・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

438100
<< 2011年 4月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2011.04.07 Thu:「液状化恐るべし!」
 昨日、弊社の尾崎君が休みを返上して浦安の液状化現象の様子を視察に行って参りました。

写真はネットなどでも見られる富岡3丁目付近の交番です。

 建物が全体に下がりながら傾いています。

他にも現場施工中で基礎工事途中でしたが、基礎片側に沈下してしまった状況や鉄筋コンクリート造の低層マンションが傾いていたりと・・・、大変な状況です。

地盤保証をしたり、地震保険を掛けていても自然現象による液状化現象は免責になるという話もありますので、もともと海や沼だったところを埋め立てて造成した土地には問題もあるようです。

 特に3/11の本震は、揺れが長かったため液状化が発生したという見解もあるようです。

報道が少ないですが、建物の被害に遭われた方々へも心からお見舞い申し上げます。
posted 15:02|No.1072|家づくりcomments(2)
口先では「お見舞い申し上げます」「お祈り致します」などと言いながら、同業者はみな資材や設備機器の買い占めに血眼。私も会社存続のためとは言え、材料を買いあさる自分に自己嫌悪を覚え、眠れぬ夜を過ごしております。心ばかりの募金も所詮は偽善者か…。清水さんのような志の高い経営者はこんな恥ずかしい行動を軽蔑されることでしょう。この難局の打開の仕方をぜひ伝授願いたいものです。
by S工務店 04/07(20:54) 削除
S工務店さん
私はそのスタンスで良いと思います。会社を守れなければ、社員やお客様を守ることができないからです。行きすぎた買い占めはどうかとおもいますが、被災地への思いと同じ重みがある行動だと思います。
人として自分を守ることと、被災地へ向けた行動もすべて利他です。
by 清水 04/07(23:40) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)