・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの清水です(2013年2月14日撮影)
理科系工務店を目指して日々研鑽中です!
301243
<< 2008年 5月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
2008.05.19 Mon:「旅路〜長野C」
老人はお気に入りの急須でお茶を入れ、お茶菓子用にらくがんを用意しながら、

「急須を見るとすぐに購入したくなる癖が直らなくて、俺は村一番の貧乏人なんだよ。」

「そんなことないですよ。良い趣味じゃないですか。」

「いやぁ、だめだ。だからずっと自家用車は軽トラックだもん。」

 確かに自家用車は軽トラらしい。もみじマークのついた軽トラが庭先に無造作に停めてある。

話がどんどん身の上話が中心になり、このままだとテンションが下がってくるのを気にした私は、思い切って急須コレクションの話に戻すことにした。

「でも、お父さん。コレクションの急須は美しいだけではなく、とても使いやすいようですね。」

「そうだよ。良くわかるねぇ!用に徹することは美を呈することだからね。」

「えっ?今なんて言いましたっけ?ヨウを徹するとは、機能を追及することですね。」

「うん、そうじゃよ。」

「機能を追及することとが、美を創出することと言う意味ですね。」

「そうそう、美しいものは全て使いやすいもんじゃよ。」

「ここまで来た甲斐がありました。実は以前から小布施の街づくりに興味があって・・・、昨夜急に思い立ってここまで来たのです。」

「そうじゃったのか。またいつでも寄ってくれ。」

そう言って、おもむろに私に一枚の名刺を突き出した。

「神戸 能歩維(かんべ のぶただ)とお読みになるのですか?凄いお名前ですね。」

「いやぁ、恥かしいなぁ。名前負けしとるから、村一番の貧乏人なのよ。」


恥かしいそうに照れ笑いする老人をあとに次の目的地へと向かいました。

                                    つづく(残り1回でおしまいです)

posted 08:31|No.189|趣味についてcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2008.05.20 Tue:「旅路〜長野D」
 岩松院の八方睨み鳳凰天井絵。

葛飾北斎の晩年である嘉永元年(1848年)の作品とのことです。

 その近くには浄光寺の美しい茅葺屋根。

そしてラストはなんと言っても北斎館は圧巻です。

お恥ずかしい話、北斎の絵と言えば、永谷園のお茶漬けのりのおまけについていた東海道五十三次のカード。

 風景画が得意な画人と思っておりましたが、その作風は多岐に及んでいることに驚きました。

5回にわたりました小布施紀行。

 出会いあり、感動ありでとても一日とは思えない旅でした。

 やはり、歴史というは重いものです。

立ち寄ったお寺の住職の説法の一部が貼られていました。

「汚れた言葉は世の中をだめにする。」という旨の言葉でした。

 時々は時間をつくり、自分自身を見つめなおす余裕も必要だと痛感しました。

また、機会があれば行って見たい場所でした。
posted 08:51|No.190|趣味についてcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2008.05.21 Wed:「長野の話を書いている間に・・・」
 5話連続で、小布施紀行を書いている間にも、先週土日を利用して女性建築家によるリフォーム相談会を実施しました。

 新聞折込9万枚など、あまり過去に経験したことのないことにもチャレンジしました。

同時に塗り壁体験も実施しました。

今回ご協力いただいた女性建築家は

長尾 亜子さん  http://www.c-channel.com/c00588/

伊藤 道代さん  http://www.michiyo.co.jp/

です。

6月1日 現場見学会予定です。私も行きます。
http://www.juutaku.co.jp/news/index-01_event.html




posted 08:53|No.191|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2008.05.22 Thu:「古民家再生工事」
 朝霞の古民家再生工事が進んできた。

 吟味して選ばれた柱や梁。

それを丁寧に刻みながら、仕口加工して納める大工の職人技。

完成を心街ちにしているお施主さん。

 130年間耐え抜いてきた家が、ここで蘇ります。
posted 08:43|No.192|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2008.05.23 Fri:「野池流CASBEE勉強会」
 本日は。朝から野池さんを招いて「野池流CASBEE勉強会」を実施。

 参加者はつくり手の会東日本メンバーのキリガヤさん、松岡建築設計さん、建築工房わたなべさん、オーガニックスタジオさん、さらに創建舎さんの設計スタッフと田中工務店さんにも参加していただき、総勢31名の勉強会になりました。

 弊社からも設計や施工スタッフが10名参加。

とてもわかりやすい良い勉強会でした。

資料の作り方はさすが、野池流です。

casbeeと自立循環型住宅評価の整合性や住宅性能表示との連動性など、再認識しました。

casbeeは今後パブリックな評価ツールとしてどんどん大切になるようです。

言い忘れましたが、創建舎さんと田中工務店さんは野池さんが主宰する自立循環型研究会のコアメンバー、弊社とは東京地区で良き仲間、良きライバルです。

 野池さんのような実務者の講義は、現場主義の工務店にとても響きます。


現場見学会6月1日(西竹の塚/次世代省エネ+自立循環型住宅)
      6月7日(下丸子の家/西川材+外張り断熱)
詳細は
現場見学会 のニュースでお知らせします。



posted 17:35|No.193|家づくりcomments(2)
CASBEEセミナーお疲れ様でした。
設計スタッフたちも刺激を受けて帰って来たようです。
いつもありがとうございます。
by 中里 05/24(13:51) 削除
こちらこそお疲れ様でした。
また、近いうちにお会いしましょう。
by 清水 05/25(21:26) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
2008.05.24 Sat:「木ブロックの歩道」
 思い出しました。

長野県小布施町のあちらこちらで見かける木ブロックの歩道です。

 心無いドライバーが車をその歩道に乗り上げて、壊れている部分がありましたので、じっくり観察したところ。長さ5センチほどにカットした木材を縦に並べ、砂と土で固めて納めてありました。

 お年寄の歩行には少し引っ掛かる感じがあって、どうかなと思いますが、木材の柔らかい歩行感が心地よく、夏場に熱橋にもなりにくい木材をしようするのはなかなか良いことです。


 周囲の緑にも同化しますから・・・。

今度どこかの外構で是非推奨したいですね。

勿論、樹種は檜やヒバでしょう。


現場見学会 が続きます。



posted 08:25|No.194|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)