・・・参創ハウテック・社長の清水のひとりごと・・・
sansoh
参創ハウテックの代表の清水です。
新築とリノベを併せ、20年にわたり500以上の家づくりに関わってきました。その経験で得た結論は「家は住み始めて価値が生まれるもの」ということです。

436672
<< 2011年 4月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
2011.02.09 Wed:「サライに掲載されました」
 1月に取材がありました小学館のサライ3月号に弊社で設計施工した渋谷区の事例が掲載されました。

 メインタイトルは「省エネ性能と快適空間を備えた住まいづくり」 、サブタイトルは「住宅エコポイントを利用し、人と環境に配慮した快適なエコ住宅に住まう。」です。

 取材にも立ち会いましたが、建て主様にもいろいろご協力して戴き、心から感謝しています。

さてサライは25万部ほどの発行部数を誇り、読者の方も比較的年齢が高いようです。

3月号の特集は東京散歩という記事が掲載されていて、特に人気のようです。

 文字も大きくて、50歳を過ぎた私には読みやすく、読み応えのある雑誌ですね。

編集者の方々にもお礼を申し上げます。

因みにサライとはペルシャ語で宿という意味です。3月号は明日10日発売ですので、皆様是非買って下さいね。
posted 14:04|No.1029|日々のできごとcomments(2)
2011.02.12 Sat:「ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト」
 明後日14日は大阪に出張。

目的はNCN(SE構法供給メーカー)さん主管で年に一度の重量木骨プレミアムパートナーの総会へ出席するためです。

 この総会は年に一度、全国のプレミアムパートナー会員が参加し、一年の業績の成果や本部から今後の戦略等について発表がある重要な会議と懇親会です。

 昨年は東京の帝国ホテルで、今年は何と大阪のリッツカールトンで開催されます。

 出張の準備もあり、会社で仕事と机上の整理をしていると、大切な資料が書類の中に埋没しているのを発見しました。

 それは、今回の総会でも発表と表彰が予定されている「ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト」の受賞結果が掲載されている「木の家 MY STYLE」という小冊子です。

 社内で回覧する予定が10日以上も私の机上で埋没していたのです。(汗)

 さて、その結果の方は・・・・。

 参創ハウテックは準グランプリ受賞です!
 「受賞作はALWAYS/1丁目のecoな暮らし」

 審査員の中でも大橋マキさんの評価が高かったようです。

 グランプリは、私の親しい友人でもある新潟の渡邉松男さんが率いるホロニックカンパニーの「西のミッセルスウェイトの家」でした。

 この作品は介護が必要な双子のお子様を持つ建て主さんと同社の家づくりの物語です。

 また、審査員特別賞は、埼玉の三牧さんが率いるオーガニックスタジオさんが野池政宏賞を、静岡の建築工房わたなべさんが部門賞を獲得されました。

 つくり手の会から4社が入選を果たしました。

さて2月に入り仕事も動き始めてきました、良い傾向ですね。


  

posted 13:10|No.1030|家づくりcomments(0)
2011.02.13 Sun:「旧幸田露伴邸」
 春日通りから少し入った伝通院(江戸縁のお寺)から、千川通りへの少し下った抜け道が善光寺坂。

その坂の途中にあるのが旧幸田露伴邸です。

幸田露伴と言えば『五重塔』が有名ですが、この小説では、貧しく世間に評価されない 職人の十兵衛が、上人を介して五重塔の棟梁として世間を見返す過程が描かれている。

資本主義がたち上がりつつあった明治二十年代は、不景気の後に貧富の格差が拡大していたらしく、棟梁として立身出世する様子は私たちの仕事と共通点がありますね。

文京区は有名な文人が多く住んでいた地域ですので、時々は文の京(ふみのみやこ)散歩も良いですね。

 さて、明日は大阪へ出張です。


posted 21:10|No.1031|東京発見comments(0)
2011.02.14 Mon:「四代目 銀の鈴」
 乗車する予定の新幹線の発車時刻の一時間も前に東京駅に着いてしまいました。
 ホームで待つには時間があり過ぎますし、ひとまず温かいコーヒーでも飲める場所を探そうと、普段は殆ど来る事がない駅地下へ下りてみました。

 ありました「銀の鈴」! 「えっ?四代目ってどういう事。」

 皆さんも地方から上京して来た人々の永遠の待合せ場所だという事はご存知ですね。
 私も過去数度ここを目印に待合せをしたことがありますが、以前とは何か様子が違います。

 それもそのはず。銀の鈴は四代目なのです。

 昭和43年6月 初代。
 39年の東海道新幹線開通をきっかけに駅員さんの発案で東京駅構内の待合せ場所として一階に誕生しました。

 初代は手製の張子で竹で型を作り、銀紙で装飾したものだったようです。

 そして翌年昭和44年11月に鋳銅製二代目に代わり、昭和53年3月まで鈴の音を出していました。

 昭和60年2月に東京駅名店会の寄贈により、三代目が設置されましたが、長野新幹線の工事に伴い、平成6年に現在の場所に移されたそうです。

 そして現在は四代目。平成19年10月に駅地下のリニューアル「東京ステーションシティ」誕生を機に、鉄道会館から寄贈されたものです。
 製作は東京芸術大学の学長、金工家の宮田亮平氏によるものです。

 ちょっと雑学でしたね。

 私も上京したての頃は、誰でも知っている渋谷ハチ公前とか、上野の西郷さんとか、池袋の地下道のマルチスクリーン前などが、主な待合せ場所でした。

 それでも人が多過ぎて、なかなか会えないこともありました。

 今のように携帯電話や携帯メールが無い時代でしたので・・・。

posted 09:53|No.1032|日々のできごとcomments(0)
2011.02.15 Tue:「重量木骨プレミアムパートナー総会」
 阪神淡路大震災の発生から1月17日で16年間が経過しました。多くの方々が被災し都市型地震としては未曾有の自然災害を、風化させないためにと、神戸大学ニュースネットで活動を進める学生さんが冒頭で挨拶。
 改めて工務店の家づくりを考えさせられました。

 続けてNCN社長でムジネット(無印良品の家)の実質的な責任者を管掌する田鎖さんから今年の戦略と戦術発表。

 いつも思いますが、マーケティングの面でも優れたプレゼンです。
 同氏が話したことを、弊社の事業戦略に組み込まなくてはなりません。

 続いてSOWE Designのワークショップ アワードの発表です。
 弊社設計の田村の所属チームが東日本のグランプリに輝きました。
 併せて発表!皆さん緊張している様子です。
 他社さんの設計スタッフと組んだワークショップ、普段は同じ工法で競合もしますが、皆さんで重量木骨を盛り上げるのは大変良い事ですね。

 最後にSOWE Designの生みの親でもある野池政宏さんから総評と本プロジェクトの概略説明がありました。

 そしていよいよ「ちょっとプレミアムな私の家と暮らし」コンテストの表彰です……。
 先日も書きましたが、弊社は準グランプリの賞状と目録を頂戴しました。
 早速、目録は取材に協力してくれた建主様へ贈呈します。

 グランプリは新潟のホロニック・カンパニーの渡邉さん。
 ダントツの得票数だったとのことで、建築的にも絶賛されていました。
 お見事、さすがです!

 受賞後の同社の取組み発表も大変有意義に且つ楽しく聞かせていただきました。

 時間も押せ押せになり、ラストは本部から本年度のプロモーション発表があり、閉会。

 毎年全国から多くの工務店が集まり、総会を成功させるのも大変な事ですね。
 NCNのスタッフのみなさん、大変お疲れさまでした。

 そしていよいよ懇親会、二次会、三次会へ……(恐怖?)
 私は関西方面の登録店さんから人気(笑)のようで、最後の方まで拉致状態に。

 ホテルへ戻ったのは(宿泊はリッツではありませんが)、深夜1時を回っていましたが、それでも登録店の皆さんと楽しい時間を共有し、明日への活力をいただきました。

 そして一夜明け、ニュースを観てビックリ!
 東京は大雪、グラミー賞に日本人アーティスト4人が受賞。

 昨夜の弊社の受賞とは意味が違い過ぎですね。

posted 09:30|No.1033|日々のできごとcomments(2)
2011.02.16 Wed:「ハジメ君」
 一昨日の総会後の二次会に来て戴いたお笑コンビ・フォーリンラブのハジメ君とのツーショットです。

 何でも大阪の実家を重量木骨(SE構法)で建てたとのことで、実際に建てた重量木骨の会員工務店さんのはからいで、参加されたようです。

 皆さんフォーリンラブをご存知ですか?

バービーさんという女性と二人のユニットで、恋に落ちる「Fall in Love」のネタでテレビにも良く出演していました。(くれぐれもラブ注入の方ではありません。)

 少しだけお話させていただきましたが、とても礼儀正しい好青年でした。

最近は美咲ナンバ―ワンというドラマにもレギュラーで出演中とのことですが、是非頑張って欲しいものですね。
 
因みに実際の施主のお父様もいらっしゃっていまして、お話することはできませんでしたが、

「SE構法はいいよ!」とおっしゃっていました。

 さてブログに書けませんでしたが、総会の後はバーで二次会!

 その後は、三次会までお付き合いさせていただきましたが、私はどうやら関西人の社長さん達から受けが良いようです。(笑)

 特にフォレストの川原さんは、私を兄のように慕って下さいます。(困る・・・・・・大笑)

 年に一度、他地域の登録店さんから公私に渡り刺激を戴いた出張になりました。




posted 16:08|No.1034|日々のできごとcomments(0)