・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

438099
<< 2011年 4月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2010.11.27 Sat:「木材情報新春座談会」
 昨日は月刊「木材情報」新年号座談会に出席して参りました。

テーマは「工務店が国産材供給に望むこと」です。

参加メンバーは工務店側で私と高砂建設の風間常務。

木材流通側からナイス株式会社 小牧営業所の青木所長。

供給側や学術研究、さらに木材情報誌の企画分析委員に絡む方々では、林業経済研究所所長 荒谷 明日兒氏、筑波大学 大学院生命環境科学研究科 准教授 立花 敏氏、秋田県立大学木材高度加工研究所教授の中村 昇氏、潟\ーラーサーキットの家 取締役 宮代 博之氏、木村木材工業株式会社 代表取締役 木村  司氏、日本木材総合情報センター 専務取締役 小合 信也氏、財団法人日本木材総合情報センター理事長の伊藤威彦氏が参加され、コーディネーターをウッドマイルズ事務局長 滝口 泰弘氏が務めました。

今回の企画は、現在の国産材自給率25%を2020年までに50%にまで引き上げることを目的とし、出口政策を検討するために、工務店の生の声を聞きたいという主旨から実現したものです。

2020年までに50%?多分これも民主党の議員が言ったことなのでしょう。

日本の林業や国産材の強度・供給体制にはまだまだ問題山積です。

工務店の立場から言いたいことを言ってきました。

木材情報新春号の記事になりますので、またご紹介します。


エクスナレッジ社「ビルダーズ」の女性編集長・木藤さんのブログです。
参創ハウテックについて

12月は毎週末現場見学会があります。ド真剣の家づくりをお考えであれば、
詳細をポチッと!


posted 09:41|No.978|住宅技術comments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2010.12.02 Thu:「大阪出張」
 昨日から大阪に来ています。
 理由は、年に一度の自立循環型住宅研究会フォーラムに昨日参加です。

 このフォーラムはもともと野池さんが主宰した純粋な省エネ勉強会です。
 全国から約70人が参加(弊社からは何と5人も参加してます)、昨日の午後スタートし、本日の夕方まで10人の研究発表があります。
 弊社もカサボン住環境設計の田村が6番目に発表です。
 実際に設計や施工した住宅の測定を行い、省エネ性などの成果や取組みを競い、最優秀賞を決める事になっています。

 そこで、今年の特別審査員ゲストには、南雄三さんが来ています。
 今回はその南さんの基調講演から始まりました。
 いきなり、南節炸裂!話もプレゼンも最高に面白いですね。特に世界60カ国の住宅を視察した経験談は貴重ですね。

 私もご挨拶させていただきましたが、覚えて戴いたようで嬉しかったです・・・。

 「参創ハウテックの清水さんでしょう。エヌ・シー・エヌの田鎖社長の就任パーティーの時に名刺交換してますよね。」

 実のところは、私の事よりも、あのパーティーで司会をした弊社の武田の方がインパクトがあったようです。(笑)

 参加者にも知り合いが多く、例えば東京家づくり工務店の会の事務局を務める滝口さん、本庄の小林建設の小林社長、広島のエヌテックの野坂社長、つくり手の会建築工房わたなべの渡邉社長と大阪の福田工務店の福田社長、鴻巣の
木村木材工業の木村社長などなど勉強熱心な方々で、まるで同窓会のようです。

 夜まで4人の発表が終り、その後は懇親会、二次会と夜中まで交流が続きました。


 さて、昨日は最後の長期優良住宅先導事業の発表が国土交通省からあり、弊社提案は残念ながら落選でした。
 本年度は東京家づくり工務店の会(代表提案者:参創ハウテック)で採択されましたので、最初から権利なしとのことだったらしいです。

 「だったら、最初から権利なしと言ってくれ!」という気分ですね。

 ですが、もうひとつ協力した山長商店さんの提案は、見事採択されましたので、目標は達成しましたが…。

 ・・・そうそう、山長さん採択のニュースは速いスピードで伝わり、東京にいた榎本社長さんからお礼の電話がありました。

 私が大阪にいることを何気なく伝えておきましたが、東京で所用を済ませた榎本さんが、何と夜の10時半過ぎになって、自立研の二次会にわざわざ来て下さったのです。
 65歳を過ぎて物凄いパワーです。(恐れいります。私も見習わなければ・・)
 夜中の12時過ぎまで、居合わせた20数人の方々と一緒に懇親させて頂きました。

 それにしても榎本さんは超有名人ですね。
 南さんや野池さんを含め、ほとんどの方が知合いのようで、飲みながら360度に気を遣っていました。
 大阪へ来ただけで、10棟ほどは売上があがったのではないでしょうか。
 パワフルな上に若い方々の話をじっくり聞く姿勢は偉そうにして何もしない社長が多い中、なかなかできない事ですね。

 今日も一日頑張ります!

posted 10:05|No.982|住宅技術comments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2010.12.03 Fri:「大阪出張2日目」
 自立循環型住宅研究会フォーラム2日目。

前日に続き、6人の発表、皆さんこの3年半ほどで相当レベルアップしています。

弊社も負けてはおられませんね。

ただ、都会の敷地で自立循環型住宅やパッシブデザインを本気でやるとなるとこれはこれで結構大変なこともどんどん解ってきました。

都会の敷地や法的条件が厳しいからです。

でも温熱環境、省エネで突き抜けていくためには、さらなるバージョンアップが必要です。

日々精進ですね。

さて、昨日のフォーラムのグランプリは、空設計工房の江藤真理子さんに決まりました。

福岡県で活躍されている女性建築家で、今回の発表は大変良かったと思います。

 写真は準グランプリ獲得の米谷さん・・・。(江藤さんの写真撮影を忘れてしまいました)

16時までフォーラムに参加した後は、NCNさんに協力させて戴いているSOWE designのための部材開発のため、大阪の平野になあるエンジンドアメーカーへ行ってきました。

結局、夜8時過ぎの新幹線に飛び乗り、帰宅したのは深夜0時近くになっていました。

今回の出張のメインでもあるフォーラムに参加し、南雄三さんの話も聞くことが出来ましたし、弊社として省エネに向かう方向を確信しましたので、とても有意義でした。


見学会はコチラから高台にある家


posted 13:47|No.983|住宅技術comments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2011.02.01 Tue:「ekrea parts Web catalog」
 ekreaの部品カタログを刷新しました。

従来までは、寸法や納まりなどを一冊にまとめていましたが、今回は根底から見直し、今風と言いますか、紙ベースはインデックスカタログに、図面等はWebからPDF等でダウンロードできるようにしました。

 商品の変更や新製品の発表について行くためには、Webの更新に限ります。

こちらの事業を今後さらに充実させたいですね。

 インデックスカタログをご希望の方は、コチラをクリック願います

Web版カタログココをクリックです。


posted 19:02|No.1024|住宅技術comments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)