・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

456939
<< 2012年 10月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
 
2012.04.21 Sat:「いろいろ行事が重なってしまいました」
参創ハウテック設立のきっかけをつくってくださった恩師の共和商事・渡辺社長が急逝されて丸1年が経ちました。

一周忌の今日は鎌倉霊園に朝から出かけました。

昨年四十九日法要は電車とバスで来ましたが、今回は会社の行事と重なってしまい、会社に戻らなくてはならなくなったため車で行きましたが、思ったよりもかなり早めに到着してしまいました。

駐車場に停めた車の中で、周囲の景色を眺めていますと、生前の恩師との思い出が蘇ってきて、不思議とまるで声が聞こえるような気持ちになります。

法要の後にもご親族を中心にした偲ぶ会が行われましたが、仕事上で契約やら見学会が重なってしまいましたので、失礼させていただきました。

生前からいつも「仕事を優先しろ!」

と、おっしゃっていましたので、甘えさせていただきました。


posted 12:28|No.1338|日々のできごとcomments(0)
2012.04.23 Mon:「モクミツって何?」
東京都防災センターから発表された、東京直下型地震(震源:東京湾北部)が発生した場合の火災状況。

 記者会見で「モクミツ」という聞き慣れない言葉が多用されていました。

モクミツととは古い木造住宅が密集する地域のことです。

さらにこのモクミツは接道も悪く、消防車が侵入できない狭小道路の地域をプロットしてこのようになったようです。

 1923年の大震災の教訓より、利害が優先された結果が事実上の都市計画の遅れに繋がったのではないでしょうか?

 いずれにせよ、いつか発生する未曾有の災害に、備えだけは考えておきたいものですね。


 さて、ドラスティックな話を先にしてしまいましたが、昨日の4月22日で私は満55歳になってしまいました。

 今の会社を41歳5ヶ月余りで立ち上げてきましたので、もう少しで15年が経過します。

 本当にあっという間のことでした。

少しづつ体力も衰えてきましたが、もう少し頑張らなくてはと思っています。

これからも応援お願いします。

追伸:このブログのアクセス数が、あと僅かで20万に到達します。

コチラの方もお礼申し上げます。
posted 15:56|No.1339|日々のできごとcomments(0)
2012.04.24 Tue:「お陰さまで20万アクセス」
 お陰さまで私のブログが20万アクセスを突破しました。

 100〜150、多い時で200人程の方々が楽しみに閲覧して戴いたことで、およそ5年で達成です。

 ブログを始める前はコラムを不定期で更新していましたが、こちらも一冊の本になりましたし、今後は30万アクセス数を目標に頑張ります。

 さて、添付の写真はNCNさんのSE構法の広告です。

WEDGEは、時々読みますが、住宅の骨組みの広告のキャッチコピーが「強靭な空洞」というのは、何かピンときませんね。

 いきなり辛口ですが・・・。ちょっと語呂や言葉を弄び過ぎではないでしょうか。

空洞とは、 ほらあな。洞穴。また、内部がうつろになっていること、の意味ですよね。

 木造の架構を強靭なという形容詞と空洞という名詞で特定することに、いまひとつピンときません。(心配!)

 敢えて愛する構法、好きな企業への提言です。


posted 09:13|No.1340|日々のできごとcomments(0)
2012.04.25 Wed:「TO-IZ代表者会議」
 昨日は東京家づくり工務店の会の代表者会議がありました。

 国土交通省からなかなか応募要項が発表にならない地域住宅ブランド化(補助金)事業、東京家づくり工務店の会として、応募に参画するか否か結論は持ち越しになりました。

 本事業は数ヶ月前から情報が出て来ており、民間レベルで情報が交錯しています。

 特に何もノウハウがない建材流通業者やPR会社が、金儲けのために工務店囲い込みを促進するやり方に辟易してしまっている状況です。

 この数ヶ月間で私のところへも、ブランド化事業への共同応募の誘いが数多く寄せられましたが、少し突っ込んだ質問をすると全く答えを持たないレベルで悲しくなるほどです。

実際に家を建てるのは工務店なのですから、工務店自身が流通に惑わされないようにもっとしっかりしなければなりません。

 東京家づくり工務店の会としましては、助成金枠を獲得するだけの近視眼的な対応ではなく、会として今まで構築して来た取組みを軸に焦らず、チャレンジしてゆこうという事になりました。

住まう人がわかる家づくり

posted 09:48|No.1341|家づくりcomments(0)
2012.04.27 Fri:「野池学校2012東京校」
 昨日、「野池学校2012東京校」が開校しました。

今年で3年目を迎える勉強会ですが、多くの方々が参加して下さっています。

 講義の内容も初歩的な話から、基本的な考え方までとても有意義な勉強会でした。

今日は2回目の申し込みが始まりましたが、始まって1時間も経たないうちに30人以上の申し込みがありました。

 やはり温熱環境やパッシブへの取組みが、国を挙げて加速する中で、設計者や建築会社の意識が高まってきた証しだと思います。

 野池さんご本人が主宰している自立循環型住宅研究会の関東ゼミの方も盛況のようです。

追伸:野池学校2回目(5月31日の応募は3時間半で満席になりました。凄いですね。
posted 10:43|No.1342|日々のできごとcomments(0)
2012.05.01 Tue:「連休中日」
 大型連休中日の今日は、昨年と比較して電車が混雑していました。

海外渡航を含め、人の動きが大きいと報じられていましたが、働く人は働いているのですね。

 弊社はカレンダー通りですが、営業や設計、さらに現場の都合で出勤するスタッフも結構いるようです。

 さて、写真は日経23+に告知したセミナーの案内ですが、申込みは50歳代の方が多いようです。

 辰巳さんとご一緒して良いセミナーを実現したいものです。
posted 16:13|No.1343|日々のできごとcomments(0)