・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

438097
<< 2011年 4月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2011.04.01 Fri:「いもやの伝説」
 昨日の続きになりますが、春らしい陽気に浮かれてついついコートを現場に忘れてきてしまいました。

 お引渡しが無事終わり、お客様にも喜んでいただきましたので一安心した束の間のことでした。

「お引渡しはこれで完了しましたが、家守りの仕事はこれからですので、今後ともよろしくお願いします。」

 ここまでは、恰好良かったのですが・・・。 実に締まりのない結末?でした。

(追伸:私のコートは、会社のトラックで運ばれてきました。)

 帰社途中で、神保町で途中下車して立ち寄ったのが、天ぷらの「いもや」。

他にも天丼のいもや、とんかつのいもやなど、数店舗が白山通り界隈にありますが、学生の時から低価格で美味しいお店として学生に大人気のお店です。

 写真の天ぷら定食がなんと650円ですから、ずっと頑張り続けているすごい店ですね。

平日、神保町周辺で昼食をとる時は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 これから別の代々木のお客様のお引き渡しにお伺いするところです。
posted 09:08|No.1067|家づくりcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2011.04.02 Sat:「サ・ク・ラと被災地への思い」
 会社のそばの教育の森公園の桜は3~5分咲きといったところまできました。

震災の後だけに、今年の桜にはいろいろな思いが募ります。

何事もない例年であれば、桜の季節は人生の節目、転換期、希望に燃える時期、新たなものを発見する時・・・。様々な生き方が最も交錯し、人それぞれが明日はもっとよくなろうと一念奮起するときでもあります。

 しかし、今年は自粛、自粛!

 私の会社の周りには、小石川播磨坂や小石川植物園、少し足を延ばせば後楽園など桜の名所があり、会社を創業した13年前から社員との花見を楽しみにしていましたが、ここまで一度も実現したことがありません。

 自分でもそこそこの会社になってきたという思いはあるのですが、「いやまだまだ!」と自分に言い聞かせながら、向上してきたつもりです。

 今年こそはと楽しみにしていましたが、自然災害には勝てなかったようです。

被災した多くの方々の現実をみていると、自分にももっともっと苦しい思いを課さなければ人として最低だと思ってしまいます。

 特にこの度のような未曾有の大災害があった時こそ、強い気持ちですべてに対峙しなければなりませんね。

 昨日は弊社の家守り部隊が、ある建築家から依頼されて、新浦安~舞浜方面の家の補修のため、現場調査に行ってきました。

 ある地区の住宅街地の家の殆どが、液状化で傾いているそうです。

 そこのお宅は道路から敷地奥の方向へ、建物が24センチくらい傾いていたそうです。

そのお宅は建てた工務店も倒産してしまい、代わりに弊社がお伺いした次第です。

 報道はどうしても被害が大きかった東北方面がフォーカスされますが、東京近郊でも大変なことが起っているようです。

 人が埋めたてて造成した宅地、そこに家を建てる住宅会社、平穏を信じそこに居住する住まい手。

 一体誰に責任があるのでしょうか?

今年の桜は、それぞれの状況下で、そして思いで眺められるのでしょう。 

 

posted 09:04|No.1068|日々のできごとcomments(2)
ご無沙汰しております。
今回の件で、色々考えさせられました。
信頼できる情報、信頼できる人。
色々存在する中で、整理が付いた次第です。

今後は、そこに親交を深め、精進せねばと痛感しました。

まだ余震が続く中、予断を許さないですが気を引き締めて行かねばと気合いを入れ直します。

by テディのフアン 04/02(19:46) 削除
テディのファンさん
言葉だけでは何も守れないことを思い知らされました。
まずは名実共に立派な会社になること。個人として、会社として自分達が強くならないと誰も守ることはできません。
それを信じて行動に移すだけです。
by 清水 04/03(10:00) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)
2011.04.04 Mon:「困らないとわからないこと」
 人には一度得た利便性を簡単にはすてることができない脳の回路をあるそうです。

それを「生活価値の不可逆性」と言うそうです。

 yahooポータルサイトの目立つ所に貼り付けてある東京電力管内の電力使用状況グラフはとてもわかりやすく、また少し気になる試みです。

 本来なら電力の供給に困ったから実施するのではなく、日本全体が地球温暖化ガス削減や省エネに向き合うと決めた時点から、国が主導してこのような試みを実施して良かったかも知れません。

 東電管外の関西電力や中部電力などの他の地域でも、すぐに実施すると良いですね。

最も有効な省エネは「我慢」なのですから・・・。

 大震災で津波対策、耐震性、省エネ性、さらに建築的な工夫で寒さや暑さを凌ぐ技術がもっと波及していかなくてはなりません。

 Q 値×床面積×内外温度差=暖冷房出力(暖冷房負荷)+生活熱+日射取得熱−換気による熱損失

 この式を家づくりに関わっているつくり手(工務店・設計事務所)のすべてが読めて、使いこなせるようになれば、日本の家づくりがもっと良くなると思います。
posted 10:34|No.1069|省エネ技術comments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2011.04.05 Tue:「陽気で桜は元気になりました・・・」
 ekreaショールーム周辺の桜は、大分咲いてきました。

相変わらず春爛漫の浮かれた気持ちと、大震災の影響への不安が交錯しながら仕事に向き合っている毎日です。

 震災直後は人命救助へ衆目が向いていましたが、これからは復旧や復興にどんどんシフトしなければなりません。

 東京は被災地とは言えませんが、今後数ヶ月間は経済活動に大打撃をうけそうです。

と言うのも被災した住宅設備や建材・資材関係の全貌が徐々に見え始めたからです。

 当初予想されていた針葉樹合板だけではなく、様々な資材に影響が出始めているようです。

 不当な便乗値上げにも対峙しなければなりません。

いかにメーカーに近いところで情報を集め、先手を打っていくか?

 今しっかり現実を見極め、数カ月先を読みながらの決断と行動が求められます。




posted 12:06|No.1070|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2011.04.06 Wed:「まだまだ非常時?」
 4月は入学式シーズン。

この度の震災で入学式が中止になるところもある中、東京近郊は徐々に平常時に戻ってきているようです。

 会社のそばの窪町小学校も今日が入学式。

 真新しく大きなランドセルを背負った新一年生が初登校です。

学校若しくは教育委員会の方針でしょうか?未だ防災頭巾を被りながら登校が続いています。

余震が収まるまでということなのでしょうね。

 さて、今度の日曜日は統一地方選挙ですね。

すっかり忘れていました。

東京都知事は誰が当選するのでしょうか?

 
posted 09:15|No.1071|日々のできごとcomments(0)
Name Delkey (半角英数8文字)
2011.04.07 Thu:「液状化恐るべし!」
 昨日、弊社の尾崎君が休みを返上して浦安の液状化現象の様子を視察に行って参りました。

写真はネットなどでも見られる富岡3丁目付近の交番です。

 建物が全体に下がりながら傾いています。

他にも現場施工中で基礎工事途中でしたが、基礎片側に沈下してしまった状況や鉄筋コンクリート造の低層マンションが傾いていたりと・・・、大変な状況です。

地盤保証をしたり、地震保険を掛けていても自然現象による液状化現象は免責になるという話もありますので、もともと海や沼だったところを埋め立てて造成した土地には問題もあるようです。

 特に3/11の本震は、揺れが長かったため液状化が発生したという見解もあるようです。

報道が少ないですが、建物の被害に遭われた方々へも心からお見舞い申し上げます。
posted 15:02|No.1072|家づくりcomments(2)
口先では「お見舞い申し上げます」「お祈り致します」などと言いながら、同業者はみな資材や設備機器の買い占めに血眼。私も会社存続のためとは言え、材料を買いあさる自分に自己嫌悪を覚え、眠れぬ夜を過ごしております。心ばかりの募金も所詮は偽善者か…。清水さんのような志の高い経営者はこんな恥ずかしい行動を軽蔑されることでしょう。この難局の打開の仕方をぜひ伝授願いたいものです。
by S工務店 04/07(20:54) 削除
S工務店さん
私はそのスタンスで良いと思います。会社を守れなければ、社員やお客様を守ることができないからです。行きすぎた買い占めはどうかとおもいますが、被災地への思いと同じ重みがある行動だと思います。
人として自分を守ることと、被災地へ向けた行動もすべて利他です。
by 清水 04/07(23:40) 削除
Name Delkey (半角英数8文字)