・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

438097
<< 2011年 4月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2011.04.10 Sun:「選挙に行ってきました」
 今日は統一地方選挙の投票に行ってきました。

正直誰がなっても大きく変わりはありませんが、選挙に行くこと自体は国民の義務だと考えています。

 それにしてもタレント不足でしたが・・・。

さて投票所の中学校に非常用災害井戸の施設がありました。

施設の看板には震災時には地下150mからポンプで水をくみ上げ、塩素消毒して給水するということが書かれていました。

 「停電の際は、非常用電源または人力による」とは書かれていませんでしたが、大丈夫なのでしょか?

 その時が来て、停電だからと言われても困りますね。

最近、お客様から太陽光発電の要望が少し増えた様な気がします。

ただ、停電時はこれまた厄介で、専用分電盤の脇にあるコンセントに直結して1.5kwまでしか使えない仕組みになっています。

また、エネファームは停電時は使えないですし・・・。

 電力は「同時同量」と言って貯めておくことが出来ないのが欠点ですね。

今回の震災で電力神話が崩壊した訳ですから、家を建てたり、改修工事をする時は災害時に備えて、リスク分散しておくと良いでしょう?

 裏メニューですが、調理器具などでもIHとガスのハイブリッドなどもあるようです。


posted 09:55|No.1075|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)