・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

454442
<< 2010年 11月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
 
2010.11.30 Tue:「TO-IZ代表者会議」
 昨日は東京家づくり工務店の会の代表者定例会議。

いつものように議題はてんこ盛りでしたが、家守りリーフレットと日本モゲージサービスさんとのフラット35提携ローンにつきまして、ある一定の方向性が固まりました。

倒産隔離機能のある信託口座を利用したTO-IZ完成保証も固まり、取り組みがさらに社会性を帯びてきたように思います。

来春までには家づくりから家守り段階の対応力が会としてさらにバージョンアップできる予定です。

いろいろな資料を見ますと、ここ6年程で工務店が5万社以上廃業や倒産を余儀なくされたというデータに行き着きます。

その理由は、@建築基準法など関連法がたくさんできて、法対応できなくなったことA建て売りや心ない建築家(作品だけを求める)の仕事で失敗したケースB市場縮小に対応できなかったことなどが上げられています。

結果として管理者不在住宅がどんどん増加する状況を打破しようと、東京から発信できる新しい工務店ネットワークが弊会です。

住宅系メディアの編集者の方々からの情報ですと、全国的に有名なようです。

現状に甘んじることなく。さらなる向上を目指すだけですが。

12月は毎週末現場見学会へ行って、ド真剣に家づくりを勉強しましょう!
見学会の詳細をクリックです。


posted 0:17|No.980|家づくりcomments(2)
いい仕組みになりましたですね、信託スキーム。
清水さんのご尽力が大きかったと思います。
消費者目線でいつも考えれば、社会に受け入れられて行くと思います。
by 中里 11/30(11:41) 削除
中里さん
本当に良い取り組みだと思います。
今後もしっかり伝えて参りましょう。
by 清水 11/30(12:25) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)