度でしょうか?

大きな揺れの中、よせば良いのに手洗いにゆくと席を立つ隣席の爺さん。心の中で、

「ヤメロ〜!」と叫び声をあげている自分がいる。

どうしてなのか?
台風来襲時、川の増水した様子を見に行くと行方不明に、屋根を修理すると強風の中屋根に登り転落してしまう。何故か、全て70歳を超えた爺さんが目立つ。

体力への過信なのか、浅はかなだけなのか?

歳をとると先ず周囲の忠告を受け入れなくなるのだろうか。

「とりあえず席に着いてください。」そう言おうと思った瞬間、CAが飛んで来て、事態は終息した。

無事に到着した千歳は気温15℃、湿度も低く、快適です。

ekreaキッチンの家具工場と午後から打ち合わせです。
posted 13:57|No.1373|日々のできごとcomments(0)